生駒 葵

生駒 葵
イコマ アオイ
CV
まのめるか
身長
162
スリーサイズ
B
90
W
57
H
89
主人公・響の許嫁。 大学卒業後は東京で教師をしていたが、主人公に嫁ぐためにわざわざ鳴海学園へ赴任してきた。
面倒見が良い性格で、教え子に真摯な態度で接するため教師として非常に人気がある。
同僚の教師たちからの評判もすこぶる良く、信頼されている。
父への反抗心から前へ踏み出せない響に、恋人から始めてみるのはどうかと提案する。
そして響とまず恋人として付き合い、互いに愛情を育み、相思相愛の関係になる。
最終的に響からのプロポーズに応じ、妻となる道を選んだ。

ゲームごとの情報

役割
メイン
身長
162
体重
スリーサイズ
B
90
W
57
H
89
OHP
OHP
主人公・響の許嫁。 大学卒業後は東京で教師をしていたが、主人公に嫁ぐためにわざわざ鳴海学園へ赴任してきた。
面倒見が良い性格で、教え子に真摯な態度で接するため教師として非常に人気がある。
同僚の教師たちからの評判もすこぶる良く、信頼されている。
父への反抗心から前へ踏み出せない響に、恋人から始めてみるのはどうかと提案する。
そして響とまず恋人として付き合い、互いに愛情を育み、相思相愛の関係になる。
最終的に響からのプロポーズに応じ、妻となる道を選んだ。
役割
メイン
身長
162
体重
スリーサイズ
B
90
W
57
H
89
OHP
OHP
『将来、わたしの旦那様になるかもしれない人なんだもの。身体を見られても、わたしは平気よ』

主人公の許嫁。大卒業後、教育実習を経て、東京の学校で教員をしていたが、許嫁である主人公に嫁ぐために、主人公が通う鳴海学園へ教師として赴任してきた。
※葵の祖父、そして父親と、主人公の父は昔馴染みで仲が良く、互いの息子と娘を将来結婚させようと勝手に許嫁の約束を交わしていた。
昔から主に祖父から自分には許嫁がいることを教えられていて、相手がどんな人物なのか、気に掛けてきた。
今回、許嫁相手の父「暁雷電」から、結婚する前に一度、息子と会って、できれば一緒に生活を共にしてみて欲しいという話を持ちかけられる。
今の学校の教師を辞め、二代市に向かうことに躊躇するが、許嫁である主人公に昔から興味を持っていた葵は意を決して主人公のいる二代市へと向かうことにした。
常に真摯な態度で接っし、面倒見がよい性格から、学生達はもちろんのこと、同僚の教師達からも信頼される人気があった。
葵自身、他人の世話を焼くのが好きで、学生の相談相手になっていた。
大学までエスカレーター式の女子学校だったこともあり、男性と出会う経験が少なく、恋愛をしたことがない。20歳を過ぎても経験がなく処女でいることをこっそりと気に掛けている。
※メーカー様にErogameScapeで使用すること許可頂いた画像、Gyutto.com様経由でメーカー様にErogameScapeで使用すること許可頂いた画像を表示しております。画像を他へ転載することを禁じます。

検索