amaginoboruさんの「キスよりさきに恋よりはやく」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

時間モノならではの純愛物語やカタルシスを期待すればガッカリすること間違いなし。作品構成もアクロバティックで、共通・個別のお約束に馴染んだエロゲプレイヤーに酷く不親切ですが、「純愛・浮気両立の正当化」という作品主旨は十二分に書き通せており、濃厚多彩なエロシーンの効果も相まって、本妻と愛人を都合よく入れ替えながらも罪悪感薄く堪能できるエロゲに仕上げられています。スタンダードで良質な萌えゲーをご所望の方は要回避。その作品だから楽しめる、オンリーワンの萌えゲーをお求めの方にこそオススメしたい異端作です。ただ予備知識として、真っ当なタイムリープ・平行世界モノを最低1作品頭に入れておくといいかも。タイムラインの整理が容易になり、よりスムーズになるので。
・誰を攻略しているかわからなくなる
・乙姫ルートしかなくて楽しめなかった
・誠実な面を被った浮気主人公が許せない
・タイムリープモノとしての設定が甘い
・有海が攻略できない!「有海たん可愛いよ有海たんハァハァ」ができない!
・まきいづみさんのアドリブ一分間トーク、グダグダすぎ

プレイ後の不満は大体こんなところでしょうか。なお私は乙姫派であり有海のは純然たる
印象です。最後の一文は否定しないけど。一番綺麗にまとまってたのはソルだったけど、
事実上take2だからずるい。とはいえソル以外でも瑠璃歌が一番綺麗にオチてたし、やっぱ
りんごさん優勝で。

いきなり脱線しましたが、おおよそスタンダードな萌えエロゲ的プレイングをすれば、
大体列記したような印象を受けるかと思われます。事実タイムラインのあっちこっちに
勝手に飛び移るわ、主人公の好きなヒロインはクルクル変わるわ、個別ルートがないわ、
なのに話終わって乙姫と結ばれても浮気するわ・・・とりわけエロゲ純愛に誠実さを
求める方には気分の悪いシナリオだったのでは。しかし本作のコンセプトは

「キスよりさきに、恋よりはやく始まる新婚生活・・・かーらーのー正当化された浮気」

であり、1on1なイチャラブ新婚生活も、時間移動の力で不幸なヒロインを助ける
カタルシスも、全ては正妻を持つ身上での都合いい浮気を書くためでしかありません。
右も左もわからない一週目でその辺を把握するのは少々難しくありますが、よくよく
シナリオを追ってみると、浮気にとても都合のいい展開ばかりであることが理解できます。

最初のルート「蝶のみる夢」で乙姫を淑やかで奥ゆかしい大和撫子としてのみ書いて
釘付けにし、「箱の中の猫」では彼女の別な一面を見せると同時にヤキモチラッシュで
妬かれる心地よさと面倒さを体験する。
と思ったら世界線があちこちに移動し他ヒロイン達ともいい関係になり、有海の説明で
「平行世界だから、嫁さん助けるためだからしょうがないね!」と理論武装(笑)して
浮気しまくり。更に乙姫が郁から絶対に離れられない理由をつけて、みんなの願い的な
何かで救い出してハッピーエンド。
最後「夢のつづき」でやっぱり「平行世界に興味あるよね、浮気じゃないよね、仕方ない
よね?」と言い訳して個別ルートへ。乙姫・有海の二股エッチ2×2連戦をこなしてから
乙姫ルートのエピローグ。他ヒロインを選べば勿論そちらの世界線でエピローグ。

浮気をしても平行世界のことだから浮気じゃないよ!という理由に加えて、星の記憶
集合体から乙姫を救い出したのを郁とすることで、いかな状況でも彼から離れられない
ようにして二重の予防。更に有海の立場を利用し彼女にも浮気を肯定させ三重の予防。
挙句に天女いつき様からも「浮気じゃないですよね。貴方は優しい(笑)だけ」と
言わせてフルコーティング。

他にも選ばれなかったヒロインがすべからく自然と諦めていたり、でも美万里エピローグは
乙姫の悲壮な吐露を見せることで、あぁこの娘は絶対に郁から離れられないんだな、と
意識付けたりと、兎角浮気に罪悪感を覚えさせない工夫がそこらかしこに張り巡らされて
いるんです。

とまぁここまで露骨な準備をされれば読み手も気付けそうなものなのですが、そこは
わかりづらい世界線移動をもって煙に巻いています。あまりにも慌しくタイムラインが
動くため状況を追うのに必死となり、結果正当化の準備に気付きづらくなっている。
平行世界ネタを浮気肯定の材料として使うと同時に、下準備を気取らせないための煙幕と
しても使っているわけです。(表現しきれなかっただけかもですがw)

だから整理のついた2週目だと惑わされることなく「あ、これ浮気ゲーじゃん」と
気付かされ、ここでようやく本作の楽しみ方を理解できる仕組みとなっています。
(もちろん私のように1週目で把握された方もいらっしゃるとは思いますが。)
しかし純愛・タイムリープものとして凡作駄作の印を押し、内容の再確認をせずに
終わってしまう方がほとんどだったのでは。ゆえに本質を見出されることなく埋もれて
しまったのかなと。

脱線しますが、更に言えばセールス戦略もまた微妙だったようで、古の和を彷彿とさせる
グラフィックと「キスよりさきに~」のキャッチコピーが、殊更本質を隠してしまった
模様。タイムリープという言葉はそれ自体がネタバレで、OHPの紹介にも一切振れられて
いません。「幼な妻新婚モノですよー → 実は時間モノでした!」とハメられた上で、
更に「 → 本当は明るく楽しい浮気モノでした!」とまで理解しろ、という方が無茶無理
難題というもの。読みきれないのも致し方ないところかなと。


プレイ済みの方の大半が語られている通り、純愛ゲーとしてはあまりにも浮気すぎですし、
タイムリープモノとしても説明が足らず、不整合な部分も多々見られてお世辞にもいい出来
とはいえない、やもすれば駄作の部類に入る作品です。

しかしながら浮気ゲーとして改めて俯瞰してみると、随所に浮気を正当化させる準備や
ギミックが用意されており、流れも違和感なく実にスムーズ。乙姫にせよ他ヒロインの
ルートにせよ、物語が本質を崩すことも一切ありません。
作品ポリシーに沿っている、プロットがしっかり練られ、ラインに沿って丁寧に作られた
エロゲであることが理解できます。そこにオリジナリティを加味すれば、名作といっても
差し支えないクオリティかと思われます。


「そうはいっても俺は純愛ゲー(時間モノ)を期待してたんだ!出来の良し悪しなんて関係
ない、期待通りのものを作れ!」とおっしゃる方もいるでしょう、というかそれが普通です。
焼肉食いにきたのに近海ホンマグロ出されても嬉しくない。ごもっともです。

ですが私としては、商用ながらも作品コンセプトを歪めることなくリリースした、その
職人気質な心意気を大きく評価したいところ。影響の少ない同人ゲーならまだしも、商用で
このような尖った作品を送り出したその意気は大事にされるべきものだと思うからです。
事実Skyfishは近年においてもその意気を失ってはいません。「キミに送る、ソラの花」が
その証左たる作品といえます。その系列たる本作は、主旨を違えずにプレイした際に覚える
妙も合わせ、改めて評価されてほしいところです。


加えて同人ゲー風味の良さを兼ね備えつつ、商用作品としてのメリットも存分に生かして
いるのもまた見事です。具体的にはエロシーン。エロくて濃厚なシーンのまぁ多いこと
多いこと。唐辛子ひでゆさんの原画にSkyfishの塗りをマージしたグラフィックは十分な
エロスを醸し出していますし、テキスト面での描写も十分なクオリティです。
(相変わらずの意地悪でSっ気全開な主人公は功罪アリかな?とは思いますけどw)

シーンの挿し込み方もまた手馴れたものです。序盤は乙姫との新婚イチャラブなシーンを
用意し、中盤は他ヒロインとの浮気を楽しむエッチを。そして最終盤では真っ当な浮気の
準備が整いきり、いざ世界線を飛び越え好き好きの女の子とイチャラブ。序・中・終盤と
満遍なく自然に、十分な量が用意されています。ここはエロゲとして本当によくできています。
(終盤にエロを詰めてハイおわり、な作品には見習っていただきたいところ。ケロ枕とか。)
エロ以外のグラ・音楽・演出も秀麗で、この辺も流石のSkyfish。マンパワーと資金のない
同人作品では妥協されがちな部分にも十分手が行き届いています。


とまぁ褒めちぎっているばかりのもアレなので欠点をば。といっても冒頭に列記した欠点の
大半はあくまで純愛・時間モノとしてであり、錯覚した読み手の落ち度。本作の落ち度では
ありません。
特にタイムラインは視点変更に惑わされるだけでその実単純なものです。YU-NOのADMS
よろしく各世界線を横棒で表記し、世界線を飛び越えるタイミングで橋を書いてください。
で、最後にそれを色変えてなぞれば一目瞭然。全然難しいことなんてありません。物理的に
書かずとも、脳内で意識するだけで随分と鮮明になるはずです。

それはさておき、具体的には乙姫以外のヒロインシナリオです。まず誤解しないで
いただきたいのが、本作は一本道なだけで個別ルートは存在します。飛び飛びなだけ。
プレイ時系列でいうと、

