天使仔猫譚0

天使仔猫譚0(非18禁) (シモメマイ(同人)) (2009-08-15)
ブランド シモメマイ
発売日 2009-08-15
18禁等 非18禁
  • 基本情報を変更する画面
中央値77
平均値72
データ数14
標準偏差12
最高点80
最低点40
giveupした人0(0%)
積んでる人3(17%)

POV/属性/タグ

公式ジャンル近未来ノスタルジックノベル
属性選択肢無し , 配布終了 , 同人(オリジナル) , ブランド解散
ジャンル近未来
ゲームの内容外続編希望(3)
シナリオテキストがいい(2) , シナリオがいい , ゴールが一つだけ
傾向癒し系(3)
BGMがいい(2) , 歌がいい(2)
女の子キャラクターケモノっ娘(2) , ロリ , 無表情
名作埋もれている名作(2)
ここがいいキャラを取り巻く世界観(5)
時間短い
背景背景設定が深い
シチュエーション友情発恋愛行き
キャラクター脇役がいい
 → すべてのPOVの情報を見る

関連ゲーム情報

 → 関連ゲームを登録する

動作OS状況要約

OS動作状況データ数
WindowsVista動作1

ユーザーさんによる基本情報

 → 情報の書き込み(どなたでも書き込み/編集が可能です)

登録POV上位

総計 4件 / A 3件 / B 0件 / C 1件
総計 4件 / A 2件 / B 0件 / C 2件
総計 3件 / A 3件 / B 0件 / C 0件
総計 3件 / A 1件 / B 1件 / C 1件

POVコメント抜粋

A 二十一世紀末の海上都市・雲来籠子
A その雰囲気に癒されました
C 作風にマッチしたチョイスです。
A どれも雰囲気にぴったり
A 買います。買わせてください。
A 続編はぜひプレイしたい。もっとこの世界を眺めていたいです。

コメント(新着順)

78
PC上でテキストを読んでるはずが、喫茶店の席に座って他人の話を聞いているかのような気分になった。読みやすいテキストに良質なBGM。秀逸な短編ノベルゲー。2時間程度で終わるのは短所でもあり長所でもある。この文量なら長編ノベルゲーのように気構える事なく軽い気持ちで読めるのでありがたい。
70
極上の雰囲気が味わえる短編集。ちょっと不気味なデザイン・色使いなんかも含めてうまいこと異国感が表現されてる。女性寄りとあるけど、プレイした感じだとあんまりそういう印象はなかった。 → 長文感想(372)(ネタバレ注意)
80
一言で例えるなら「堅苦しさと影のないレイルソフト」。異界の不思議で独特な雰囲気を、明快で特徴的なテキストで味わせてくれる作品です。またネガティブな要素が一切なく、異界の優しさ・不思議さ・懐かしさだけを提供しているのも特徴。未完の作品ではありますが、優しい空間に浸りたい方にオススメです。が、16年3月末で配布終了とのことで何とも惜しい。 → 長文感想(1912)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 2h
75
世界観が素晴らしい雰囲気ゲーム → 長文感想(129)
総プレイ時間 : 1h
70
海上都市・雲来籠子を舞台に、そこに住む人々のちょっとした日常を綴った短篇集。一話辺り20~30分程度で終わるのでボリュームは少ないが、語られる物語は上質でライアー・レイルソフト作品を連想してしまう程の雰囲気の良さ。製作者のセンスの良さが感じられる良作。最後の天使仔猫じゃないけど続きの物語を早く読みたい…。
総プレイ時間 : 1h
78
素晴らしいパッケージです!スリムCDケースにプレスCD、正面帯。繊維が見えるこの紙はなんだろう…和紙ってこんな感じでしたか?適当なこといってると赤っ恥かくのでここまで。さて、本作品は2話構成、雰囲気重視の短編ノベルとなっております。第一話は雲来籠子という街の一角、「鳥籠子屋」に訪れた青年の語りに耳をそばだてつつ、プレイヤーは独特の雰囲気に浸り、第二話は設定を咀嚼して会話を楽しむといった印象。テキストはディスクリプションが上手く、また静的な画面演出は読を捗らせる感触。人物のテクスチャは汚し等入れる技法ですがこれ結構好きです。デザインは世界観を構築する一助となっていて良。 短編を好む方には名作になりえると思います。
40
同人で、エロなし・ゲーム性なし・ボイス無し・シナリオの分量がないということでこの点数ですが、まちがいなく良作。作品のファンになりました。雰囲気としては、桜井光のスチームパンクシリーズの日常パートに近いです。桜井作品を「小説」とするならこっちは分量から「絵本」という感じでしょうか。「イバラード」のような雰囲気にも近いです。 → 長文感想(365)(ネタバレ注意)
80
鳥籠のようなこの街では、猫と、ヒトと、不思議たちが混在している―――。海上都市を舞台に綴られる、何でもない人々の日常のお話。あっと驚くような展開も、怒涛の伏線回収もないけれどとても素敵な物語。読み終えた後雲来籠子に行ってみたくなる、そんな極上の雰囲気ゲーです。 → 長文感想(1916)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 1h

得点分布

状況度数グラフ
1000
90~990
80~894
70~798
60~690
50~591
40~491
30~390
20~290
10~190
0~90

ログイン






検索


パッケージ画像等