あした出逢った少女の新着順コメント

あした出逢った少女 (MOONSTONE) (2003-05-30)
amazon
ブランド MOONSTONE
発売日 2003-05-30
商品群限定版/PKG版/9504円
18禁等 18禁/非抜きゲー/和姦もの
中央値72
平均値71
データ数342
標準偏差12
最高点100
最低点20
giveupした人11(3%)
積んでる人62(15%)
プレイ時間中央値10時間

コメント(新着順)

75
現在と過去で交互に話が進んでいくので最初は戸惑ったが、慣れてしまえば気になることはなくなった。最後に真相が明らかになるのだが、それは予想とは違う展開となった。そういった先の読めない展開でなおかつ辻褄もあっているので、私にとって満足のいく仕上がりであった。
95
呉氏最高の傑作
総プレイ時間 : 20h / 面白くなってきた時間 : 1h
73
先を読ませない、読ませようとしない展開には感嘆とした。
総プレイ時間 : 13h
80
今じゃ考えられないほどぶっ飛んだ内容。傑作でありながら怪作。シナリオがいいのはもちろんなんだけど、それ以上にこのどこか歪な雰囲気にはたまらないものがある。てかよくこの絵で出したなと。
80
SFトリック伏線回収ゲー。狂気に駆られたエゴと純愛を絡めたミステリー。起伏が少ないのもありますが、伏線回収によって明かされる事実としてはなかなかに面白く、良作であったと思います。(テックジャイアンアフターストーリーの追記含む) → 長文感想(5734)(ネタバレ注意)
80
質の高いテキスト。満足
85
謎だらけだった事件が徐々に紐解かれていく様子が非常に興奮する、一風変わったミステリーもの。真相はやや強引ではあるものの、ラストの伏線回収は見事としか言いようがない。それでいて心地よい読後感に浸れるとても良いゲームでした。あと冬香さんがめっちゃ可愛かった。
79
ギミック一本釣り短編ミステリー。色々と粗削りだが切れ味はなかなか。『Ever17』や『書淫』を楽しめた人には是非お奨めする。 → 長文感想(3746)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 16h / 面白くなってきた時間 : 1h
80
真相解明で明らかになる設定がやや突飛、動機を含めた登場人物の心理描写が不足気味で分かり難いなどと荒削りな面は多いが、それ以上にライターのセンスが光る良作サスペンス。過去と現在が交錯する話の構成はプレイヤーに思考する楽しみを与え、過程で与えられた謎が共通する一つの場面で収束する様は爽快。これは本作の独特な見せ方あってのカタルシスであろう。そして何より、エンディングの空虚な余韻を残した終わり方が心に響いた。
総プレイ時間 : 7h / 面白くなってきた時間 : 1h
82
独特だけどすごく良い雰囲気。個人的にはかなり好き。
総プレイ時間 : 10h / 面白くなってきた時間 : 1h
60
初MOONSTONE → 長文感想(207)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 10h / 面白くなってきた時間 : 1h
80
ミステリもの。終盤に怒涛の展開
70
後味は悪いけど、伏線回収や個別√の終わり方がいい。
80
「こう考えれば筋は通るけど、流石にこんな設定のわけないか…」と誰もが一度は考えては否定するであろう超展開が待っている作品。文章に狂気を感じる。
66
ちょいひねったミステリーがやりたい人に。大胆な種明かしは意欲的。しかしそれを活かすための『現在⇔過去』の交互の描写なんだけど、それがほんとにわかりにくい。うまく構成しなおしたら良作になりそうなのに。 → 長文感想(401)(ネタバレ注意)
70
後味は悪いですが面白かった。
76
作品の雰囲気、文体、登場キャラ等上手く一体化していて、かつシナリオの構成力もあり飽きることなく最後までプレイ出来ました。ラストがちょっと無理矢理感があり強引気味になってしまったのが惜しかったです。でも全体的に纏まりもありバランスも良いので安心してこの作品に浸ることが出来ました。
79