乙姫BAD → 共通 → 美万里個別1 → 乙姫個別1 → 有海個別1 → 美万里個別2 or 瑠璃歌個別1
→ 乙姫個別2A or 2B → 瑠璃歌BAD or 有海個別2 → 乙姫個別3 → 美万里ハッピー or 瑠璃歌ハッピー
→ 有海エンド → 乙姫ハッピー → (乙姫・有海二股) → エピローグ

といった感じ。個別の見せ方が少々特殊で、タイトル画面に戻らないだけです。
(この辺を図的に明示したYU-NOはやはり凄いなぁとか、プレイしてて思いました。)

じゃあ何がダメなのかというと至極単純で、瑠璃歌のクオリティが著しく低いというか
レガシーすぎる。ギャルゲー最初期に出されたPC-FXのゲームかってぐらいベッタベタで
底が浅い。SDキャラでギャグにこそなっていましたが、ライバルに主婦対決で負ける→自信を
なくす→主人公慰めて復活の流れはまぁいいとしても、その表現があまりにもチープすぎ。
陳腐化された展開が08年のエロゲで見られるのは物珍しくはあります。が、やはり微妙
すぎる。

美万里シナリオもお世辞にも名作といえる内容ではありませんが、それでも当時のエロゲ
水準には届いているクオリティ。世界線の調整に手間取り時間を割けなかったのは理解
できなくもないですが、それを差し引いても瑠璃歌は何とかしてあげてほしかったです。

そして裏のメインである有海シナリオですが、正直なところ善しとも悪しとも取れる
展開で判断に困るところ。乙姫の世界線に残っちゃうのはご都合主義の極みとツッコミ
いれるとして、なら恋仲エンド作るまでご都合主義を通せよとも思うし、エピローグ
最後の1枚グラを見ると、これはこれで悪くないなとも。家族という裏テーマがあると
取れなくもないので、読み手の判断次第でしょうか。少なくとも有海目的でプレイした人に
とっては微妙な展開だったかなと。乙姫派の私としては綺麗な軟着陸という認識です。

なお乙姫に関しては序盤で釘付けにされちゃったので文句なしです。
淑やかな新妻との穏やかな前半、欠点が見え隠れするヤキモチな中盤といずれも可愛らしい、
和服が似合う黒髪ロングの大和撫子。全てが終わり浮気すら許容する終盤を差し引いても
素敵なヒロインでした。

加えて評価したい点として、まず家事スキル万能の描写が丁寧だったところ。家事が
上手いんだよーという言葉だけでなく、ちゃんと生活臭のある描写がしっかりなされて
いました。かまどで料理する1枚グラが印象的だったからかも。
二つめに立ち絵の表情豊かさ。「箱の中の猫」以降で見せてくれる眉の下がった悪い
笑みとか、むふふな表情とか、この辺をちゃんと用意してあるのが素晴らしい。顔芸に
ならない程度で子供らしさ、悪さをしっかり表現できていたと思います。
そして三つ目に洋装。これ超大事。髪をアップにして快活そうに見える乙姫がマジ天使。
ギャップ萌えって大事ですよね。開発陣よく判ってらっしゃる。よくやった。

最後に酷く個人的な見解なのですが、乙姫に関しては舞台設定の中心にいるにも
かかわらず、シナリオに動かされることなく個性をちゃんと持っていたように見えます。
さすがにやきもち妬きな性格はあざとさも見えますが、日常シーンの中に乙姫という
女の子をしっかり落とし込み、読み手に印象づけていたように思えました。だから
美万里エピローグの悲壮な吐露にも、浮気容認の儀式として以上に乙姫の弱さが見て取れた。
多分入れ込んだからだとは思うのですが、せっかくなので記しておきます。
(余談ですが、一方で瑠璃歌は設定とシナリオに振り回されて可哀想でしたね。ここを
クリアできていたら点数も大台に乗せたのですが・・・。)


以上、何やらグダグダ書いてしまいましたが、都合よく浮気して更に可愛らしい正妻との
イチャイチャを楽しめるエロゲとしては見事な完成度かと思われます。時間跳躍設定の
浅さなども適度ですし、浮気を楽しんでくださいね!というコンセプトのしっかり伝わる
エロゲでした。

こういう「クセも欠点もあるけど、やりたい事をしっかりと投げ込んでくれる作品」と
いうのはいつプレイしてもいいものですね。またそんな作品にめぐり合えることを願いつつ、
締めとさせていただきます。

amaginoboruさんの「キスよりさきに恋よりはやく」の感想へのレス

 こんばんは。お邪魔します。投票コメントの続きをここに書かせて頂きます。
 なお、あくまで投票コメントの続きですので、レスがなくても私は全然気にしません。あったら楽しく読ませて頂きます。

・プレイ後の不満は大体こんなところでしょうか
 同感です。
 あ、私の場合「エロシーンでの一枚絵使い回し多すぎんよぉ」というSkyFish共通の問題点(いや質とのトレードだと割り切っちゃいるんですけどね)をこの作品でも感じました。あとタイトルも表向きのコンセプトも割と『キスよりも早く』のパk……オマージュっぽいなぁとか。

・これ実は浮気ゲーだから!
 だいたいあってる(ぼうよみ

・乙姫は良かったのに瑠璃歌ひでえよなんとかしてやれよ
 これも同感。困ったことに、瑠璃歌って外見はともかく中身はかなり魅力的なものを持ってたんですよね(私見)。だからよけい惜しさが際だつ結果になったとゆーか。。。

・乙姫はシナリオに振り回されずキャラが立ってる
 その通り! まったく同感ですよ! 

・有海目的でプレイした人にとっては微妙な展開だったかなと
 またまた同感。いや私は乙姫目当てだったんだけど、乙姫ちゃんに比べて有海ちゃんエロ薄いよぉ(吐血


 設定説明については、amaginoboruさんも投票されてる方も低く評価していますが、本作は他のタイムリープ系作品と比べて同等以上によくやっていたと私は思います。
 他の方が「絵が綺麗だと逆に評価下がる」という主旨のことを仰っていますが、それは設定説明にも言えて、情報の整理と提示が上手い作品って、下手くそな説明を延々連ねる作品よりも評価されないことがママある気がするんですよね。
 奇しくもその方が引き合いに出された「ひぐらし」。あれはもう目も当てられないくらいに説明が冗長で下手くそでしたが、だからこそ評価されたという気もするんです。
 で、SkyFishは情報の整理と提示が非常に上手いブランドだと個人的には思ってるんですが、その結果いわゆる「設定SUGEEEEE!」的な外連味が失われてしまったかなと。
 確かにこの作品の説明ってのは文系的でザックリだし、結構逃げてる部分もあります。けど他の著名作品における設定の説明なんて本作以上にボロボロで、ズレた比喩を多用した挙げ句結局論旨が通らなくなってる、みたいなパターンさえ少なくないように見えます(比喩とはあくまで「分かった気にさせる」ものであって、理屈を追う読み方した場合その読み手を本当の理解から遠ざける邪魔者でしかない、と私は思っています)。
 言い換えると、「本作はあまりにも説明が的確・明確だからその説明の限界点も見えてしまう」のであって、「比喩やらなにやらでぼんやりとした、だけどなんかすごそうな説明を重ねて外連味だけは生み出せている作品」よりも私は高く評価している、ということです。


 ちなみに私が何で投票コメントで泣いているかといえば、私にとってこれ「純愛系の王道ゲーにシレッと浮気要素を盛り込む」というSkyFishの試みが市場に受け容れられなかった、悪い意味での記念碑的作品だからです。
 amaginoboruさんが仰る通り、設定を用意して、言い訳して、ここまで妥協したのにプレイヤーの不興を買ったという。。。
 なぜだ! なぜこの方向性のエロゲが勢力圏を獲得できなかった! レッツ背徳!(意味違

 いや真面目に、私よるよる大好きですけれども! 妹キャラやロリキャラは嫌いじゃないですけれども、いわゆる純愛系のエロゲが背徳感を演出するとき、ほぼ「妹」「ロリ」の2パターンしか用意できないのはやはりマンネリだと思うんですよね。結果、もはやエロゲでの「妹との恋愛」に背徳感を覚えるプレイヤーなんて殆どいないでしょうし、「ロリ」はあれやこれややり尽くされた結果、グロテスクの領域にまで到達してるように感じます。
 そもそも、陵辱要素を廃した恋愛作品において、背徳感を生むリソースは驚くほど少ない。
 大別すると「浮気」か「禁断の恋」で、妹やロリは後者の一部です。後者は他に「身分違いの恋」などがありますが、現代においては成立しづらい。「教師と学生の恋」もありますが、これまたやり尽くされた結果、エロゲでは全く背徳感を感じられません。
 背徳感というのはかなり大きな需要があるわけで、だから奥様向けドラマは(さすがに妹やロリと恋愛するわけにもいかないし)不倫作品ばっかりなわけですが、妹・ロリばかりの純愛エロゲも昼メロと対照的な歪み方をしていると思います。
 だからこそ、こういうエロゲが受け容れられて欲しかったわけですよ! じっさいこのエロゲ自体からは殆ど背徳感が感じられません。ここまで妥協してダメだったのか。また俺たちは妹とロリに頼るしかないのか……、という先の見通しに目の前が真っ暗になりました。
 やや脱線気味ですが、(陵辱作品でない)エロゲにおいて、妹・ロリを除いた新たな背徳感のリソースとして何か良い案はないか、amaginoboruさんの妙案を伺いたいところです。
 あ、質問しちゃったけどレスは本当に気が向いたらでいいです。殆ど無茶振りみたいな質問ですしね。
2014年09月14日01時30分16秒
気が向いたはいいけどお題に悩み、気付けば休日がほとんど終わってました。挙句内容は
スッカスカ。こんばんはamagiです。いつもながらの投票およびコメント、ありがとう
ございます。思い入れと偏見で好き勝手に書けた久しぶりの感想だったので、合いの手を
いただけたのは望外の喜びです。

