minorityさんの「PARA-SOL」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

55PARA-SOL
話をまとめられず電車に置き忘れてきてしまった傘のように、終盤で真相を投げてプレイヤーを置いてけぼりにした残念な作品。
序盤は、これは掘り出し物かと思うくらい、今後の展開を期待させるような出来だった。
いや本当序盤だけだが。
プレイを進めるにつれて雨粒が傘の天辺から滴り落ちるが如く、寄せる期待が急降下していった。
世界観や原画は良好、主人公もヒロインも脇役もたってる。
アリョーシャの過去や乃愛の記憶喪失、谷田部夫妻死亡の真相は気になるし、様々な機関が今後どう交差するのか、
パラソルの連中との因縁や戦いはどうなるのか等、期待は高まっていた。
それなのに序盤以降、戦闘が全くなく、終盤に取ってつけたような微妙なバトルやるだけ。
完全に肩すかし。
それぞれの組織や設定も用語集で補完しているこで抽象的で存在がイメージしづらい。
というかいくつか機関はあるけど、交差どころか出番すらほとんどなかった。
そうか。これ燃えゲーじゃなかったのね。
それでもキャラ同士の日常はわりと面白かったので、これはこれでまあいいかと思ってた。
でも、中盤から主人公が3股の屑になるし、ヘタレ化してぐだぐだな展開になってがっくりきた。
家族を理由にヤリチン化するわ、その理論をヒロインたちにまで汚染させちゃうわ、
家族に悩み事はなしだといいつつ自分は隠しごとだらけだわ、急激に駄目主人公になってた。
自分をアリョーシャでもあるとさっさと認めればいいのに、断固として認めなくてのどかを傷つけて家から追い出すとかない。
こういうときにいつもの家族を守る理論はどうしたと突っ込みたくなる。
家族を守るために自分をアリョーシャと認めつつ自我を保つだけで、死亡フラグ回避できるしのどかとも仲直りできるのにね。
今までの家族。家族。何をするにも家族一番という理念はなんだったのか。
家族をあれだけ推していたくせに、容易く理念を放棄した時点でこの主人公に何の好感も持てなくなった。
結局、自己保身が一番大切かよってなった。
いやー序盤の主人公はかなり好きだっただけにどうしてこうなった。

それとエロはルート分けて、1人ずつ選択させてください。
あの無意味な選択肢はなんだったのか。
1ルートで複数人とHして許容される展開は萎える。せっかくの魅力的なヒロイン達が台無しだ。
シナリオも同様どうしてこうなった。
ミーシャ襲撃から始まる終盤が、不自然なほど駆け足で完全に置いてかれた。
ありのまま今起こったことを話すと訳がわからないまま、クリックを進めていたらいつの間にかエンディングになっていた。
何を言ってるかわからないと思うが(ry
結局戦闘は最初と最後の少しだけ。個性的なパラソル達は出落ち。
学校の脇役達も日常しか絡まない。非戦闘キャラが多いので、非日常への導入や主人公が闘く決心をする理由で
日常キャラを犠牲や事件に巻きこむとか面白そうな展開に出来たというのに。
ジュリアンが流星病にかかっていかれても、他キャラに知らされないとか肩すかしだったな。
主人公の、能力は微妙なのに最強という設定も意味なし。
死期が近いという設定も結局自分がアリョーシャと認識するだけで解消するのかというくらいスルーされてた。、
一番盛り上がりそうな過去設定も、真相がぽっと出のキャラの仕業で、主人公の一人語りで判明させるとかどん判。
無駄に長い日常を延々とやってないで、アリョーシャ視点で過去追想やる方が何倍も有意義だろうに。
せっかく序盤から丁寧に描写してきた組織設定やキャラ達を使わないとか勿体ないにもほどがある。
黒幕のサーシャやノーラ、キュプロクスが小物にしか見えない。
あれなら、リョーダやミーシャが黒幕だった方がまだましだったよ。
主人公はアリョーシャのコピーでアリョーシャが実は生きてて、主人公達と相対する展開を期待していた俺が馬鹿ですかどうですか。
エンディングに本編に出てきてないキャラの絵があるんだけど、どういうことなの?

