セブンスコートの得点順コメント

セブンスコート(非18禁) (Novectacle(同人)) (2013-04-06)
ブランド Novectacle
発売日 2013-04-06
18禁等 非18禁
中央値80
平均値79
データ数84
標準偏差8
最高点100
最低点50
giveupした人1(1%)
積んでる人5(5%)
面白くなってきた時間中央値1時間
プレイ時間中央値4時間

コメント(得点順)

100点台

100点台のコメント

コメントはありません。

100点台をつけたユーザー

90点台

90点台のコメント
92
それは。なんて。心を震わせる言葉なのだろう。 → 長文感想(288)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 5h
90
物語の導入から想像がつかない結末へ… → 長文感想(227)(ネタバレ注意)
90
本編補正がないとは言い切れないが、短編物の傑作だろう。相対評価ではなく、無料・短編枠で絶対評価として点数をつけた。決して評価し過ぎではないと思う。 → 長文感想(471)
総プレイ時間 : 3h
90点台をつけたユーザー

80点台

80点台のコメント
88
これこそ、作者の魂の叫び。震えたぞ
総プレイ時間 : 8h / 面白くなってきた時間 : 1h
88
エイプリルフールのネタゲーってレベルじゃない。
総プレイ時間 : 5h / 面白くなってきた時間 : 1h
86
ファタモルガーナの館の虜になったファンに向けたエイプリル作品・・・・・・かとおもったらなんかいろいろ予想を裏切られたよああもうネタバレなしでは語れない!でも我慢しよう!!! → 長文感想(797)
総プレイ時間 : 2h
85
フリー、短時間、心打たれる → 長文感想(43)(ネタバレ注意)
面白くなってきた時間 : 1h
85
フリーなのに妥協せずここまで作ってしまうところが、この同人サークルの凄い所ですね。一部素材はファタモルから使い回していますが、普通にお金取れるレベルですよ、コレ。次回作(ファンディスクかな?)も期待しております。
総プレイ時間 : 4h / 面白くなってきた時間 : 1h
85
とてもエイプリル企画のフリーゲームとは思えないほどよく練られていると感じた。展開が若干駆け足気味に感じるが、短いながらも伏線を多く散りばめ、またその回収の仕方も見事と言って差し支えないだろう。お金を払ってもいいと思えるほどだった。あと、今作はギャグがとても面白い。尚ファタモルガーナの館は先にプレイ推奨。
85
転んでもタダでは起きないNovectacleが、データ数40で中央値92点という2012年の化け物同人ゲーム「ファタモルガーナの館」のキャラクターを引っ張り出して送り出してきたフリーゲーム。4月1日に発表された本作は、誰もがエイプリルフールのネタであると思っていたが、その実はとんでもなく濃いフリーゲームだった。ゲーム世界と現実、製作者とプレイヤー。数多あるゲームという花畑を「糞ゲー」の一言で踏み倒していく人々に大して、踏まえた花たちは何を思うのだろうか。 → 長文感想(1770)(ネタバレ注意)
84
意欲作。ファタモルガーナの館をやってから
総プレイ時間 : 4h
83
まあ所詮エイプリルフール作品だしおやばけ!みたいなもんだろう、と思ってプレイしてみたらガチな傑作だった件について → 長文感想(910)
82
真面目か
総プレイ時間 : 3h / 面白くなってきた時間 : 2h
80
短いですが中身の詰まった作品でした。プレイ後はぜひ公開されているBBSの書き込みを読んでみてください。心地の良い感傷に浸れると思います。
80
創作するとはどういうことなのか、創作者経験のない私でも何か残った作品でした。 → 長文感想(913)(ネタバレ注意)
80
短いとはいえ本編に負けず劣らずの作り込み具合。物語・音楽・心理ギミックと、本編同様十二分に楽しませてもらいました。ただ同人ゲームというテーマに対しては色々と思うところが。単純に「面白かった」では終わらなかった作品でした。 → 長文感想(2607)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 4h
80
楽しいゲームであり、苦しいゲーム。 → 長文感想(117)(ネタバレ注意)
80
本作は、同サークル前作「ファタモルガーナの館」の登場人物を別の舞台、異なる相貌で描いた物語である。現実上にあるBBSと作中の世界を重ね合わせ、双方エイプリルフールを起点とし物語は胎動する。メタ視点で進行するファンタジーRPG風の異世界冒険譚はADV形式でよりらしく、作中人物のバックストーリーを活写する回想録はノベル形式にすることで心理描写をより深くと、両形式の特質を生かした演出を交互に配置することで展開に緩急をつける構成となっていて読み味が堪らなく良い。前作で猛威を振るった自己の内面と向き合う描写や伏線回収は短篇ながらもしっかりと受け継がれている為、読者に与える衝撃は大きいだろう。物語から感じられる作者の主義主張である創作観念は、一義的な解釈を否定しているように感じられたが、それに対して救済の手を差し伸べるのもまた、この作品であった。単体として見ても十分に傑作といえるのではないだろうか。
総プレイ時間 : 2h
80
今年最も話題になった四月馬鹿は型月であろうが、そこに新参同人サークルが殴り込み…ってこれエイプリルフールを題材にした完全新作じゃねーか!やりすぎだ加減しろバカ!最高だ! → 長文感想(4828)(ネタバレ注意)

70点台

70点台のコメント
79
短いが心に響くものがあった。ファタモル本編クリア後にどうぞ。 → 長文感想(245)
総プレイ時間 : 2h
79
ファタモルガーナの館を事前にプレイすることをおすすめします。 → 長文感想(197)(ネタバレ注意)
75
馬鹿な・・・。ファタモルガーナのネタ公式二次創作のはずでは・・・!
総プレイ時間 : 3h / 面白くなってきた時間 : 2h
75
これまたとても悲しい物語だったけど、何か心に残るものはありましたよ。いや***は***だ***まは***にたが**たな*******あ
総プレイ時間 : 4h
73
少なくともフリーのクオリティではない。スターシステムでない方が個人的は良かった思うが…
総プレイ時間 : 4h
72
前半と後半のギャップが素晴らしい。創作をやったことがある人なら、一度は触れたことあるであろう幼稚なコンプレックスと向き合わなければいけない痛みが、非常に上手く表現されていると思いました。

60点台

60点台のコメント
69
クリアした後は、何かの価値観が変わっているだろう。 → 長文感想(191)
総プレイ時間 : 3h
60点台をつけたユーザー

50点台

50点台のコメント
50
同サークルの他のゲームは未プレイ。現代ヨーロッパ人というあまり見慣れない設定で主な話は非現実的な内容のため、ファンタジーなのかそうではないのかチグハグな印象を受けた。そのせいで、ファタモルガーナをやっていないのもあるのか、良い悪いとかではなくお話に全く入り込めなかった。一番最初の読者を物語に誘導するという重要な点で不親切さを感じた作品だった。
50点台をつけたユーザー

40点台

40点台のコメント

コメントはありません。

40点台をつけたユーザー
得点をつけたユーザーはいません。

30点台

30点台のコメント

コメントはありません。

30点台をつけたユーザー
得点をつけたユーザーはいません。

20点台

20点台のコメント

コメントはありません。

20点台をつけたユーザー
得点をつけたユーザーはいません。

10点台

10点台のコメント

コメントはありません。

10点台をつけたユーザー
得点をつけたユーザーはいません。

0点台

0点台のコメント

コメントはありません。

0点台をつけたユーザー
得点をつけたユーザーはいません。

ログイン






検索

パッケージ画像等