それと本題に入る前に1つお願いが。
「ドコのドナタの感情経路」の何が良かったのか、私、気になります!
一言でいいので教えていただければ之幸いです。



◆タイムリープ系としての良し悪し
 私の所感としては本文の尾で述べた通り「設定の浅さが適度」だと認識しています。

 時間跳躍の要素は新婚生活純愛モノと異なり、設定自体がネタバレにならないよう
 隠されています。加えてメインコンテンツは純愛・浮気の両立。なれば本作における
 タイムリープ要素は、主役を立てるための副次要素である、と解釈しています。
 では副次要素としての評価はというと、dovさんのご意見に全くの同意です。文系レベルでの
 情報整理・提示がしっかりなされていたと思います。

 指摘をするとしたら、有海より提供される胡蝶やシュレディンガーの説明は、メディアを
 問わず他の時間系作品の解釈に頼っている節がありました。0からの説明ではなく、
 他作品である程度知識を身につけていることを前提としており、お初の方に少々優しくない。
 ゆえに一言感想で予備知識の準備を推奨しました。
 
 しかしエロスケ内の諸感想を見る限りでも、さも主題がタイムリープ要素であるかの
 ごとく語られています。読み解けなかった方の感想ですので致し方なくはありますが、
 であればまずは時間ネタを主とした際の評価を提示すべきかなと考えたわけで。

 タイムリープ作品におけるプライマルニーズは「時を越えた悠久の愛」あるいは
 「緻密かつ明瞭な時空考察と、それを用いた物語上でのカタルシス」です。
 果たしてキス恋がそのいずれかを満たしていたか?といわれれば答えはNOでしょう。
 郁と乙姫の恋は時空要素に大きく依ったものではありませんし、後者に至っては既に
 dovさんが仰られております。「設定SUGEEEEE!」的な外連味が皆無なのです。
 
 つまり本作のタイムリープ要素は、メインとしての面白みはないが、脇役として主役を
 立てる役割は十二分に果たせている、ということになります。それを端的に「設定の
 浅さが適度」と述べた次第です。

 にしてもタイムリープ・ループネタの不文律ってのもやたらに強固ですよね。
 エロゲギャルゲの場合は大体YU-NOやC†C、シュタゲあたりのせいなんでしょうけど。



◆背徳感について
 といっても、私の求める背徳感はフィクション・非萌えゲー・陵辱に拠っていますし、
 「無茶振りみたいな質問」と仰られているように、既にdovさんの中でも同様の回答は
 出ている予感がします。あまり参考にはなりませんが、自分への再確認も兼ねて文に
 したためてみます。
 
 まず前提条件として、現代日本に沿った現実路線のみなのか?ファンタジーや昔話は
 OKなのか?
 プレイ一覧からすると、おそらくNGなのでしょう。OKなら身分違いの恋なんて容易に
 成立するのですが。同じ理由でファンタジー性癖もNGと。X Change Alternative2の
 巌ルートとか背徳感が凄まじいのですけれど。
 
 となると現実路線ですが、やはりパターンは限られてしまいますね。キス恋はファンタジー
 ながら浮気がお題なので、こちらの解釈でいいのかな?と勝手に思っていたり。
 
 まず「妹」「ロリ」の2パターンと仰られていますが、妹をより広く捉えると「近親相姦」
 になるのかなと。親子や姉弟でも同様の背徳感は得られますので。義姉なら「Crescendo」
 が有名ですし、実姉ですとマイナーですが「究極魔法少女 絶対☆姉貴」なんて良かった
 です。妹派の私が一発で転がりましたので。グラが微妙で道中も微妙で長いけどw
 ただ結局は性癖次第ってことになっちゃいますね。姉やカーチャンに萌えられなければ
 NGで、寝取りも行為に禁忌を抱けばそれでアウトですし。
 
 一方で浮気方面ですと逆に寝取りとか。純愛で背徳感を味わいつつも、というベクトルには
 可能性を感じます。まだ領分ではないため具体的な作品はわからないのですが。
 浮気そのものに目を向けると、昼ドラレベルの背徳感が味わえる純愛エロゲは、こちらも
 絵柄を限定しなければありそう。ただ萌えゲーで、となるとやはり厳しいかも。
 
 残るは既存ジャンルの可能性ですが、dovさん基準ですとおそらく身分違いの恋や妹で
 さくらむすびを越えるエロゲは早々出ないでしょう。(KanonやS=R再来の可能性よりは
 高いでしょうが、新島作品の傑作が出る確率よりは低そうな。トノイケさん、Gardenの
 お詫びエロゲもまだでしたよね?w)キス恋レベルなら運がよければ可能性もありそう
 ですが。
 となると残るロリに可能性を見出すしかないわけですが、仰るとおり既に魔改造な
 ジャンルですのでやはり望み薄。とはいえ可能性は一番高いかなと。需要も変わらず
 高いですし。
 
 
 結論。フィクション方面への新規開拓 or 今までどおり座して待つ!
 ・・・・・・やはり微妙すぎる結論だw
 でも寝取り方面の開拓は可能性がありそうな。これだけのエロゲが出ているわけで、
 萌えグラで罪悪感を覚えつつ未開通ヒロインを寝取っちゃう作品は探せばありそうな
 気がします。
 
 
 
◆破戒・萌えグラという名のヴェール
 最後にSekさんからいただいた投票感想にフックした部分があったので自分語りをば。
 勝手にグダグダ述べてるだけですので流し読みするかスルーしてやってください。
 
 
 さて、dovさんよりいただいたコメントに
 
 >なぜだ! なぜこの方向性のエロゲが勢力圏を獲得できなかった! レッツ背徳!(意味違
 
 とありますが、これは本作に限っていえば「萌えゲーグラだからさ」と3倍野郎よろしく
 答える他ありませんw
 感想本文の繰り返しになりますが、キス恋購入者の大半はテンプレ萌えゲーを期待して
 いたわけで、そこへ不意打ちを食らえばそりゃ腹も立ちますよね。
 加えて萌えゲーグラだからこそテンプレを想定した節もまたあると思います。
 
 ただ本作のような外見が原因で本当を埋められてしまった萌えゲーを掘り当てた時の
 高揚感や満足感は殊更高く、私が萌えゲーを漁る原因のひとつだったりします。他にも
 まだまだあると思うんですよね。萌えゲーとして破戒し埋もれてしまった作品って。
 
 近年ですとMagical Charming!なんてその典型かと思われます。Lump of Sugarのエロゲ
 ですし不人気でこそありませんが、その萌えゲーとした絵柄とブランドイメージが、
 本質であるゲームとしての魅力を伝えてきれていない作品です。下手なAVGなんかより
 よっぽど面白いですよ、コレ。
 
 グラでなくともお約束を破り埋められてしまった作品も多々あります。
 例えばキサラギGOLD★STAR。ナツユメの期待を裏切り、新島氏からも目を背けられて
 しまった結果信者からも駄作の印を押されていますが、本作ほど奥深くバランスよく、
 かつ萌えゲーとしても上質な作品も滅多にありません。感想ではその素晴らしさを
 文にできず、あいまいな表現で逃げてしまいましたけど。あれでもリテイク3回です。
 
 フラシャの「かいわれっ!」もまた、不文律を守らず消えていった作品ですね。
 私はリメイクの「マイくろ」からプレイしましたが、TSモノ・エロゲとして基本である
 エロ要素をないがしろにした結果ポイチョされた作品で、内容の独自性はTSとしてはおろか
 シナリオゲーとしても随一。人物描写も独特で、彼らに覚える気持ち悪さ・不快感は
 田中ロミオ氏の加奈・家族計画・C†Cに通ずるものがあります。説教臭さと至らなさから
 点数こそ低いですが、プレイしてよかったと思える作品のひとつです。

 破戒したゆえ、萌えグラゆえ埋もれてしまった作品は多数あれど、こと萌えゲーは
 輩出量の多さからしてもその傾向が強いように思えるのです。浮気NG非処女NGなど何かに
 つけて厳しい世界ですからね。そうしてできた萌えの山から別用途にリサイクルできる
 作品を掘り当てる面白さ。それが萌えゲーキャラゲーをプレイする原動力になっています。
 
 つっても純粋におにゃのことイチャイチャするエロゲも大好きですけどねっ!
 最近ですと月石のLove Sweetsがクリーンヒットしたのですが、SMEEのエロゲが傾向
 近いよーと教わりらぶでれ-しょん!をプレイするも「アレ、何か違うぞ?」と違和感が。
 そして今手元にあるのはラブラブル。こちらの可能性もどんどん追っていきたい
 ですね。
2014年09月14日20時39分41秒
 貴重な休日を潰してしまったみたいで申し訳ない。ちなみに私は『PRIMAL×HEARTS』をプレイしてました。晴姫ルートしか終えてないんですが、現時点で83~84点くらい(dov基準)と評価しています。いちゃいちゃ、らぶらぶ、えろえろの破壊力が静流@のーぶる☆わーくすや鮎香@恋ぷれに匹敵していました。
 さて、amagiさんへのお詫びを兼ねて(という建前で)色々と書いてみます。まずは最初の質問から。

