sasaburoさんの「ろしあんマージャンハラショー!」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

画はそこそこ。麻雀のシステムに関しては、いきなり役満や高目を食らう事が多くてあまり楽しめない。
老婆に麻雀で負け、女に変えられてしまった主人公が、男に戻るために老婆のいる館を訪れ、
そこにいる女の子達となぜか麻雀対決をしていくというストーリー。

相手はセーラー服の美沙紀、アイドル衣装の慧鈴、ボディコン姿の真琴、ナース服の綾佳、
そしてチャイナ服のラスボス玲花の計5人。
それぞれ3回ずつハコらせると勝利で、ハコらせる毎に2画面分のエロCGが見られる。
相手の持ち点は5000点から始まり、10000点、15000点、とハコらせる毎に増加。
主人公の最初の持ち点は1500点で、対局の中で得た点棒は相手をハコらせた後も引き継がれていき、
対戦相手が変わるとリセットされる。
このゲームのノーテン罰符は1500点であるため、
しょっぱなノーテン罰符を食らうと即ゲームオーバーなので注意が必要。
また点棒が1000点未満でも立直が出来るが、
そのまま流局して相手もテンパイの場合はゲームオーバーになるので、その点も注意。


このゲームの麻雀の特徴として、ロシアンルーレットのごとく、
10局ぐらいに一回の割合で、1~5巡目で高目の早和了りが飛んできます。
これが結構理不尽で、役満もそれなりに食らうので、
その際は素直にコンテュニューする事になります。
上記のいわゆるトリガーシステムが理由で、個人的に麻雀ゲームとしてあまり楽しめませんでした。
画の質は良いので、抜き目的にはそれなりに使えると思いますが、
麻雀目的でプレイする場合は、上記の点に関して注意が必要です。
まあ注意と言っても、役満食らっても笑い飛ばすぐらいの度量でプレイしましょう!
という程度のアドバイスしか出来ませんが。

最後に、私がクリアまでに被弾した役満一覧(計5回)をご参考まで。
人和は当然ですが、それ以外の役満も5巡目以内に食らったと記憶しています。
------
人和×2
九蓮宝燈
大三元
小四喜
------



お気に入りのキャラ:特に無し
お気に入りの曲:
特に無いけど、タイトル画面のBGMがテトリスの曲(コロブチカ)だったのが、
ゲーム名のロシアンにかけてたのか印象に残りました。        
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい44回くらい参照されています。