昏き祟りの森での新着順コメント

昏き祟りの森で (hourglass) (2012-01-27)
amazon
ブランド hourglass
発売日 2012-01-27
18禁等 18禁
抜きゲー
どちらともいえない
対応OS XP , Vista , 7(32bit) , 7(64bit)
中央値70
平均値71
データ数29
標準偏差7
最高点85
最低点60
giveupした人0(0%)
積んでる人10(21%)

コメント(新着順)

75
平治の乱の伝承を題材とした伝奇もの。地味ながら手堅い出来で、スタッフも伝承や民俗学、陰陽などについて良く調べられている。特に民俗学に関心がある方は楽しみやすいのではないだろうか。あとバットエンドはMC系のえっちシーンがふんだんに盛り込まれているので、その手の人もチェックする価値はあるかも。 → 長文感想(1008)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 7h
68
企画からプロットまでは凄く良かったんだろうけど、そこから良作まで持って行くまでの力がなかった感じ → 長文感想(350)(ネタバレ注意)
67
エロにしてもシナリオにしても断片的だったり前作に合わせた感じがあるのでどうにも乗り切れない。個人的には前作の方が良かった。
64
孔雀王を読んで育った世代がシナリオ書きましたってのがよくわかるなあw自分もその世代なので気持ちよく解るよ。そしてあやかしびと・・・には向かわず、寺生まれのTさんが事件解決。きっと私と同じ年代の人が作ったんでしょう、気持ちが本当によく解りますから。
75
ぜひ続編で物語を完成してほしい → 長文感想(218)(ネタバレ注意)
75
絵柄も含め古き良きエロゲの雰囲気がびしびし伝わってくる。最近こういう伝奇もの減ったなあ
75
設定だけの抜きゲーとは違う。シナリオがけっこう面白い。 → 長文感想(127)(ネタバレ注意)
71
やや古い感じもする伝統的な伝奇もの。呪いの伝承のある土地に調査にいったところで、過去からの呪いに捕らわれていくという巻き込まれ型の話で良作です。ホラー要素とエロ要素が強く、初期「孔雀王」ぽい好みの話です。バグがあるのでパッチ必須です。完全にバグはなおらないもののそこは我慢。 → 長文感想(711)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 40h
70
ひとつぶで2度おいしい? → 長文感想(275)
60
過去作と比べればまぁマシかな?
総プレイ時間 : 9h
70
思っていたのと違っていた。読み物としては割と面白い。伝奇が好きだからこの点数で → 長文感想(426)(ネタバレ注意)
75
良くも悪くもどことなく古い感じのする伝奇物 → 長文感想(468)(ネタバレ注意)
80
説明部分はくどいが全体的面白かった、モザイクも前作より薄いのがグッド。伝奇もの好きならやるべき。
82
ホラー系。抜きゲーと呼んでいいのか微妙なライン → 長文感想(644)
65
純愛、陵辱が共に楽しめる良作。ホラー要素は思ったよりも少なめだったので、少し拍子抜け。
総プレイ時間 : 10h
70
処女作に比べたら全然良い → 長文感想(914)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 12h
75
純愛と陵辱ルートあり、最近じゃ珍しいタイプのエロゲー

検索

パッケージ画像等

amazon
すぺじゃに共和国スペシャルパック2
(Amazon)
amazon
昏(くら)き祟りの森で
(Amazon)

(DLsite)

(DiGiket)

(Gyutto)

(DMM.com)
↓Getchu.com↓