1.『ドコのドナタの感情経路』の何が良かったのか
 私が褒めてるエロゲの中ではクロポの同類で、多分あまり一般化はできない類の「良さ」だと思います。まず、ゲームの規模や完成度が「んー、『普通の萌えエロゲ』くらいかな。いや微妙にもう少し劣るような……」という感じ。CG枚数は80枚でしたがそれをヒロイン5人で分け合って、かつエロシーンも1ヒロイン3回ってのは、2014年基準でいうとやや物足りない。しかもこのゲーム、かなり短いです。私はかなり遅いプレイヤーなんですが、それでも共通6時間個別3時間くらいで終わりました。個別はエロ飛ばしたら2時間もありません。
 ただ文章力は妙にしっかりしていて、きちんとプロらしい語彙や表現力、端的なようで意味の立体的なテキストを備えていますので、少なくともその点でガッカリすることはないかと。でも誤字脱字は多い。
 そうした総合力の低さから、他の99点ゲー(dov基準)と同列扱いはできなかったのですが、しかし他の80点台のゲームとは一線を画す、と思わせたのは「強いリアリティを感じたから」とでも言いましょうか。物語が単なる物語を超えて自分の心に染み入ってくるような、そういう感覚をこの作品から味わうことができたからです。その感覚をamagiさんも感じることができるのか(点数は付けてないようですが既にプレイ済みでしたら『できたのか』)は分かりませんが、言語化を試みてみます。
 まず前提として、本作は5人の少女が主人公を追いかけ回すドタバタ恋愛劇「ではありません」。いや一応そういう体裁を取ってはいるんですが、制作者の関心は明らかにそこに向かっていません。
「千年越しの恋心」などとゲームは謳っていますが、実はこれ、ほぼマーケティング用の文句でしかありません。主人公がかぐや姫の息子で、ヒロイン達がかぐや姫に求婚した五人の貴公子だと判明した時点でヒロイン達は前世の記憶を「ドコのドナタの想いですか?(今の私には関係ない!)」って態度を取ります。あくまで「今の私があなたを好き」なんですね。実際、本作は設定に竹取物語要素を色々と採り入れている割に、物語には殆ど関係してきません。せいぜい「あ、今の話は竹取物語のあの部分をモチーフにしたんだな」とおぼろげに見える程度です。
 ではこの作品が目指したのは何なのかって話になりますが、それはまさしくこの作品の表題に書かれている「お伽噺みたいな恋」ということになるのでしょう。ただしここでいう「お伽噺」とは竹取物語のことではなく、プレイヤーが漠然と抱いているような「理想的な青春」のことです。
 さて、実は私、『ドコのドナタの感情経路』の前作である『アオリオ』もプレイしています(点数は付けてません)。『アオリオ』は『ドコのドナタの感情経路』とテーマが同じで、やはり「理想的な青春」を描こうとしていました。どちらかというと『アオリオ』の方がテーマの提示が明確で、作品ページをご覧になればamagiさんもなるほど確かにと思って下さるかもしれません。
 で、ドコドナをチラッと振り返ってみると、こちらも「理想的な青春」を描こうとしているにも関わらず、なんかラノベテイストの軽い話のように作品を紹介しています。この理由はもちろん「その方が売れるから」というマーケティング的な意味もあったのでしょうが、作品自体においても意味があったと私は思います。というのも、『アオリオ』で描かれた青春っていうのは、なんていうか眩しいんですよね。お決まりのウジウジ流されて生きてる主人公が、「青春を楽しんじゃおっ」ていうリア充ヒロイン達に導かれてリア充になっていくってのが『アオリオ』のおおまかなプロットなんですが、例えば毎晩遅くまで部活に精を出したり、部活合宿をしたり、主人公の家で飲酒パーティを開いたりして、「青春なんだからこういうことしないと人間として終わってるよね!」みたいなことを言い放つ主人公やヒロイン達に、私はあんまり共感できませんでした。イヤイヤ私も部活合宿やったことはあります。そんなに良いモノだとはついぞ思えませんでしたが。
 『アオリオ』の場合、むしろヒロイン達にネタにされてる先生の方に共感した覚えがあります。「家でテレビ見たいのに-」といいつつ休日を潰して合宿に付き合ってくれたり、頑張ったご褒美と言ってポケットマネーから7000円(だったかな?)を出してくれたり、いい先生だと思うんですよね。その度にヒロイン達が「顧問なんだから合宿くらい付き合えよ」「6人でたった7000円……うわぁファミレスでご飯も食べられないよ」みたいな反応をしてましたけれども。
 さて前振りが長くなりましたが、『ドコのドナタの感情経路』の場合、どちらかというと主人公やヒロイン達がこの先生の目線に近かったのですよね。つまり「あんまり『リア充』に興味のない人達にとっての理想の青春」、ガンバリズムの熱い青春じゃなくて、ほどほどにリラックスした生ぬる~い青春。そうした適度な脱力感と、ドコドナの童話的要素をはんなりまぶした京菓子的な色彩は、どこか合い通じるような気がします。
 主人公の友人キャラは言います。「俺たちは純情派なのさ」と。女の子に興味がある、だけどお互いが意識せずに寄り添うような自然な恋愛を望んでる、と。まあ現実にそんな恋愛が多くないことはその友人キャラも主人公も分かっちゃいるのですが、でもガツガツはしたくないなーって気持ちには私共感できます。
 じっさい、コイツらイイヤツなんですよ。ヒーロー的な活躍をしたり、「妙案」とかでヒロイン達を救ったりは一切やらないんですが、育ちの良さが滲み出てるといいますか、ほどほどにニブチンでありながら、常に誠実で、軸がブレない。言葉に衒いがないんですよね。その場その場できちんと自分が思っていることを伝えるし、それがあまり愉快なことでないと分かっていても、逃げずに問題と一つ一つ向き合おうとする。ヒロイン達と向かい合おうとする。分かりづらい美点だとは思いますが、ヒロイン達が憧れるのも納得だなーと思える主人公達でした。
 こうした主人公の純情さだとか誠実さを、ヒロイン達がちゃんと見つけて受け止めてくれるということ自体「お伽噺」なのかもしれません。そこにもちゃんと理由が用意されていまして、ヒロイン達は前世の恋心を「ドコのドナタの~」といいつつも、その時の失恋した苦々しい記憶だけはしっかりと覚えているんですね。下心丸出しでかぐや姫に近づいて袖にされた、もうあんな想いはしたくない、今という時間を着実に幸せに味わっていきたいというテーマはとくに翼ルートで明確に現れるんですが、基本的にどのヒロインたちもそういうスタンスです。だから翼も含め、そこまで執拗に主人公に言い寄ったりはしないし、手練手管を使うこともなく「一緒に今を楽しもうね。できたら私とずっと……」と優しく誘いかけてくれる体裁です。やっぱり彼女達も育ちが良い感じがします。ヒロイン達が投げたボールを主人公が一つ一つ返して、またヒロイン達がそれを真摯に返していくようなやりとりに、地に足の着いた、本当に「お伽噺」のような優しさを感じることができました。最後までドラマティックな何かが起きるわけでもなく、「とりあえず、付き合ってみようよ」というありふれた恋愛を描いたのも好印象。
 エロゲに限らずおよそストーリーを持った作品は、どこかで現実的な感覚を麻痺させる必要がありますよね。「タイムリープなんてねーよ」と思ったらもうキス恋はプレイできなくなってしまいますし、朝起きる度におっぱいを見せて来たり振られた苦しさから自慰を見せつけるヒロインを「こんな娘いねーよ」と思ったらエロシーンも途端に冷めてしまいます。当然、麻痺させられる感覚にも限度があるわけで、ちょっとこれはあまりにも目を瞑らなければならない部分が多すぎると思った時、私達はその作品に「低俗」との印象を抱くのでしょう。本作は分類するならいわゆる「イチャラブ」作品なのでしょうが、あまり感覚を麻痺させずに、言い換えるとヒロイン達からあまり(ゼロではありません)キャラクターとして創られた印象を受けずに、彼女達の魅力と、彼女達との関係の優しさを感じ取ることができました。また、彼女達がこちらの気持ちを「分かってくれる」感も格別で、自分が青春時代に取りこぼしたモノを彼女達が再び運んでくれたような、そんな暖かな満足感に浸ることができました。
 私が90点を付けた理由(変動するかもしれません)は、概ねそんなところです。ただ当然かなり主観的な感覚ではあって、amagiさんも同じモノを感じられるハズだとは、とても断言できません。現に↓の方は

http://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/memo.php?game=19379&uid=%E3%81%88%E3%81%B3

>まぁ、『StarTRain』とかを送り出したところだけあって、青春模様を描こうって部
>分は一貫してるものの、ad:libになってからの、もっと軽妙で苦味の薄い青春模様っ
>て描写が、イマイチ、納得出来ないっていうのは、ジェネレーション・ギャップによ
>るものなのでしょうかねぇ。

