野月まひるさんの演じたキャラクター一覧

ヴァネッサ メスキダ
野月まひる(メイン)
OHP
OHP
《STX軍》に所属する女性。階級は准将。

キツい性格でかなりのドS。
童顔だが、わりといい歳の大人。

かつて夜鷹一蔵と共に精鋭操縦士として前線で活躍していた。
現在は軍から逃亡した夜鷹一蔵を追っているらしい。

ネオフェネックの「ゴン」を奴隷のように可愛がっている。
オイネ
野月まひる(メイン)
オランダの医師フィリップ・フランツ・シーボルトと丸山遊女・楠本瀧の娘として生まれる。本名、楠本イネだが、他者からは「唐人お稲」とも呼ばれた。さる事件により父が国外追放となり、以後、迫害を受けながら生きてきた。追放事件前に父から、カダスの先進医術を学び、日本で最初で、現在唯一の女医となった。

そんな彼女は今、江戸の町に隠れるように暮らしているという。
イナモト ミユ
野月まひる(メイン)
OHP
OHP
3年生。 陸上部副部長で短中距離走者のエース。
ベテラン百合カップルの片割れ。 冷静沈着なリアリスト。
厳格な両親に知られ ふたりの仲を裂かれてしまうのを恐れ、慎重な交際を続けていきたいと考えている。
茉莉と一緒になれなければ死ぬと決めているほど好き。
恋人とは結婚したいタイプ。
ミヤマ ネナ
野月まひる(メイン)
OHP
OHP
2年生。 放送部所属の眠り姫。
できることなら一日中寝ていたいという面倒くさがり。
友人である一木&双野のサポートで、なんとか社会生活をくぐり抜けている。
たまに鋭いことを言ったりもする。
恋人には安眠妨害してほしくないタイプ。
ニコライト ペルシャイド
野月まひる(メイン)
OHP
OHP
波打ち豊かな髪の、世慣れていて、艶めかしい美女。物言いは、乱暴のような、それでいて柔らかな、物がわかった姐さん風。性格は達観と強欲を同居させた、熟練の冒険者。がめつい火事場泥棒……とも言えなくもない。パーティの世話役&ご意見番。立ち位置的に突っ込みをすることも多い(彼女自身も問題行動を多々起こすのだが)。

職業としては魔法職に位置するのだが、呪文は使わず錬金術の秘薬でもって魔法効果を発動させる。攻撃も補助も回復もこなすオールラウンダーだが、物理攻撃力的にはまあそれなりというところ。ただし攻撃魔法に関しては、単体攻撃魔法は使用できず、ほぼ全てが範囲攻撃となる上に威力の手加減もできない。
エイ
野月まひる(メイン)
OHP
OHP
ステーションチルドレンの一人。
ずっと駅で浮浪児暮らしを送っており、現在はトゥアンを相棒としている。
猫族の孤高と自己充足でもって生きており、基本的に他人に容易に心を開かず、優しさを示さない。
ちょっと見には女の子にも見える顔立ちをしている美少年なのだが、その身体は実は……。
シラギク アルツェヴァルスカヤ
野月まひる(メイン)
OHP
OHP
『駅』の過去の時代。
中央から、『駅』の航宙業務を終わらせ、整理、封印するために派遣されてきた少女。
その任務のため、ヒプノマリアとゼルダクララと衝突する事になるのだが……。
その身体には、ある秘密が隠されている。
ジョセフィン マーチ
野月まひる(メイン)
別名
ジョウ
OHP
OHP
統治会《フラタニティ/ソロリティ》のメンバー。
正確には、女性のみで構成された《ソロリティ》の一員。2年女子。
快活で表裏のない、まっすぐな娘。ただし、いささか超越主義に傾倒している。
合衆国出身。数年前より右瞳が黄金瞳となっている。
2歳違いの妹(四姉妹の末妹。
ちなみにジョウは上から2番目)であるエイミーが1年生女子として学園に在籍している。
エイミーと自分は仲が良い、との旨を口にしてはいるものの……実際に口にする言葉の内容は1年以上前までのもの。