ミステリ度の高い良質エロゲ。うまい具合に騙してくれます。メインヒロインの濃ゆさも魅力的。 → 長文感想(940)
総プレイ時間 : 9h
50
一本道系の読ませるタイプの作品。 → 長文感想(136)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 4h
70
最後の超展開が悔やまれます
60
すっごく荒削りながらも、ドキドキと衝撃を与えてくれた作品。過去→現在→過去→現在…と話がとびとびになるため、少々わかりづらいかもしれませんが、過去と現在で明らかな差異があるので、その差異をベースに話を組み立てれば大まかなストーリーの流れを把握することができます。話の見せ方だけ見ればまさに奇術師が如くなのですが、いかんせんマジックのタネが強引というか、非現実的というか……。MOONSTONE第一作目という若さゆえか → 長文感想(1378)(ネタバレ注意)
82
ラスト、怒涛の流れに目が離せない → 長文感想(72)(ネタバレ注意)
65
周到に張り巡らされた伏線と構成に期待をしながら読み進めたのに、最終的に酷く期待を裏切られた作品。 → 長文感想(1523)(ネタバレ注意)
--
(GiveUp) 伏線がばら撒かれる時面白くないので投げた
71
自分的神ゲー「何処へ行くの、あの日」が気に入ったので購入。シナリオは頭がこんがらがる。最後の展開は怒涛過ぎた。エロは殆ど使えなかった。 → 長文感想(328)
60
主題歌好きです。それ以外は・・・。
83
田舎を舞台にしたダークなサスペンスですね。ライターの持ち味が随所に出ている良作だと思います。シナリオ構成の複雑さによる読み取りづらささえ我慢してついていけば、伏線回収による快感が存分に味わえますし、かなり読み応えのある作品かと。 → 長文感想(1648)(ネタバレ注意)
66
途中まではすごく先が気になって良かったんだけど・・・オチが荒唐無稽 → 長文感想(221)(ネタバレ注意)
90
ドグラ・マグラの影響を色濃く受けた奇作 → 長文感想(1485)(ネタバレ注意)
65
最初の方は過去と現在が頻繁に変わるので把握することが難しい。快適にプレイしたい人には向かない。それさえ慣れればシナリオは問題ない。出来はミステリーとしては中の上くらい?
80
セーブ&ロードが齎したもの。もう一つのハッピーエンド。6:57 → 長文感想(610)(ネタバレ注意)
50
良くわからなかった
91
これはなかなか面白かったです。伏線も個人的には結構回収できていると思いましたし、ただ、欠点をあげるとすれば、メイン以外のヒロインエンドが似たような展開になってしまっていることだろう。自分はたまたま冬香が最後になったのでかなり楽しめたが、最初に冬香に入ってしまった人には残りが楽しめないかもしれない。
95
終盤の伏線回収に衝撃を受けました。このジャンルによくある、ストーリーの矛盾点も特にありませんでしたし、サスペンスノベルとしてかなりの良作だと感じました。
70
有名な小説ドグラマグラに似ている箇所があってちょっと萎えた → 長文感想(239)(ネタバレ注意)
--
2週やってこその作品。
80
絵は萌え狙いなワケですが・・・ → 長文感想(101)(ネタバレ注意)
70
色々と言いたいことはありますが伏線回収テキストとしては普及点だと思います。 → 長文感想(326)(ネタバレ注意)
65
実はサントラ狙いで最近やっとこさ購入したのですが、物語もなかなかのもの。ただ、終盤までだるい部分が多いですね。
50
同じライター作である「何処へ行くの、あの日」がミステリーとして鑑賞するに堪えられた作品であったのに対し、本作は形式上の体裁こそ整っているものの似て非なるものといえる。ミステリーというよりパズルと呼んでしまったほうが誤解を生まないかもしれない。 → 長文感想(2260)(ネタバレ注意)(1)
78
終盤展開と伏線回収がよかった。欝分も補給できます。雰囲気ゲー。
95
とてもいいシナリオだった。ストーリーはほぼ矛盾もなく、最後の伏線の回収の仕方はもはや芸術的でした。ただCGが綺麗なのとそうでない物の差があったのが非常に悔やまれる;;<br>でも「MOONSTONE」の作品の中じゃ一番好き。<br><br>Giftアニメ化の前にこっちを先にしてくれよ orz