 と仰っています。
 <s>ハイ、私おそらくこの方より一回り以上年下です。</s>
 逆に、↓こういう感想を付けて下さった方々は、私が感じたモノと近いモノを感じたんじゃないかなあと思います。

 http://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/user_game.php?user=Hatscape&game=19379#soft-title
 http://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/user_game.php?user=kameatama&game=19379#soft-title
 http://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/user_game.php?user=gluttonyking&game=19379#soft-title

 多少はamagiさんの興味を惹くことも付け加えると、↓の感想の方が仰っている通り

 http://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/memo.php?game=19379&uid=bakabakamanko

>普通のアニメキャラっぽい女の子がカマトトぶらずに普通にエロいことをしてしまうのがものすごく股間にきました
 という、萌え絵の破戒狙い的なアレやコレな要素は確かにありますゼ、ダンナ。
 シナリオのデキは、彩夏が分かりやすくキャッチーで誰からも評価されるような出来映えですが、翼や心菜もありふれた時間の幸せ、を描いていて私は大好きです。美春は、エアホッケーの一枚絵が彼女の本性に見えたこともあり、ズルさともとれる彼女の「優しさ」に切り込んだシナリオが見られるかと期待したのですが、そこまでやってしまうと「ありふれた時間の幸せ」というテーマから乖離してしまうという判断なのでしょうね、「敵」を用意することで彼女の「優しさ」を肯定する感じに終わってしまいました。いやリアルではあるんでしょうが、ちょっと残念でした。
 どのシナリオも、日常の幸せを一瞬だけ切り取って差し出したような感じですので、茶菓子を一口で食べてしまった後のような物足りなさは残ります。



2.タイムリープ系としての良し悪し

 正直amagiさんほど考えが及んでいませんでした。とりわけ

>他作品である程度知識を身につけていることを前提としており、お初の方に少々優しくない

 という指摘は「あーっ、言われてみると確かに」と脱帽。
 反面

>タイムリープ作品におけるプライマルニーズは「時を越えた悠久の愛」

 というのは「ん? そうかな?」と思ってしまいました。私自身そういう作品を望んでおらずプレイもしてないので偉そうなことは言えませんが、その方向性に訴求する作品って需要があまりなく、既に天然記念物となったような。



3.背徳感について
 やっぱ無茶振りでした。すみません。あ、ファンタジー作品はオッケーです。私があまりファンタジー作品をやってない理由は、単に私がプレイ時間20時間程度のエロゲを好む結果、大作になりがちなファンタジー作品が排除されるという、ただそれだけの理由でしかありません。――って、X Change Alternative2の巌ルートってなんですかー!? 名前に不穏なモノを感じて検索したら案の定巌くん男の子じゃないですかーやだー。ヒロインの身体を借りて巌とセックスしちゃうんでしょうか。主人公視点から生々しく描かれると私ドン引きする自信があります。ホモは辛いッス……。
 『Crescendo』はやってます。あれも熱く語りたい作品の一つですね。『究極魔法少女 絶対☆姉貴』は何でか知らないけど私チェックしてますコレw amagiさんは微妙と仰いますけど結構好みなんですよ。絵が。設定も。でも長いのかー保留だなー。

>S=R再来の可能性
 最近発売した『晴のちきっと菜の花びより』は、たぶんS=Rの再来ですよね。デキはともかくコンセプトが。
 『PRIMAL×HEARTS』の方を選んだ結果プレイしていないのですが、あの設定で、あの可愛らしい絵で、なぜあそこまで評判が悪いのかは逆に気になりますw

>寝取り方面の開拓は可能性がありそうな。これだけのエロゲが出ているわけで、萌えグラで罪悪感を覚えつつ未開通ヒロインを寝取っちゃう作品は探せばありそうな気がします
 amagiさんの続報を座して待つことにします。



4. 破戒・萌えグラという名のヴェール

 とりあえずアニメ絵のヒロイン達が惜しげもなくエロに没頭してくれるところが股間にクる『アオリオ』『ドコのドナタの感情経路』というエロゲがありましてですねー(ry
 それはさておき、『Magical Charming!』はシステム以前に絵で回避してしまった作品だったりします。amagiさんの指摘に漏れず私もLump of Sugarを「絵は可愛いんだけどシナリオがイマイチそうだなぁ」と思ってる一人ですが、『Magical Charming!』に限っては↓この頭身がちと辛い。

 http://www.lumpofsugar.co.jp/product/magicha/character/images/02/bs.jpg

 絵が苦手なので、確実にエロには期待できません。
 しかし折角のススメなのでやってみようかなぁ。うーん悩む。

>『かいわれっ!』『マイくろ』
 ライター神堂劾かよそりゃ普通に上手いだろうな、と思いつつググったら→ http://togetter.com/li/9034 おーいロミオ原作かよ-!

>アレ、何か違うぞ?
 『Love Sweets』は他のヒロインを終え、櫛撫ルート中盤くらいで止まってます。で、『らぶでれーしょん!』もやってるのである程度語れるんですが、私は両者が全くの別モノだと思います。
 「ヒロインとのイチャラブを主眼にしたゲーム」というもの凄く大きな括りでは同ジャンルになるんでしょうが、『Love Sweets』は主人公の透明度が高いんですよね。あれ、「主人公とヒロインのイチャラブ」という体裁をとっていても、実態はヒロインの一人芸に近いと思います。だからヒロインの相手役には「ぼくが考えた理想の主人公」あるいは直接的に「ぼく」を置いて捉えることができるし、ヒロインについて妄想する余地も平均的なエロゲに比べて非常に大きい。対する『らぶでれーしょん!』は「主人 公」というふざけた名前のまさに主人公がキャラ立ちし過ぎていて、主人公を切り離したヒロインだけのアクションを想像することができません。や、私はむしろ『らぶでれーしょん!』派なんですけどね。
 ただ、SMEE作品はそれ以降、どんどん主人公の透明度が上がっていく傾向にあるので、もしかしたら『ラブラブル』や『フレラバ ~Friend to Lover~』をamagiさんは気に入るかもしれません。
2014年09月15日16時36分16秒
いえいえ、あれこれ考えることができて休日を楽しめましたゆえ。こちらこそ面白くも
ない回答しか出来ず、申し訳ないかぎりです。


2.タイムリープ系としての良し悪し
>>タイムリープ作品におけるプライマルニーズは「時を越えた悠久の愛」
> というのは「ん? そうかな?」と思ってしまいました。私自身そういう作品を望んでおらずプレイもしてないので偉そうなことは言えませんが、その方向性に訴求する作品って需要があまりなく、既に天然記念物となったような。

いわれてレガシーな視点だったこと、気付かされました。イメージとしてYU-NOや
ループ系ではないけどギャルゲー名作「久遠の絆」があったものでして。これだから
オッサンは困りモノですね・・・嗜好が古すぎるw


3.背徳感について
X Change Alternative2の件はキモくてゴメンなさいと同時に、ここにdovさんの仰られる

>ちょっとこれはあまりにも目を瞑らなければならない部分が多すぎると思った時、私達はその作品に「低俗」との印象を抱くのでしょう。

を意識しています。生理的嫌悪か、許容できないフィクションかの差異はありますが。
世間が嫌悪・低俗の念を抱くところに背徳感は生じ、その嗜好を追求することがいわゆる
「変態」だと思っているので。ってひどく当たり前の事いってますねゴメンナサイ。


4. 破戒・萌えグラという名のヴェール
これ本当に自分語りなのでレスをいただいてしまったこと自体申し訳ないというか
恐縮です。挙げたエロゲはオススメというより「萌えグラでこんなの発掘したのぜ!
こういうのを探してるのぜ!」な自己満と目的再確認ですのでスルーいただけると・・・。
特にマジチャはエロが唯一致命的な欠点ですのでブン投げちゃってください。キャラの
心情方面に秀でたエロゲではありませんし。
絶対姉貴ぐらいですね、オススメできそうなのは。実姉ひかりはもちろん、あざとい
ボクっ娘・かほるこも個別は意外な方向で魅せてくれたので。長いけどw


1.『ドコのドナタの感情経路』の何が良かったのか
ありがとうございます!
気にはなっていたもののエロスケ評価の低さに躊躇っていたところ、90点にポンと
放り込まれてずーっと意識していたもので。dovさんの長文も魔女こい以来久しぶりに
読めたのも嬉しかったです。重ねて感謝であります。

さて内容ですが、あーコレ外枠はすっごい好みのタイプです。地に足のついた地味で
穏やかな恋愛作品、ずっと捜し求めているので。この手の作品は穏やかさを意識しすぎて
冗長になったり満足感に欠けるきらいがあるから、そこを私の感覚でクリアしているか
否かが焦点になりそうです。プレイ時間の短さからテンポはクリアしてそうなので、後は
満足感でしょうか。(逆に『アオリオ』は主人公一味にイラっときそうな予感がするw)
にしても