「妹に見せてやりたいのさ。ね。できない?」
シャルーエ
野月まひる(メイン)
移動舞台のただ一人の見世物女にして、座長の少年、オキカゼ・Bの情婦。
繊細な美貌の女ながら、額に三つ目の眼があるフリークス。
黙っていれば愁いを帯びた麗人タイプなのだが、性格的には世話焼きの姐さん女房タイプ。
その上、からかわれたりいじめられて泣いてしまうことが気持ちよかったりするマゾヒストでもあるので、しゃべり出すと色々台無しになってしまう残念美人でもある。
かつて苦界にいたところをオキカゼに救い出されて以来、彼にベタ惚れ。
アティ
野月まひる(メイン)
―空を見上げる猫、溜息の女―
明るさに満ちた皮肉屋の猫娘。
しなやかで俊敏な肉体と鋭く尖った爪を持ち、精神もたくましい。…ように見えるが、本当は……。
以前は、上層で暮らす商家の娘だったが、“復活”の影響で、異人種「猫虎」が発現してしまい、上層の正当市民権を失ってしまう。
下層で生き抜くために、身体に数秘機関を埋め込み、荒事の場に身を置いている。
コニー イル リクール
野月まひる(メイン)
OHP
OHP
ライアーソフト第17弾「蒼天のセレナリア」の主人公。
飛空艇ウルメンシュを操る、空の何でも屋。
義理堅く情に厚い。幾多のトラブルに巻き込まれながらも、力強く進んでいく。
シャーロット ブロンテ
野月まひる(メイン)
OHP
OHP
ウェールズの資産家・ブロンテ卿の娘で、王立碩学院史学科に通う少女。通称シャーリィ。
メアリの同級生であり、絵本執筆という同じ趣味を持つ大の親友。
同年代のメアリやアーシェに比べて落ち着いた性格で、頭脳明晰。成績も優秀。
社交界に顔を出すほどの富豪の娘であり、美人。性格や成績とも相まって、学生からは男女を問わず憧れの存在として一種の崇拝を受けている。

オカルティズムに興味を抱いており、独学ながらダウジング(振り子)を扱うまでになった。時折、メアリやアーシェの頼みで探し物などの際に使用している。正解率はおよそ8割というところ。

1905年、《怪異》と遭遇した影響で覚めない眠りに就いてしまう──
ロビン ファネル
野月まひる(メイン)
OHP
OHP
医者。スコットランド・ヤードお抱えの事件検死医。
地上のあらゆるものの中で死体が一番嫌いと断言しているが、四六時中ずっと、必要のない時でもモルグに居続けているという変わり者。
実のところ、彼女は重度の精神的なマゾヒストである。

警察関係者であると同時に、実は結社の一員でもある。
『M』に好意を抱いている節があるものの、特にアプローチをかけたりはしない。
イチ
野月まひる(メイン)
OHP
OHP
とある山間の集落で “ヤマイヌ” と蔑称され、軽んぜられている娘。
過去になんらかの傷を負い、片目が潰れてしまっている。
集落から離れた山小屋に一人住まい、滅多に里に降りてくることはなかった。
しかしやむにやまれぬ事情から、伊波の荷物に手を出してしまったところ、あえなく捕まり、無残にも手籠めにされることとなる。

幸か不幸か常人より鼻が利くという体質もあって、猟犬代わりとして、かつまた手近な性欲・暴力欲のはけ口として、以降伊波に奴隷のように引きずり回される羽目に。
彼女の首に打たれた縄は、物語の最後まで解かれることはない。
チグサ ハツミ
野月まひる(メイン)
OHP
OHP
伊波の養い親・千種子爵家の一人娘にして、青年の許嫁であった娘。
幼少時より聡明かつ明朗な娘であり、家族を喪い引き取られた伊波に対しても別け隔てなく接していた。
美しく健やかに長じていくうちに伊波との間に愛情を育み、婚約を結ぶまでに至る。
しかしある夜 街中で惨殺されてしまい、彼女の死がこの復讐の物語の発端となる。

伊波が想い続ける、最愛にして唯一の女性。
何故かヤマイヌ・いちは、この初美と容貌が酷似している。
オナツ
野月まひる(メイン)
OHP
OHP
来歴不明の文身(ほりもの)師。
彼女に起請彫りや入れ黒子を彫ってもらうと想いが叶いやすい、という噂が囁かれており、遊女たちに引っ張りだこ。
吉原にほぼ住み着いてしまっている。店の関係者も無碍にはできない。
エリシア ウェントワース
野月まひる(メイン)
OHP
OHP
主人公にしてヒロイン。 作中における、唯一の、地上の人間。
廃墟と化した地上のニューヨークを歩く、黄金瞳の娘。
3年前 (1904年) の12月以来、左目が猫科の動物に似た “黄金瞳” に変わっている。