以下なんだったのか?と愚痴羅列。
学校の仲間達とはなんだったのか。
結局、終盤以降空気。
男二人は恋愛がらみで本筋とクロスすると思ったらそんなこともなかった。
レイチェルや男友達2人はあれだけ主人公達と絡ませてそりゃないよ。
ジュリアンとはなんだったのか。
流星病の説明のための犠牲者なんだけど、結局流星病の感染経路がよくわからない。
そこまで悪い奴ではないのに、主人公以外に事実を知らず、その後の生死も描かれないとかひどい。
選挙戦も省略されるし踏んだり蹴ったりだな。
優芽とはなんだったのか。
ただのエロ要員以外の何者でもなかった。
ギュスターブとはなんだったのか。
せっかく登場した貴重なパラソルなのにいつの間にか退場してた。
視点追加で登場するも何故か主人公と闘いだしてやっぱり速攻退場。出落ちにもほどがある。
マージャとはなんだったのか。
オイシイ設定なんだからもっと過去描写いれてください。当て馬キャラですかそうですか。
美海とはなんだったのか。
わりと空気。色々万能キャラだけど、存在が謎。端的に言うと、ヒロインなのに正体がよくわからず見せ場がない。
乃愛とはなんだったのか。
結局ジーンの遺伝子かなんかで3年前に生まれたというはわかったがそれだけ。
竜の鱗だとか天人だとかハダリスだとか全部投げっぱなしで消化不良。
結局どういうことだってばよ。
ミーシャとはなんだったのか。
あれだけ序盤から登場させ、アリョーシャとの因縁の関係や主人公達と関わりをもたせる等、丹念にキャラ設定を構築させたのに
終盤で唐突に操られて、本来の人格すら出ないで見せ場もなく速攻退場とかなんなの、この設定の無駄遣い。
シャムとはなんだったのか。
大規模停電やプログラム・人格設定、性別の変化、オロイヌス等、散々鍵を握る人物であると見せかけておいて突然退場。
リョーダとはなんだったのか。
せっかく登場した貴重なパラソルなのに出落ち。戦闘シーンもほぼ皆無で登場した意味が見出せない残念なキャラ。
アリョーシャとはなんだったのか。
あれだけ引っ張った過去の設定が微妙すぎて泣いた。同一人物オチかよ。もっと面白い設定にできただろうに。
アベーユとはなんだったのか。
結局何がしたかったのか。真意を語られず退場。
サーシャとはなんだったのか。
終盤に唐突に登場して偉そうにしていたけど、気づいたら退場してた。
キャラ背景も皆無で何のために登場したのかよくわからないキャラ。
ノーラとはなんだったのか。
CGや立ち絵すらない。これが黒幕だといっても首をひねる。
声しかない。戦闘もない。よくわからない。故にラストも全く盛り上がらない。
幕間のシルクハットのキャラはなんだったのか。
神じゃなくて東吾らしい。でも、全くもっていらない設定だったね。
というか東吾と早樹は飛行機事故で死んでなんで美海だけ助かったのかも不明。
俺の読解力がないだけですかそうですか。
パラソルという作品とはなんだったのか。
話をまとめられず電車に忘れてきてしまった傘のように、終盤で投げっぱなしになった残念な作品。それがパラソル。
クリア後のエロシーンの水増しや無駄に語られない伏線を増やす手記、意味のないエクストラクロニクルとか作る暇があるなら、物語をきちんとしめろといいたい。

以上

まあROOTだし CARNELIAN原画だしこの出来でもしょうがないか、と納得してしまう自分がそこはかとなく最悪です。
それにしても無期限活動停止だから続編も補完もなさそうだ。がっくり。
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

minorityさんの長文感想へのレスは許可されていません。

コメントデータ

このコメントはだいたい703回くらい参照されています。