>「千年越しの恋心」などとゲームは謳っていますが、実はこれ、ほぼマーケティング用の文句でしかありません。

またその手の商法なのか!つい先週新婚イチャラブゲーに騙されたばかりなのに・・・!
特色付けないと売れない現状なのでしょうけど、経験値の少ない私にはカムフラージュを
見破るだけの嗅覚がなく、なかなか手を出しづらい。なのでこうしてご助言いただけるのは
ありがたい限りです。
長編積みゲーや『箱庭ロジック』が待っているのですぐとはいきませんが、機を見て
凸ってみたいと思います。改めて、ありがとうございました!
2014年09月16日00時41分24秒
 わたしの休日は『キス恋』に捧げられました。こんばんはSekです。
 確かに、この作品は浮気ゲーとして楽しむのが手筋ですね。だがっ、有海ぃ……。いえ、綺麗な結末なのですけど。本妻つよすぎですっ。

 ひとまず、amagiさんにはひとつお礼参りせなアカン思うとることが。あのー、先日『キミへ贈る、ソラの花』をプレイしたのですが、すみれ先生(cv藍川珪)の声を聞いたとき耳より先に子宮がキュンしちゃったんすけど…………その節は、ありがとうございました。
 『X Change Alternative2』あたり妙に気になってます。件のTSエロゲにおいて、自分が別のものへ変わっていく不安感と喜びがエロと結びついていたところに目覚m……ごくごく若干ながら興味を抱いてしまった。ガチのTS読みになることはないと思いますが、ある程度シナリオの練られた作品をちょっと味わってみたいものです。

 続いて、dovさんの『ドコドナ』の紹介が完全にオレ得でした。実は、同じことdovさんに伺ってみたかったのです。そして、えびさんの感想も読んでにわかに興味が。mixed upの後身だったのかー。彩夏(cv上原あおい)が手堅いシナリオやってるのかー。アニメ塗りに惹かれないので考慮外だったのだけどなー。


 さて、本題。
 『キス恋』を読み解けなかったユーザーのひとりとして発言しておきますと、タイムリープの凝り固まった不文律、萌えゲーグラの外見という二点に加えて、この作品の示すところの"浮気"が、浮気ゲーの要素であった背徳感をまさに消したことで、より馴染みない性癖となっていたという事情もあるように考えます。

 一般にお話のプロットが組まれたとき浮気がその中心に据えられるならば、いつバレるのか、誰にバレるのか、という点に目が向けられることになるでしょう。物語に銃を登場させたならそれは撃たれなければならないし、浮気を登場させたならそれはバレなければいけない。
 そんな浮気だからこそ密かに楽しみたいのであって、悪いコトしている背徳感のない浮気というのはどこか物足りないような。『WHITE ALBUM2』でなされていたように、それをプレイしてから「心が痛い」と言いたいユーザーさんは多いように見えます。浮気については罪悪感・痛みが伴われなければお話をうまく納得できない、そんな固定観念は広くあるでしょう。
 この作品の見せる、背徳感を軽減した"浮気"というのは、わたしの知る浮気とは異なってしまっています。そこから新しい快楽を見い出し得るのは確かなのですが、その"浮気"はおそらく、ひとつのファンタジー性癖とも化している。だからこそフィクションとしては、プレイヤーにより柔軟な想像力を求めるものになっていると感じます。"妹"みたいなファンタジー生物ほど見慣れてもいないですしね。
 昼メロを喜ぶ層におそらくこのプロットが受けないだろうことと同様に、(わたしのような)テンプレ好みのユーザーがこの作品を正しく受け取れなかったのは、「設定を用意して、言い訳して、ここまで妥協した」からこそ、一般的な意味での浮気でなく新境地のファンタジーな性癖になっていたからこそ、より理解し難かったのではないでしょうか?

 好きこのんでプレイしておいて何ですが、SkyFish作品にある性の放縦にはよくびっくりさせられます。あまりに自然体でなされていて、あまりにも無邪気です(その点ではQ-X作品にも似ているような)。そこをうまく受け取れるのかはユーザー次第なのですが、"浮気"や"ハーレム"を正当化する際にとられるSkyFishの手法はさほどユーザーフレンドリーであるようには見えません。(少なくともこの時期の)SkyFishのお家芸であるハーレム全肯定でのキャッキャウフフは、一見するとユーザーの欲望に応じているように見えつつ、かなりの数のユーザーを弾き出すこととなる上級者向け空間になってしまっている。
 また、ギミックが簡明であり目的にとって必要十分なものであるゆえ、そのシチュエーションにはプレイヤーへの接待感が出すぎていて率直には受け取れなかったりもします(面倒くさいユーザーだww)。『はるかぜどりに、とまりぎを。』のサトリ病もまた「設定SUGEEEEE!」言うことの出来ないギミックであり、まさに病弱ものエロゲがためにサトリ病ウイルスがいい仕事してくれたようなギミックに仕上がっている。元より実在するわけでもないタイムリープなどのファンタジー・SF設定を簡明に説明しきってしまうのって、功罪ありかと思います。科学論文じゃないのだから、オッカムの剃刀をあてすぎると物語の余白をも一緒にそぎ落とすことになってしまう。
 そのあたりとも通ずるところとして、SkyFish作品のテキストは簡明に、コンセプトに沿って、疑いようもない状況説明もしてしまう。例えば本作の、乙姫との初夜後のモノローグ。
{
>強く抱きしめたのは、一瞬浮かんだ不安のせい……
>まるで今日のことが、乙姫ちゃんといることが……
>いや、乙姫ちゃん自身が夢なのではないかと思えたから……
}
このあたりのテキストが状況を整理しきってしまうところ、含みの無さは、比喩の持つ(誤解含みの)意味の広がりを楽しみたがるわたしのようなユーザーとしては、もったいないなと感じたりもします。

 そのような饒舌にならない語り口でもって、あるがまま、あっさり性の放縦を描かれてしまうと、心の準備がないところにエロを見せつけられたようで焦ってしまうのです。あれです、家族のお茶の間にTVドラマがお色気シーンをぶっ込んで来たときのそわそわしてしまう感じに近い。乱れたエロは好きだけど、そこにはもっと段取りをつけておいて欲しい。これはわたしがムッツリスケベだからこそでして、ユーザーさんごとの性癖、頭のカタさによって違いの出るところ。
 ただ、SkyFish作品への感想を読んでいくと、自分のエロへの倫理観と照らし合わせて作品について行けないと感じている、そんな風に見受けられるユーザーさんは少なからずいらっしゃいます。SkyFishがひどくハードコアなエロを押しつけてくるわけでもないわりに「何この無節操ハーレム」と辟易されてしまうことがあるのは、萌えグラフィックやキャッチーなSF要素などによる萌えゲーとも抜きゲーともつかない市場でのセグメントの取り方に加えて、テキストが整然としているところにナチュラルに破綻した倫理観が合わさることで不安を覚えるプレイヤーが一定数いるためとも疑っております。
 いっそ、softhouse-sealのように抜くためのものとして完璧におバカなギミックを設定しておくなら「わかり易い」のだけど、SkyFishのする淡々としたギミックの用い方はどこまで本気なのか「わかり難い」ところがある。ハーレム全肯定や罪悪感のない浮気が素直に楽しまれないところには、ユーザーの頑なな性向と、外連味がなく簡明なテキスト、双方での理由があるように考えます。

 それでもSkyFish作品に独自の魅力があるのは確かで、コンセプトのわかり難さとのトレードオフで得られているものもまたあるような気がします。わたし自身も『はるかぜどりに、とまりぎを。(1st)』あたりでは妙な面白みを味わわせてもらったりもしていますが、かなり妙ちきりんな勝負球を投げてくるメーカーです。そのきわどい球筋も、どこまでコントロールされたものなのかはけっこう怪しくて、職人気質に細部が作り込まれているところから、わたしが勝手に読み込んだ部分も多い気はしていますけど。


 好き勝手に話を拡げてしまっておいて何ですが、よくわかっていなかった作品に筋道を示してくださったamagiさんには感謝です。dovさんの合いの手のおかげで色んな作品への期待も高まっております。
 では、失礼を。
2014年09月16日00時56分13秒
桜花きゅん効果がまだ続いてただと・・・!グランドルートでのスミレ先生と
まつりちゃんが台無しすぎるw だが布教できたのならお礼参りされても本望と
いうもの!

