旅の道

dmm
中央値80
標準偏差7
データ数51
総データ数63
総ユーザー数54

発売ゲーム一覧

No. イメージ ゲーム名 発売日 中央値 標準偏差 データ数 プレイ
時間
中央値
1 dmm シロナガス島への帰還(非18禁) 2018-12-30 80 7 51 8

発売ゲームの中央値と標準偏差の変遷

X軸はゲームNo.です。発売ゲーム一覧のNo.に対応しています。
データ数が5以上データを抜き出してグラフを生成します。

得点分布

状況度数グラフ
1001
90~995
80~8925
70~7920
60~690
50~590
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

最近のデータ入力状況

コメント

82シロナガス島への帰還(非18禁) (旅の道(同人))
安いし試す価値は十分あり。推理 ミステリー系。 → 長文感想(570)(ネタバレ注意)
83シロナガス島への帰還(非18禁) (旅の道(同人))
最初から最後まで息つく暇もなく熱中できた。緊張と恐怖でめっちゃ体力使いました。音楽がいい雰囲気出しててマジで怖い……。 謎解きの難易度がちょうど良くて楽しかったです。500円はお買い得、価格破壊ですわ。 → 長文感想(768)(ネタバレ注意)
85シロナガス島への帰還(非18禁) (旅の道(同人))
絶海の孤島で起こった殺人事件を解決するADV。物語の先が気になって夢中でプレイしました。 → 長文感想(495)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 6h
70シロナガス島への帰還(非18禁) (旅の道(同人))
王道クリック型ミステリーADV → 長文感想(40)
70シロナガス島への帰還(非18禁) (旅の道(同人))
ちゃんとしたケースとパッケージ、クリアファイルまでついてきて500円は満足。だがそれを踏まえたうえでも謎の開示の仕方がもったいない。もう少し引っ張ってもよかったのでは… → 長文感想(137)(ネタバレ注意)
70シロナガス島への帰還(非18禁) (旅の道(同人))
菅野ひろゆき(剣乃ゆきひろ)系の探偵と、コミュ症完全記憶のわたモテ系ヒロインのミステリー。マウスによる捜索パートほか、時間制限ありの選択肢、犯人当て謎解きといったミステリー要素はもちろん、館を徘徊する謎の生物が突然に出てきたりとホラー要素もあります。エレベーター演出は実に見事。事件を解決してシロナガス島から無事に脱出できるのか?果たして、シロナガス島への「帰還」の意味とは……? → 長文感想(1454)(ネタバレ注意)
79シロナガス島への帰還(非18禁) (旅の道(同人))
良作。ライターが小説畑の人なのか、ミステリーパートはカチッとしたシナリオで満足したが、後半になるにつれて勢いは感じるものの描写が甘い部分が散見された。大味な展開を如何に表現するかが腕の見せ所だと思うが、その点で少し平凡に映ってしまった。池田ねね子コンビの次回作に期待したい。
総プレイ時間 : 8h / 面白くなってきた時間 : 1h
78シロナガス島への帰還(非18禁) (旅の道(同人))
とても面白かったのでねね子の活躍がまた見たい。
90シロナガス島への帰還(非18禁) (旅の道(同人))
単純にコスパが良い。キャラやストーリーや演出の良さで総合点2000円分くらい楽しめた。 → 長文感想(213)
81シロナガス島への帰還(非18禁) (旅の道(同人))
絶海の孤島を舞台に繰り広げられるミステリー作品。謎解き要素や、ホラー要素もあり全く飽きずに読み進められた。プレイ時間は約6時間という短めではあったが、それ以上のボリュームに感じられたし、しかもこれが¥500でプレイできるのも驚き。
総プレイ時間 : 6h
80シロナガス島への帰還(非18禁) (旅の道(同人))
とにかく読み進めていくのが楽しくて仕方なく、読み手を楽しませるための努力と工夫を感じた。また、終盤はミステリーとしての面白さだけでなく、キャラクターの光る場面というのも見られ、プレイし終えた時は純粋に「ああ、楽しかった」と思った。 → 長文感想(1407)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 7h

検索

各種情報変更