76
最初は、pastとかpresentとか、わけがわからなかった。 → 長文感想(90)(ネタバレ注意)
90
[ネタバレ?(Y1:N0)]
51
面白い所もなかったわけじゃないけど、ラストは流石に拍子抜け。
70
パッケージどおりサスペンスノベル。ミステリーではないです。 → 長文感想(131)(ネタバレ注意)
75
絵に違和感があったが全体的に良かった。
75
ゲームとしては弱すぎますが、考えながら(深くな必要は無いです)読むことが出来ます。もう少し全体としての質が良ければな、と。
85
サスペンスモノというか謎解き?伏線もちゃんと回収されていて、最後までやればこういうの好きな人ならかなりおもしろいと思います → 長文感想(234)(ネタバレ注意)
71
最高の虚無感をありがとう。点数は全て、エピローグに捧げます。 → 長文感想(1336)(ネタバレ注意)
85
もう少し踏み込んで書いて欲しかった部分もあるものの、中盤以降の読ませる展開には非常に惹きつけられました → 長文感想(565)(ネタバレ注意)
50
予想できない結末,話についていけなかった.
68
不可思議な視点で始まる、ある一つの昼ドラ調物語 → 長文感想(405)(ネタバレ注意)
80
最初の意味不明さにリタイヤしなくて正解でした。「現在」、「過去」の出来事を整理しながら進んでいくとベターです。 → 長文感想(119)(ネタバレ注意)
60
相変わらずラスト30分の展開は素晴らしいが、シナリオが長い割には衝撃はやや少なかった。シナリオ1本で面白いのは最後だけなので、呉氏のファン以外には薦められない。
60
判りやすいトリックに、解決編にて次々と出てくる伏線なしの新事実、ミステリとしては問題外の出来。とはいえこのジャンルに挑戦したのは好感が持てる
97
明るくて透明感のあるパッケージ・OPに反して、結構ダークなストーリーです。ミステリー好き以外の人は非常に難解なためやらないほうが良いと思います。それでもシナリオは見事だと思ったのでこの点数を付けました。 → 長文感想(205)(ネタバレ注意)
80
考えながら読む作業が必須な作品。 → 長文感想(260)
85
ミステリーノベルの佳作。
60
いくらなんでもキャラクタを蔑ろにし過ぎだと思う.トリックも大事だと思うが,それ以前の問題であった.トリックの部分は最低限できていると思うので,期待するとしたらその点. → 長文感想(546)
70
GIFTがなんだったので、口直しにと思ったのですが、ちょっと? → 長文感想(58)(ネタバレ注意)
85
展開が最後まで読めなかったので感嘆した。CGは一枚絵で崩れているのが稀にあった。女の子にフラグが立っている状態だし、絵も可愛いので感情移入しやすいが、一部のヒロインを見殺しにしないと前に進めないのがちょっと鬱。
95
最後まで読まないと分からないシナリオの深さ、100点取れない減点部分は… → 長文感想(108)(ネタバレ注意)
65
電波っぽい親父が痛々しい
60
サスペンスとしては上々ではないかと。ただ、キャラ描写が甘いというか適当。 → 長文感想(586)(ネタバレ注意)
83
『パケ買いだったから……』内容を全く知らないでやった私はびっくりでせ~(色んな意味で)、まあその方が楽しめますね、ショックはデカイけど……。 → 長文感想(1146)(ネタバレ注意)
82
昨今ではあまり評判の良くない画面一杯にテキストが表示されるタイプのビジュアルノベル形式を取っているが、フォントが手軽に変えられるので別の意味で楽しめる。(個人的には通常はHG正楷書体、意表を突いて富士ポップとかオススメ)。 → 長文感想(1508)(ネタバレ注意)(2)
78
タイトルの意味は中々穿ったものだと思った。萌えはあまりないので、受け付けない人も多いかと思うけど、サスペンス好きな人はかなり好むかも。私はかなり好きです、この世界観。
90
始めたうちはかなり戸惑ったけど、シナリオにはぐいぐいと吸い込まれた。 → 長文感想(85)(ネタバレ注意)
70