大人しそうな容姿には不相応の勇気を備え、強い意思を持つ

気丈な性格。誰の助けもなく、たったひとりで広大な廃墟都市である旧ニューヨーク・シティを訪れた。
自ら開発した多脚式歩行鞄を連れて、廃墟という現実を歩き続ける。

本来はイェール機関大学に通う学生だが、休学中。
故郷であるコネチカット州のハイスクールに通っていた頃、ほのかな想いを交わした初恋の相手がいた。
互いに深く想い合っていたものの、恋人同士にはならなかった。
回想で徐々に提示される過去の記憶により、彼女が旧ニューヨークで探すのが、その人物であることが明かされていく──
シサム キサラ
野月まひる(メイン)
OHP
OHP
名はそれぞれ「シサム」「キサラ」。北海生まれの、一等航海士を二人でつとめる双子の姉妹。
二人で、というのは彼女達は常に相手の身体の一部と触れ合っていないと頭がおかしくなるという奇病に取り付かれており、離れる事ができないから。二人が一番落ち着く体勢は、背中合わせに密着した状態で、この体勢の彼女達は、高性能GPSシステム内蔵したような方向感覚と位置感覚を備える。
船員達の中でもまともな方ではあるが、密輸、かっぱらい、詐欺などの犯罪行為はいとわない。
やむなく離れる場合はお互いを命綱で結び合うが、これで持つのは三時間程度。
そろそろ連れ合いを見つけてとっととこの船から脱走したいなあ、とか漠然と願っている。
アナ
野月まひる(メイン)
OHP
OHP
【こころ揺れる、若き赫剣士】
明るい笑顔と言葉の中に、弟への深い深い愛情を秘めたアデプトの娘。物語の主人公となる資格を有した人物。
南カシオン人(ヴァルーシア人)である。
弟カシムよりも2年前からアデプトとして《盟約》に従い、砂漠迷宮で“ホラー”と戦う日々を送る女剣士。赫色の杖剣を振るう。
いくさ人たるアデプトとしての才能にごく恵まれており、昨年には《剣士》の称号を太守から賜ったほど。
アスルの母と共に迷宮へ入ったこともあり、今でもアスルとは(弟ともども)親交がある。
言い寄るアデプトの男には事欠かないが、そのどれにも色良い返事を返さない。
「……カシム。可愛いカシム、あたしの最後の家族」
ヒトミ トオコ
野月まひる(メイン)
【探検家の娘】
探検家を自称する女。
帰省途中の主人公と同じ汽車に乗り合わせ、そのまま紅殻町まで(勝手に)ついてきてしまった。
主人公の調査中も何かと彼についてまわり、困惑させる。
性格は豪放磊落。よく笑いよく食らいよく呑む。
単純バカなのではなく、幾度もの修羅場をかいくぐり、世の中の色々な出来事を見てきてなお倦まず、いい感じにさばけてきている。
MapleColors2 (ApRicoT) (2008-12-26)
ニシナ スミレ
野月まひる(メイン)
OHP
OHP
オカルト研究部。
怪しげな薬を作ったり宗教活動をしている。

「待って!お告げがきたわ!」
キュウキ
野月まひる(メイン)
OHP
OHP
悪仙人・四凶のひとりで、残忍かつ狡猾な女。
人を苦しめることが彼女の快感であり、特に女性の泣き叫ぶ姿が大好物。
彼女にとって、現在の人間は「退化したおもちゃ」に過ぎず、饕餮と一緒にいるのも、より多くの「おもちゃ」が手に入りそうだから、という理由のみ。
スラーヴァ
野月まひる(メイン)
OHP
OHP
ロシア出身
プレステ=ジョアンの機関助士。寡黙で大柄ですごく頑丈。
スラブ系ユダヤ人。
カリヤ マキ
野月まひる(メイン)
OHP
OHP
人気イタリア料理店のフロアマネージャー。
真面目で面倒見の良い、落ち着いた雰囲気の大人の女性。
遺憾ながら自由奔放に動き回る他の4人をまとめ役となる。
※メーカー様にErogameScapeで使用すること許可頂いた画像、またはGyutto.com様経由でメーカー様にErogameScapeで使用すること許可頂いた画像、またはヴューズ様にErogameScapeで使用すること許可頂いた画像、を表示しております。画像を他へ転載することを禁じます。

ログイン






検索