ボクの彼女はガテン系/彼女がした事、僕がされた事/巨乳妻完全捕獲計画/ボクの妻がアイツに寝取られました。の投票数順コメント

ボクの彼女はガテン系/彼女がした事、僕がされた事/巨乳妻完全捕獲計画/ボクの妻がアイツに寝取られました。 (elf) (2011-12-08)
amazon
ブランド elf
発売日 2011-12-08
商品群通常版 /PKG版/8424円
18禁等 18禁/抜きゲー/どちらともいえない
対応OS XP , Vista , 7(32bit) , 7(64bit)
中央値85
平均値83
データ数403
標準偏差12
最高点100
最低点0
giveupした人9(2%)
積んでる人35(7%)
面白くなってきた時間中央値1時間
プレイ時間中央値17時間

コメント(投票数順)

95
傑作。思わず画面の向こうの主人公に嫉妬してしまいたくなるほど魅力のあるイイ女、そんなヒロインを狙う間男の執念と劇場型寝取りの見事な囲い込みの手腕、相変わらずの陰湿なテキストが合わさりシクシクと心が軋む極上の寝取られ感が堪能できる逸品に仕上がっています。そして同時に得難い夫婦の絆も。もう少し抜きゲーとしての配慮をしてもらいたいのと、どう考えてもルート制限をかけるべきだったであろう構成、堕ち方の程度などの不満もありますが、それらを差し引いても有り余る魅力があると思います。心に穴があいたような喪失感と狂い惜しい程の堕とす歓び、そしてヒロインの一途な愛に胸が詰まるような思いにさせてくれる寝取り/寝取られの金字塔。 → 長文感想(5043)(2)
90
私が90点以上の点数をつけたのは、なんと2年2ヶ月ぶり。その沈黙を打ち破った傑作。この作品の展開や微細なプロットや表現や描写が素晴らし過ぎて、萌え・怒り・寂寥感・興奮等々、プレイしていてありとあらゆる感情が混ざり合って、訳が分からなくなる。とてもじゃないが、この味わった感情を文章で表現することは不可能だと思う。私自身は寝取られ耐性はない方だが、耐性がない人ほどやってほしい。禁断の扉を開ける魔性の作品。この作品をプレイした直後だと、他作品は「子供のままごと」としか見れなくなってしまいます → 長文感想(2338)(ネタバレ注意)
100
最高傑作。本作を超えるエロゲを私は知りませんし、現状これ以上のものを作れる可能性があるのは、土天冥海自身だけだと思う。恐らく、今後数十年は語り継がれていくレジェンド級作品。他の制作者にとって、この前人未到の高みはあまりも遠すぎる。※長文はネタバレなし → 長文感想(3015)(5)
90
こんなに可愛い子が寝取られないはずがない!NTRに相性のいいヒロインがどういうキャラか、教えてくれる素晴らしい作品でした。後、寝取られはMっぽい印象ですが、この作品に限り、Sな人にとって最高に興奮するであろうシーンがあります。正直こっちだけでも買った価値がありました。 → 長文感想(939)(ネタバレ注意)
80
会田のおっさんからしたらマー君の方が寝取り男なのかもな。 → 長文感想(689)(ネタバレ注意)
73
絵のクオリティが高そうなので挑戦したが、出来の良いものが思ったより少なく残念 → 長文感想(890)(ネタバレ注意)
93
本当に久しぶりに感情の昂りを得られた。
75
なぜファンディスクを作らないのだろうか……。麻呂はもういいんです! → 長文感想(1480)(ネタバレ注意)
92
ああ、かつてこれほどまでに心をズタズタに切り裂かれたことがあっただろうか。 → 長文感想(1300)(ネタバレ注意)(2)
85
3章までは素晴らしかったが4章が蛇足気味だった。結局の所、4章の大半は寝取られた男の退屈な葛藤と結末に終始する。また、寝取る側の選択肢は必要ない。 → 長文感想(1482)(ネタバレ注意)
93
絵23+文27+音17+他26ボクは彼女に恋をしました/彼女がした事、僕がしなかった事/寝取られ妻奪還妄想計画/ボクはこんなにも愛されていました。 → 長文感想(2234)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 12h / 面白くなってきた時間 : 1h
99
神ゲー オブ 神ゲー。久々の超良作。実はエロゲーはすごいんですよ、って桜庭も逝っちゃうくらい。凄まじい満足度。 → 長文感想(125)
総プレイ時間 : 15h / 面白くなってきた時間 : 1h
100
これは寝取られ作品にあらず。至上の純愛作品なり。 → 長文感想(890)(ネタバレ注意)
90
精神破壊兵器として評価。ぐうの音も出ません。重すぎて感想書けねーよ!
90
寝取られゲームの極致を見た気がする。 → 長文感想(3263)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 10h / 面白くなってきた時間 : 1h

ログイン






検索

パッケージ画像等

amazon
ボクの彼女はガテン系 ビジュアルファンブック
(Amazon)
dmm
(DMM.com)