agnusdeiさんの「MARIONETTE ZERO」の感想

前作のピカレスク系のシナリオは秀逸で今作も期待したのだが、出てきたものは抜けない抜きゲーに毛が生えたものだった。
システム
選択肢の時間制限は意味不明。制作者の自慰行為としか言いようがない。
もし、戦闘シーンのみなら理解できたが、普通の選択で時間制限されても困る。
そこまでゲーム性にこだわりたいのなら、RPGとかにするべき。
 
設定とシナリオ
前作は何もない状態から始め、糸の能力も徐々に明らかになっていく形であった。
今作は、基本的に糸の能力は既知であり、複数の能力の組み合わせは未知だったが、
あまりそのことにはふれていない。
その所為で戦闘シーンも大して面白くなく、戦場シーンも面白くない。
日常シーンは戦時下なのか疑うほど抜けている。
 

抜きゲーなら余り問題にしたくないが、立ち絵のヴァリエーションが少なすぎる。
確かに、表情がテキストウインドウ横に表示されるが、立ち絵の表情がそのまま、且つ微妙な表情で
テキストとの齟齬が気になって仕方がない。イベント絵がまだマシなだけに、非常に残念。
 
Hシーン
和姦が多し、元男とのHとか変なところで凝っている感じを受ける。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい244回くらい参照されています。