新着体験版をやってコメントのネタバレ投票

ネタバレ投票をするにはログインしている必要があります。
左のメニューからログインしてください。

コメント

多分購入
70プリズム◇リコレクション! (Clochette) (2013-02-22)
「二次元キャバ嬢とイチャイチャしつつ近未来的な街を好きになってね」という感じのゲーム。今作のヒロインは出会った初日から猥談に乗る下着も見せる、根掘り葉掘り主人公のプライバシーを引っ張り出しては一々それらを褒め称える、主人公が喜ぶような話題を提供できるよう一生懸命心を砕くなどキャバ嬢が上客に相対する様そのもの。このメーカーの過去作でもそういう感があったが今作は更に強烈になっている。ここまであざといと私なんかはヒロイン達に裏を感じてしまいどうにも居心地の悪さを覚えるのだが(『ウィザーズクライマー』みたいに主人公がヒロイン達に必要とされる理由が示されるなら安心できるのだが、このゲームは理由がないので安心できない)、このキャラ造形が広くプレイヤー達に受け容れられるのか否かは気になるところ。エロゲヒロインってもう少し純朴さが求められているように思うのだけれど。ちなみにこう書いてはいるが、私自身は何だかんだで『お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ』とか『ささみさん@がんばらない』の流れに位置づけられるこのかが可愛いと絶賛されるような気がしてならない。いや、自分を全肯定してくれるエロい女の子というのは確かに魅力的なんですがね。ここまで妹が兄貴全肯定だともはや兄妹ではなくてイメクラの「兄妹プレイ」じゃないかと。しかし、「妹萌え」プレイヤーが望んでいるのは実際そんなもので、兄妹のリアリティ(笑)なんて要らねぇよという意見が大勢という気がする。ただ、体験版のこうした内容を知って購入を検討していた知り合い2人が2人とも購入を見合わせたという事実は付記しておきたい。さて、物語についても触れると、3~4時間ほどのボリュームがある体験版ではストーリーらしきものが一切現れず、ただひたすら舞台である図南市の警察事情・スーパーの特売日・コンビニ事情・郵便事情、果ては歴史に至るまで延々説明されるだけ。正直これはダルかった。制作者は街へ理解と愛着を深めていく過程で何かが起こるという展開を意図したのだろうが、さすがに構成を誤ったように思う。話が面白いから舞台を好きになるのであって、その逆ではないからだ。このように全体的に見て、構成には失敗しヒロインには商売女っぽすぎる印象を受けるのだけれど、逆にそれが個性と見えなくもない。もはやこの作品は物語など必要ない、ただひたすらにヒロインが提供する疑似キャバクラに浸って町を気に入ろうってコンセプトなのだろう。このコンセプトがどこまで受け容れられるかについては非常に関心を抱いている。この手の作品としては主人公のキャラ付けが非常に薄い(少なくとも体験版の最中、主人公はおっぱい星人を表明しヒロイン達を赤面させる『ち○こ』でしかなかった)のは◎。プレイヤーが疑似キャバクラを楽しむゲームとして、主人公の個性が見えてしまうと没入感の邪魔になるだろうから。

投票状況

ネタバレに投票

投票した方はいません

非ネタバレに投票

投票した方はいません

検索