TSの妙が味わえる良シナリオ、となるとやっぱXCA2ですねー。特にサユリルートは
エロを取っ払っても面白かったですし、お話だけで高得点を叩き出した数少ないTS
エロゲです。委員長シナリオさえアレじゃなければなぁ・・・。
かいわれ(マイくろ)は決してオススメはできませんが、7000字近くあらすじと感想を
書き殴るぐらいの何かは間違いなくありました、とだけ。


では本題の方に。
まず視差のみを変えたキス恋評を記していただいたことに感謝を。そして序文に付け加える
だけで十分レビューとなる代物を、拙文へのリプライとして書いていただいたこと、真に
恐縮です。ありがとうございました。一般的な目線からの作品評として的確なご指摘かと
思います。

特に「どこまでコントロールされたものなのかはけっこう怪しくて」には正にその通りで、
狙ったのか偶然できたのかわかりづらいのがSkyfishの困ったとこ。瑠璃歌やはるとま2ndの
千鶴シナリオなどに見られる拙さは、浮気並行世界のギミックや小枝子・こるんシナリオの
表裏性などに疑問を抱かせる一因となっています。

他にもご指摘のあった「エロゲとして中途半端なポジション」「整然としすぎたテキスト」
「浅いギミック・設定」「ナチュラルに破綻した倫理観」といった、作品の方向性を惑わす
ブランド指向が読み手に無難な萌えゲー抜きゲーとして扱うことを誘ってしまっている。
結果作品の本当を理解してもらえない。仮に理解しても製作陣の狙いなのか判断しかねる
から評価もしづらい。
世間から見れば本感想で長所と述べた部分は、多数意見では短所でしかない。
正鵠を射たご指摘ですし、実は同意です。


だのにこのような感想を書き殴ったのは、キス恋の真実とその面白さを伝えたかったのと
同時に、私が積極的な解釈を要求する作品をこの上なく好むから、という酷く自分善がりな
理由だったりします。

兎角丁寧で親切な作品が多いのがエロゲというメディアで、起因が読み手か作り手かは
さて知らず、読みやすい一方で10のうち2も語り漏らせば欠落との謗りを受ける、非常に
厳しい業界です。そんな中にちらほらと点在する、全てを語らずとも骨格を成している
作品や、あるいは十分な想像の余地を与えてくれる物語。そういうのがこの上なく好物
なんですよね。

例えばすば日々は難しいといわれますが、その実10のうち9は説明しきれていて、残りの1も
そのほとんどを想像の余地として扱うよう誘導している作品で、非常に完成度は高いです。
対してsense offを例に挙げるとエロゲとしては欠落だらけで、表だけなぞれば説明不足
にしか見えません。しかし軽く深読みし改めて俯瞰すると、精巧な盆栽あるいはハイレベルな
ジェンガかといわんばかりのバランスが見て取れて、そこから更に切り込む角度を変えたり、
他者の意見を参考にすることで、また新しい面白さを見つけることすらある。

どちらがいい悪いではなく、どこまで手を引っ張って貰いたいかという話で、私とSekさんの
意見の温度差はそこなのかなと、そう思った今日この頃であります。

凄まじく脱線しますが、この長所だか欠点だかよく判らん色合いは、2000年前後のライアー
ソフトに通じるところがあります。
例えば行殺新撰組。表向きはキンノーバトルやらクソ難しいクイズやらでイラつくバカゲー
ですが、よくよく関係書物や史実・題材物語と照らし合わせると、新撰組が大好きな人が
作ったんだなぁというのがよくわかる。元LOGINの大澤良貴氏がどこぞの書籍に載せた
「大作家様の書いた新撰組小説よりよっぽど出来がいい」的な発言に当時は爆笑したもの
ですが、実際そう言わしめるだけのクオリティを誇る作品です。
でも進めるのが超面倒だしバカゲーすぎるし相変わらずバグ多いし、何よりライアーだから
そんなとこに大半のプレイヤーは目もくれない。この煙幕が張られすぎて本気見えにくい感。
うん、やっぱり似てます。

そして近年は良さと大衆性のバランスが取れてきているのも一緒・・・かもしれません。
ちょっと自信ないんですが、それでも屋上の百合霊さんからは、サフィズムの舷窓の良さは
そのままに、アクを薄めてとっつきやすくした名作の貫禄を感じましたし、Skyfishに
したってキミソラは見た目どおりの萌えキャラゲーだけど、ちょっと深く読み込むだけで
萌えゲーらしからぬシビアさや冷淡さが見て取れる。そんなライアーの作品は肌に合う合わない
別としても姿勢が嬉しいブランドですし、肌の合うことが多いSkyfishは多大な欠点に
目を瞑ってでも長所を褒めて広めたい。キス恋の感想はそんな理由がやはり一因だったり
しました。


ってまたどーでもいい話してますねスミマセン。残る点についてもリプライをば

◆浮気について
私の所感としては感想に述べたとおり「可愛い正妻を持ちながらつまみ食い的な浮気が
できて、なおかず罪悪感を感じることなく楽しめるエロゲ」であり、リプライのそれは
話が転がった結果、と見ていただければ幸いです。ここについてはdovさんのご意見を
お伺いしたいところ。
ただ普通の浮気とは違うよなーコレ的なのは感じていて、ゆえにファンタジー性癖か
否かをリプライでは悩みました。「ファンタジー性癖だから理解しづらかったのでは?」
というご指摘には首肯です。


◆ギミックについて
タイムリープをネタに浮気を書き、サトリ病をギミックに薄氷の上の幸せを書いた点に
おいて、サトリ病もまたメインではなく、主役を立てる副次要素だったのでは、というのが
私の解釈ですね。

それらを主役に立てた作品であれば稚拙ですが、作品内での役どころとしては十分。
原理を単純明快にしたのはわかりやすさを求めるのと同時に、主役とならないための
抑制でもあると思っています。とはいえ前述の通り狙ってやったのかは結構微妙なところ
ですがw

とまれ主役の場合はオッカムの剃刃による稚拙化は避けてもらいたいところですね。
「緻密かつ明瞭な時空考察」はタイムリープの醍醐味でありますからして。
2014年09月18日22時46分04秒
 今更気がついたのですが、Sek8483さん、「つまらない作品だった」と斬って捨てた秋色恋華でさえ69点付けてたのに、キス恋は64点だったんですね。
 そんな作品に土日を捧げさせてしまう辺りに、改めてよき感想の力というものを実感させられます。
 amagiさんの新たな感想を楽しみにしております。amagiさんの感想は、冷静な筆致で作品の構造を的確に掴み出すところがホント凄い。短い中に、ハッと驚かされるような発見が盛り込まれている。超近視眼的でキャラしか見てなくて、おまけに好悪の激しすぎるぼくにはとてもできない。

 でも筆致を抑えてもいないし構造を掴み出してもいない、↓この感想が、私一番大好きです。

 http://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/memo.php?game=12234&uid=amaginoboru


P.S.
amagiさんに

>ここについてはdovさんのご意見をお伺いしたいところ。

と、ネタ振りを頂戴していたことに気がついたのですが、私の意見がお聞きになりたいという「ここ」とか

>リプライのそれは話が転がった結果

の「それ」とかがイマイチ分からなくて、どう返したら良いモノかと途方にくれております。
申し訳ない。説明頂ければ嬉しいです。
2014年09月18日23時39分36秒
 あとちょっとだけお邪魔します。

 『キス恋』64点は……誤審ですね。いやそも審判でもなんでもない、わたしの偏好ぶりがさらけ出されただけのことですがw 当時は疲れた頭でプレイしていて、短所ばかりに目をやる読み方してたのも点数へ反映されちゃっております。


 ちなみに、タイムリープ要素が脇役として作られているということには同意です。『はるとま』のサトリ病なんて"主役を立てる副次要素"としてすんなり見れているのですが、泣きゲーに慣れていたからこそなのかも。この点についてSkyFish製作陣は意図して抑制していそうです。
 付け加えておくと、SF小説みたいなメディアではSFギミックが主題であるのでそこが読み解こうと試みられやすいですが、エロゲの副次要素となると、主題となるのはあくまで女の子。その結果、「私が知ってるタイムリープと違う!」と片手間でもってなされる、どないせえっちゅう反応がされる側面もまたあるだろうと疑います。

{
>sense off
>すば日々
>どこまで手を引っ張って貰いたいかという話
}
 元長ゲーでひとつだけプレイしたのは『猫撫ディストーション』ですが、「そんな同時に色んな方向へ話ふられても困るー!」といった感じになって、遊べたわりには評点を低くつけてます。物語の意味するところが豊かすぎて、導線がついていない感じ。猫も、木々も、森羅万象が言葉をしゃべり出してこちらの思索を誘うところには、ファンがつくのも納得の広がりでした。ただ、わたしに全体のバランスは見れてないなぁというのが正直なところ。主人公が幼稚というか、プリミティブであろうとしてるところに乗れなかったのも大きい。
 一方で『素晴らしき日々』については、おっそろしくウェルメイドな物語の流れに感心したところがあったりします。ざくろや希実香のことをちょっと宙ぶらりんにしてでも、途中からスタイルを転調させて、わかりやすい感動へ向けてやりくりをつけていった器用さ。田中ロミオ作品なんかもその類ですが、プレイヤーがあぐらをかいていても本質まで運んでいってもらえるカッチリ組まれた作品というのを高く評価するくせが、わたしにはありそうです。
 amagiさん言うところの"温度差"には、そんな風にしてなんとなく同感です。

 「エンターテイメントは型が決まってるから先が読める」「現代文学はなんでもありでおもしろい」と言ったのは『夏めろ』(萌えゲー&抜きゲー)の水上秋でしたけど、わたしは「マジかぁ秋ちゃん、すげーな秋ちゃん」と唸っておりました。
 彼女の場合にはあれくらいの年頃らしい浅はかさを含んでいて、その後の彼女のエゴのふりまわし方を見ていても、現代文学をいったいどんな目線で読んでいたのか想像もつかない。でも自分だけが齢をいくつか進め、以前ほど本も読めなくなり始めると、その青臭さにまぎれた輝きはいっそう増していくよう感じます。

 (通説ではないにせよ)多数意見を拾ったつもりで先のリプライは書いたのですが、読み返してみるとそこにある、したり顔でみずから煙幕を焚いてる感じが、転じて『キス恋』みたいな作品を押し殺すことにつながっているのかなとも、ちょっと悩む。何にせよわたしがタイムリープ要素ありきで見ていたところへ、「ユリイカ!(訳:これは浮気ゲーです)」と叫んでいただいたのは、頭の中のモヤが晴らされるようで痛快でした。


{
>グランドルートでのスミレ先生とまつりちゃんが台無しすぎるw
}
 え゛……? (確認中)
 うわぁ! まつり=瑠伊か! 気づいてなかったww
 いや、ほら、声優非公開だし、声づくり違ってたじゃないですかっ。にしても、聞き取りもできないのに『キミソラ』感想で桃也みなみさん褒めちぎってるわたし、とんだマヌケ野郎ですよw

 では、お後がよろしいようで(訳:SkyFish作品がもっと語られますよーに)。
2014年09月19日23時52分58秒
秋ちゃん小癪可愛いよ秋ちゃん。でもエゴ振り回しつつ「なんでもありがいい」発言は
自分も一緒だなーなんて思ってしまったり。それはともかく秋ちゃん可愛(ry

>dovさん
失礼しました。確かに酷い振りですね・・・申し訳ないです。
「ここ」とはSekさんの1回目のコメントにある

>昼メロを喜ぶ層におそらくこのプロットが受けないだろうことと同様に、(わたしのような)テンプレ好みのユーザーがこの作品を正しく受け取れなかったのは、「設定を用意して、言い訳して、ここまで妥協した」からこそ、一般的な意味での浮気でなく新境地のファンタジーな性癖になっていたからこそ、より理解し難かったのではないでしょうか?

