RX-93ν-2さんの「ヘリオトロープ -それは死に至る神の愛-」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

設定は悪くないのだが、テキスト、展開お粗末なうえシナリオ構成が破綻している
開始直後に喋るヒトデが出た時には即Giveのピンチでした。
できれば作品の性格的にシリアスタッチで進んで欲しいなと思っていたのでいきなりの反則技にげんなり・・・。

冒頭時点で幼馴染みや転校少女の秘密なんてのもプレイヤー側に簡単に曝してしまっていて、この辺りは上手く伏線絡めて
上手に正体明かしていってくれないと醍醐味も半減。

境遇を恨んで世捨て人的主人公なのかと思いきや、さっきまで殺し合いをしていた少女とあっという間に和解して名前呼び捨て
なんて展開について行けずにドボン。
転校少女の方も全てを拒絶するような態度から一転、名前呼び捨ても快く許容し瞬く間に仲良し3人組結成の上その日のうちに
身の上話までスラスラと打ち明けるミラクル展開にただただ唖然とするばかり。

どうも最近は掴みを掛け違えられるとそれ以上進めようという気にならない。
ゲーム中進行4日目ぐらいでGive。

我慢して進めれば面白くなるんでしょうか?
でも始め悪くて終わり良しなんて目に遇った試しが無い。

ともかく、これのおかげ?で購入予定だったAlter Egoを回避できたのはきっと良かったんだろうね。


その後、ここのレビューを漁っていたらトゥルールートがあるらしいという事が分かったので、冒頭での海中でオレンジ髪の
女の子が主人公に剣を託すイベントがトゥルーへの伏線なんだろうと考えトゥルーのためだけに我慢して続行してみました。

テキストが稚拙なのに冗長な所があり我慢しきれずかなり未読スキップしてしまったので、私自身世界観が理解不足な所も
あるのでしょうが、世界を正常に保つためのシステムやそのための人柱(巫女)のような存在などYU-NOの世界観を引用して
いるような印象を受けました。ただ、日常描写時の伏線に対する異世界時の回収というような構成とは異なり、いきなり
異世界に放り込まれた挙句一方的に設定を押し付けられているような感じが強く、完成度という面では天と地ほどの差が
あります。

トゥルールートの話に戻しますが、このゲーム、構成が破綻しています。
先ず柚香・三葉ルートをコンプするとアイリスルートが開き、アイリスルートをコンプする事でトゥルールートが開きます。
で、トゥルールートはアイリスルートの後日談という形で始まります。こう聞くと当然トゥルールートのヒロインはアイリス
若しくは今まで登場していない隠しキャラでないとおかしいでしょう?
という訳で私個人としては監視者参=オレンジ髪の少女=グランドマスター=真のヒロインとしてトゥルールートが成立する
ものだとばかり考えていたのですが、突然主人公は柚香愛してるとか言い出し柚香が真ヒロインに君臨します。今まで結構な
数のゲームをプレイしてきましたが、こんな斬新な構成のシナリオは初めてです。

最終的に真ヒロイン=柚香で成立させたいならそれなりに流れを考慮した構成を考えるべきでしょう。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい1227回くらい参照されています。