終の館 ~罪と罰~の得点順コメント

終の館 ~罪と罰~ (CIRCUS) (2004-04-30)
amazon
ブランド CIRCUS
発売日 2004-04-30
18禁等 18禁
非抜きゲー
陵辱もの
中央値67
平均値64
データ数47
標準偏差15
最高点100
最低点20
giveupした人2(4%)
積んでる人15(23%)
面白くなってきた時間中央値3時間
プレイ時間中央値4時間

コメント(得点順)

100点台

100点台のコメント

コメントはありません。

100点台をつけたユーザー
得点をつけたユーザーはいません。

90点台

90点台のコメント

コメントはありません。

90点台をつけたユーザー
得点をつけたユーザーはいません。

80点台

80点台のコメント

コメントはありません。

80点台をつけたユーザー

70点台

70点台のコメント
78
まさに罪と罰 → 長文感想(440)
総プレイ時間 : 5h / 面白くなってきた時間 : 2h
76
まさに「18禁ゲーム」とも言うべきストーリー。本編を通して描かれる主人公とメインヒロインの欲望、それに興奮し真摯に受け止めることができなければこの物語の良さは分かりづらいように思えた。個人的には官能小説を好む者にはお勧めできる作品に思える。タイトルである「罪と罰」というのもまさにこのゲームを表したものであろう。
76
シナリオは前巻より少し弱くなった気がしますが、それでもなかなかよかったと思います
71
相変わらず、安くて暗くて短くて・・・。今回の特徴はSMとテキスト。特にテキストは「ですます調」で昔の小説のように感じられ、小説も題材となっている今作にはピッタリ。ラストは唐突で驚いたが、まあ許容範囲。やっぱり値段以上の価値はある。
70
格安ゲーとしての評価。エロ、シナリオ、CG、BGMとも満足の水準(ただし量はかなり少なめ)。
70点台をつけたユーザー

60点台

60点台のコメント
60
終の館シリーズで1番合わなかった。SMを題材としているがいま一つ深みが足りず、痛そうと思うばかりで感情移入があまりできなかった。1,050円(税込)の定価から考えればシーン量は豊富なので、(女性が)痛い系が好きなら買う価値はあるかもしれない。
総プレイ時間 : 3h / 面白くなってきた時間 : 3h
60点台をつけたユーザー

50点台

50点台のコメント
50
廉価ゲーム。値段を考えればもう少し高い点数でもいいかな。年上+SMと聞いて惹かれるものがあるなら
50点台をつけたユーザー

40点台

40点台のコメント
40点台をつけたユーザー

30点台

30点台のコメント

コメントはありません。

30点台をつけたユーザー

20点台

20点台のコメント
20
同ブランドの販売手段的チャレンジ作だが、同ブランドの話の薄さが更に値段なりに薄められており、完全な駄作。
20点台をつけたユーザー
得点をつけたユーザーはいません。

10点台

10点台のコメント

コメントはありません。

10点台をつけたユーザー
得点をつけたユーザーはいません。

0点台

0点台のコメント

コメントはありません。

0点台をつけたユーザー
得点をつけたユーザーはいません。

検索

パッケージ画像等

amazon
ホームメイド スイーツ
(Amazon)
amazon
終の館 ~罪と罰~
(Amazon)

(DLsite)

(DiGiket)

(Gyutto)

(FANZA)
↓Getchu.com↓