のことです。「設定を用意して、言い訳して、ここまで妥協した」というのが私の発言では
なかったのでお願いした次第です。上記に対し私が背徳感云々とリプライはしましたが、
自身の発言に対する回答ではなく「新しい背徳感」に対しての返答だったため「リプライの
それは話が転がった結果」と余計な事を書いてしまいました。

それと諸感想をお褒めいただき光栄ではありますが、スタンスというかポリシー的な
ものはなくて、基本的に思ったこと書き殴ってるだけですので、内容に統一性はなく
グダグダです。ホントはしにきすのような感想をいつも書けると幸せなんですけどねー。
2014年09月22日08時02分45秒
 お返事遅くなって申し訳ありません。といいますか、これから書くことがamagiさんのフリの回答になっているか、ちょっと怪しいのですけれども。。。

 さて、やや遠いところから話してまいります。
 実の所、私はamagiさんの「これは浮気ゲーだ」というエウレカ! に対して完全に同意しているわけではありません。「だいたいあってる」というイマイチな返しをしたのはチョット失礼だったかもしれませんが、私の偽らざる感想でもあります。
 いや、浮気で合ってる、間違いないんですよ。だけど全肯定したくならなかったのは「チクショー上手いこといいやがって」という嫉妬だけが理由ではなく、「浮気」という言葉から受けるイメージの問題とでもいいましょうか……。
 このゲームがプレイヤーに提供しているものは確かに浮気ですが、そこには背徳感や罪悪感がありません。この点はamagiさんもSekさんも私も認識が一致するところですが、私はそれを「浮気」と呼んでよいものか、若干の抵抗がありました。もちろんamagiさんはその点もちゃんと考慮し「正当化された」「浮気」と留保を付けているので、論理的には100%正しい。
 私はここでamagiさんを正しい正しい100%正しいと連呼しながら「でも完全には同意しない」という奇妙なことを言っているわけですが、正直、この部分を上手く説明できる自信がありません。頑張って書いてみますのでお付き合い頂ければ幸いです。

 また話は飛ぶのですが、amagiさんは本感想でSkyFish作品を「職人気質」と言っており、Sekさんもやはりリプライで「職人気質に細部が作り込まれている」と同ブランド作品を評しています。文脈から、amagiさんは「拘り(『拘り』という言葉は元々悪い意味です)を曲げなかった」という意味で「職人気質」と言っており、Sekさんは「プロットやら設定やら塗りやら音楽やら演出やらへの妥協が見られない」という意味で「職人気質」と言っているように聞こえます。そして私は、双方の意見に賛成します。
 同意しつつ、それらは私がSkyFishに抱く一つの信仰的な感慨に包摂されるとも思うのですが、この感慨を現す言葉が私には思い浮かびません。仮に適切な言葉をみつけたとしても、それはあまりにも妄想じみており、狂信じみており、同意頂けるとは思えませんが……。
 敢えていうなら、「殉教的」とでも言いましょうか。これは私がSkyFish教の為に死ねるという意味ではなく、SkyFishがエロゲのために死ねる会社のように思える、という意味です。
 私の脳内において、SkyFishはガンジー……というと流石に言い過ぎでしょうが、イチローに近い位置づけにあります。野球は人間が生きて行くうえで必要なものではありませんが、イチローがそこに殆ど殉教的な情熱をかけていることは広く共有されたイメージでしょう。エロゲも野球と同じく人間が生きる上で必要なものではありませんが、SkyFishという会社は、イチローよろしく、そこに命を賭けていると私は感じるのです。
 そのような見地にたつと(SkyFish狂信者の見地に立つと、とか無茶なことを言ってるな私……)、amagiさんが仰った「拘りを曲げない」という職人気質もSekさんが仰った「あらゆる点で妥協がみられない」という職人気質も「そりゃイチローだもの」の如く「そりゃSkyFishだもの」と思えてきます。命賭けでエロゲ作ってるんだから、そりゃそうだろうなぁ、と。Sekさんが仰った「SkyFish作品に独自の魅力がある」もむべなるかなで、おそらくSkyFishは、エロゲにしかできない境地への挑戦を社是としているのでしょう。
 ここに私の深い感嘆があります。感嘆には(1)感心してほめること(2)なげき悲しむこと の二つの意味がありますが、両方の意味でです。
 エロゲというのはもちろん、ストーリーやプロットだけがあるのではなく、絵や音楽や演出をも含んだ総合芸術であり(芸術?)、官能を強く刺激するメディアでもあります(性的な意味だけではなく)。SkyFishはそれを正しく実践し(理解だけならdovにもできる)、絵も音楽も演出も、キャラも、それを演じる声優さんのチョイスも演技も、それらを包括した世界観も、全てが官能的なんですよね。総ぺろぺろ状態です。私の理解では、その総ぺろぺろに乙姫や有海が含まれる。つまり「キス恋」が浮気ゲーだとして、有海や瑠璃歌に浮気してるというのなら、唐辛子ひでゆさんの原画やMANYOさんの音楽、更には名もなき塗り師さん背景絵師さんたちの仕事にも浮気していると言わねばなるまい!(@д@)
 SkyFishはそうした全的官能世界を描きつつ、更に「エロゲでなくてはできないこと」を目指している(芸術!)……と私は思います。SkyFish作品はどこかNaturalに倫理がおかしいと言われますが、こうした見地(※狂信者の見地)に立てば、むしろそれは当然に感じられます。まともな倫理の作品がやりたきゃエロゲの外にナンボでもあるのですから。amagiさんがこの作品を「他作品である程度知識を身につけていることを前提として」いると評し、Sekさんがキミソラを「本作ではシナリオ展開をコンパクトにまとめていったために類型的となってる面があり、過去のエロゲにもあった泣き所の連想が容易だった」「泣きゲーの歴史そのものに感動しているような疑いが心のすみへ生まれて」くると評した点も、SkyFishが"Theエロゲ"を意図的に作っているのだと思えば納得がゆきます(※少なくとも信者的には)。きっと制作者はエロゲが好きで好きでたまらないんでしょう。だからエロゲの歴史の上に拠って立つような作品を作るのは自然な流れだと、私には思えます。
 また、SkyFishの作品は後半や終盤、何でもアリのカオス状態になることが多く、「何でもキミの思いのまま」みたいな感じになることが少なくないのですが、それもスタッフの「この作品世界を味わい尽くして欲しい」という思いを表現したものなのかもしれません。キス恋のOPの1:27から10秒ほども、そんな考え方をよく表現していたようにすら思えてきます。

 http://youtu.be/r6yyjY7UjGc?t=1m27s

 こうした幼児的万能感とでもいいましょうか、「俺が支配しているぞ!」「全部俺のものだぞ」という感覚は、特にエロゲと相性が良いようにも思えます。
 話がとりとめなくなってまいりました。これまでの話を整理すると、私はamagiさんが「浮気」と評した部分を、もっと大きなSkyFishがやりたいことの一部、あるいは一側面程度に認識している、ということです。

 ただ結局、こうしたSkyFishの姿勢は、プレイヤーからあまり好意的に受け容れられていないようです。現に私が見るところ、Sekさんは、少なくともamagiさんや私が絶賛するほどには、SkyFishが目指す(と私が思っている)「エロゲでなくてはできないこと」を評価していないようです(その理由はSekさんの分析通り、『接待を求める度合い』なのでしょう)。私が嘆くのはここのところで、売れなければ当然予算の制限は厳しくなります。SkyFishは趣味ではなく仕事としてゲームを作っているのですが、また仕事意識も職人気質の一端としてきちんと持っていると思われ( http://mikuri-ya.seesaa.net/article/403791104.html 御厨氏、予算の見積もりが大変だと記載 )、結果として一作の規模は小さくなっています。
 これだけ細部に凝るSkyFishが、予算や制作期間のくびきから解き放たれたらどんなものを作るのだろうかと時々思うのですが(F&C時代はその状況に近かったようですが)、当分その日はやってこないようで、とても残念です……。

 以上、こんな感じです。答えになっていると良いのですが。
2014年10月01日01時01分08秒

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい996回くらい参照されています。

このコメントは2人の方に投票されています。