クリスタルリナール -逢魔の迷宮-

クリスタルリナール -逢魔の迷宮- (D.O.(ディーオー)) (1996-02-23)
ブランド D.O.(ディーオー)
発売日 1996-02-23
18禁等 18禁
  • 基本情報を変更する画面
中央値73
平均値68
データ数16
標準偏差23
最高点90
最低点11
giveupした人0(0%)
積んでる人5(22%)

クリエイターの情報

原画広崎悠意
声優渡辺美佐(アルダ) , 引田有美(アーグ) , 松本保典(エルマ・モーグ) , 高橋美紀(シア) , 堀内賢雄(ゼト・エルギスト) , 佐久間純子(ナムリア) , 岩坪理江(ニームル・エルダム) , 水谷優子(ファジル・エムル) , 篠原あけみ(ラミュー) , 麻見順子(坂垣真尋) , 松井菜桜子(広瀬美奈)

POV/属性/タグ

属性RPG , XP動作不可 , NT動作不可 , Vista動作不可
ジャンル成長
キャラクター脇役がいい
 → すべてのPOVの情報を見る

関連ゲーム情報

 → 関連ゲームを登録する

動作OS状況要約

OS動作状況データ数
Windows7(64bit)条件付きで動作1

ユーザーさんによる基本情報

 → 情報の書き込み(どなたでも書き込み/編集が可能です)

登録POV上位

総計 1件 / A 0件 / B 1件 / C 0件
総計 1件 / A 1件 / B 0件 / C 0件

POVコメント抜粋

B モラトリアムな少年の成長の物語です。少年に影響を与える大人として、「かっこいいお兄さん」エルマ・モーグ。分裂気質で無茶苦茶性格悪いのに無茶苦茶カッコいいゼト・エルギスト(ゼト様すてきっ(爆)。んで、少年に恋の手ほどきをしてくれる年上の女性も当然登場します。こういう少年時代を送りたかったです(笑。
A 濃ゆいキャラがバンバン出てきます。つうか、まともなヤツがいません(笑。でもみんな魅力的。お気に入り:ラミュー嬢。声を当ててるのが○○さんなんだよなぁ。なんで脇役にこんな大物つれてくるかな(笑。

コメント(新着順)

70
普通の青少年の内向的な独白調子の進行が妙に現実的でよい。戦闘バランスが若干悪い。
90
3DRPGのなかでもかなり面白かった。今となってはそりゃ激しく劣るが、点のつけ方ではこうなる。
90
D.O. 広崎作品で唯一前向きで後味の良い作品。システムの古さや256色のCGであっても、今なお楽しめるクオリティの高さがある。シナリオが秀逸で出てくるキャラが(敵役を含め)みんなとても魅力的。最後は思わずにやりとさせられます。お気に入り:真尋の「キーック」(笑。

得点分布

状況度数グラフ
1000
90~993
80~894
70~793
60~692
50~591
40~491
30~391
20~290
10~191
0~90

ログイン






検索


パッケージ画像等

広告