サスペンスとしては良いが、個別シナリオが短く本編に深く関わらずただの寄り道になってしまった。また、過去編と現在編との場面が多く混乱しがちだった。
--
ん~、やっぱり最後でしょう。
68
ライターの持ち味が最大限に出たシナリオでした… → 長文感想(66)(ネタバレ注意)
80
なかなか意味深いストーリー
100
シナリオライター呉氏の共通テーマ三部作、水夏、本作品、何処へ行くの、あの日。のうち、最も完成度が高い。ただし、この三部作、ネタバレすると面白さが激減してしまうので要注意。主人公と共に、常に状況を考察することが要求されるが、そこにこそ本作の醍醐味がある。ある意味、究極の「純愛」物で、濫用されるこの言葉について、少し考えてみたい人におすすめ。
80
期待していたよりも良かった。たくさんの布石や伏線が、ラストで概ね破綻することなくまとまった。サスペンス風味の良作。 → 長文感想(340)(ネタバレ注意)
60
置き去りにされた感が否めない。
72
中盤はだれ気味だったが、最後の怒涛の急展開には目を見張った。ちなみにこの作品の醍醐味が発揮されるのはTrueEndのみなので、キャラ毎のエンドにはあまり期待しない方がいい。 → 長文感想(472)(ネタバレ注意)
68
サスペンスの雰囲気はしっかり出せていたと思います。ただ、トゥルーエンド以外の終わりが酷い。トゥルーエンドも、一気に無理矢理まとめているような感じがしました。中盤までは本当に良かったので、惜しい作品です。
99
シナリオもいいしエロゲーとしては珍しいのでたのしめるかと。
--
悪くはないけど、期待した分ラストでガックリきた。
75
悪くなかった。個人的にこういう類の話は好きだが、なんとなくちょっと小ぢんまりしすぎてるというか、多少の残尿感はありました。加えてこの作品に関してはおまけHは不必要な気が。
66
エロゲーでは珍しい本格派ミステリーノベル。だが逆にミステリー好きには展開の読める内容かもしれない。そういった本を読まない人にお勧め。
78
シナリオの読ませ方がやや難しいです。最後は急展開に過ぎると思いましたが楽しめました。
70
全体的に物足りない。最後が少々鬱るがシナリオは普通程度。絵もおかしな部分がある。ただ美里に萌えたので+10
64
サスペンスとしては2流、SFとしては3流。
60
音楽、システム、CVは、中の上。また、各ヒロイン攻略の進め方は、良い意味で個性的。しかし、ミステリー作品として、話しの風呂敷を広げすぎて、最後の半ば強引なまとめ方は、感心するやらあきれるやら。フルコンプ後も、感動せず不快感もなく、平凡な作品。
65
冬香以外のヒロインが・・・倫や美里の扱いは酷過ぎると思いました。
70
ラストでの種明かしはすごい、ほとんどトリックがよめなかった。
45
オチの着眼点は評価出来るが、全てが中途半端で広げ過ぎた風呂敷の大きさにライター自身が自滅してる。矛盾が有り過ぎて、もはや伏線の回収は不可能になってる。
85
なにはともあれシナリオが超難解。そしてやたらと人が死ぬ。死にすぎ! → 長文感想(125)
65
ほぼ、一本道なゲームで、CGもお世辞にも上手いとは言えない。しかし、トゥルーエンドのシナリオは結構良かった。
60
シナリオはそれなりに面白いけど、辻褄合いません。動機などのメインの部分は結構書き込んであるけど、細かいところで呉氏の雑なところがかなり出たような。 → 長文感想(461)(ネタバレ注意)
81
序盤はよかったが、後半がちょっと雑になっているように感じた。
65
最初にやった冬香シナリオはよかった。ただ、他の3キャラの扱いがぞんざい過ぎる。
70
シナリオは結構良かった。でも、それ以外の出来は如何なものか…と言う感じ。まあはシナリオ目的で買ったので満足はしていますが…
85
評価が分かれそうなゲームです。約10時間でコンプ。 → 長文感想(547)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 10h
72
なんだか懐かしいです。 → 長文感想(290)

ログイン






検索

パッケージ画像等

amazon
あした出逢った少女
(Amazon)
↓Getchu.com↓