くすり指の教科書の古い順コメント

くすり指の教科書 (Active) (1996-04-05)
amazon
ブランド Active
発売日 1996-04-05
18禁等 18禁
中央値65
平均値63
データ数69
標準偏差17
最高点100
最低点5
giveupした人1(1%)
積んでる人3(4%)

コメント(古い順)

55
昔のゲームなので今となってはこの程度の評価ですが、おまけシナリオの萌えは本物。
31
いまさら買う人もいないと思うが、当時は面白かった。
70
期待してたよりは楽しめた
69
風上旬さんです。
73
本作品が無ければ萌え系純愛などというジャンルは生まれていなかったのではないかとすら思う。今となってはもちろん、稚拙な作品だ。だがその先進さは評価されるべきだろう。
60
古いゲームの方が却って最近の物より楽しいなんてことがあります。荒削りどころか強引で駆け足のシナリオ(と呼んでいいのかも怪しい)ですが、物語を鑑賞するのではなく、ゲーム内で楽しむ主体がプレイヤーである点が良し。キャラゲーと割り切ってテンポ良く進むので気分転換にいいです。一段落した後のおまけシナリオで丁寧に登場人物を描いているのも、これはこれでいい具合と思えます。グラフィック水準は(当時としても)低いですが、抽象化された・非現実的・非日常を求めるゲームの場合、写実性が効果的なことは少ないと考える自分には許容範囲。次回作の「2」では上記のウリが(時代の要求もあってか)なりを潜め、ずいぶんオトナシイ真面目なだけのシナリオゲームになっていたのはどうにも悲しかった。[Win95版:WinXP/2000で動作可(Win2000では使用コアを片方に限定しないとAthlon64X2でフリーズした]
50
どうしてなのかを考えると困るのだが、絵とか音楽とか雰囲気とかすごく好き。
55
萌に萌えたという冗談はおいといて、おまけシナリオがよかった気がする。本編は一瞬で終わるが
70
王道。こういうの好き。
70
コマンド選択式のアドベンチャー。非常に短いが、分岐でころころ変わっていくストーリーはそれなりに楽しい。この頃の作品は基本的に声はない。
80
個人的に雰囲気が好き
62
あっさり風味で、箸休めになりそうなライトエロゲー → 長文感想(282)(ネタバレ注意)
80
いま振り返ると随分とあっさり終る短い作品だが、名作。
60
萌えっていう概念がない頃からあった元祖萌えゲー。とんでもなく短いが、シナリオ含む絵がとても可愛い
70
部屋のテーマがいいねぃ。20年も前の作品とは思えないほど……はさすがに言い過ぎかな。親友性転換ホモEnd(!?)といい、後の有名作ねがぽじといい、ここにActive恋愛方程式のなんたるかを見出してしまいそうですが、日常にちょっと乗っかった友情や笑いを理解してるからこそのものなんだろうなとは感じました。
総プレイ時間 : 3h
--
(GiveUp) セーブ不可、クリアしてもCG埋まらずで断念・・・
100
人生ゲームの一つである

ログイン






検索

パッケージ画像等

amazon
くすり指の教科書Duet
(Amazon)