michaelさんの「こなゆきふるり ~柚子原町カーリング部~」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

スキスキ光線がなかなか報われない健気でやきもち焼きな冴子が◎。Hシーンの一部で流れる、なんというか中華風なBGMは×
中華風もしくはジャングルの未開の地で祈りをささげてドンドコやってるイメージの曲です。
何を言っているのか訳が分からないと思われるかもしれませんが、
つまりそういうことです。
普通エロシーンのBGMなどそれほど気にはならないものですが、
このメーカーのエロシーンのBGMはヘンテコなのが多いように思いますね。

さてシナリオですが
共通ルート→小雪(冴子)、麻美(伊織)、朋美(咲)の3ルート→各キャラ個別ルート
といった構成になっています。
( )内のキャラはサブキャラ扱いで、各ルートのメインキャラのストーリーに深くかかわります。
たとえば小雪ルートでは、メインの小雪の問題に対して冴子が協力するといった感じですね。
もちろんそれ以外のキャラも出てきます。

というわけでメインキャラは共通ルート以降、ほとんど個別ルートみたいなものですが、
逆にサブキャラは終盤までメインキャラと共通のストーリーとなり、
個別ルートもあっさりしてますのであまり期待しないほうが良いかもしれません。

こういったデメリットはありますが、
その反面、後半になっても相方を筆頭に複数のヒロインが登場し話にキチンとかかわってきますので、
単調にはならないメリットがありますね。
キャラ同士の掛け合いが多く、仲間の連帯感も味わえておもしろかったです。

サブタイトルにカーリングと入っていますが
実際には、朋美ルート以外は、共通ルートまででカーリング関係の話は終了してしまいます。
(小雪ルートはフィギュア、麻美ルートは牧場の話です。)
日常や練習がほとんどで試合の描写などは少ないので、カーリング目当ての方にはお勧めできません。
あくまでキャラ同士の絆を結びつける手段であって目的ではないという感じでしょうか。

システム面はもう少しがんばってほしかったところです。
とにかく共通部分が長いので、次の選択肢までジャンプするなどの機能は必要だと思います。
また絵もウリにしているならウィンドウの透過率の変更など絵を見やすくする工夫がほしいですね。

咲の声優さん、変態っぽい色物キャラの役◎
主題歌もがんばった。
咲の個別ルートは朋美とのレズ話なので、咲狙いの方はご注意ください(主人公とのHなし)。

お気に入り度★★★★★★★☆☆☆

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい1084回くらい参照されています。