マッドレイド

amazon
中央値55
標準偏差7
データ数6
総データ数10
総ユーザー数6
期間2017-08-25 ~ 2018-02-23

発売ゲーム一覧

得点分布

状況度数グラフ
1000
90~990
80~890
70~790
60~692
50~594
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

コメント

56O・SHI・KA・KE 催眠術師 ~囚われの淫欲マリオネット~ (マッドレイド)
監禁する意味が全く分からん…。何か面白くなるアイデアでも思いついたからかと思ったが何もない。もともと会って目を見て一言喋るだけで思い通りになるご都合催眠術が使えるのに記憶操作が出来ないから出来るようになるまで鍛錬続けて待ってたというが必要ないだろ。特に有効利用した展開も印象にない。3ヶ月しか差がない前作の牝オナホール製作記録に疲れて面倒だから催眠術が使えたら楽だと思ったとかの思いつき作品ではないか。
66女体汚辱 ~汚された女の告白~ (マッドレイド)
本作の評価は難しい。単純に言えば「胸糞悪い系」だが、深く考えると「社会派」というエロゲとしては珍しい分類の作品と言える。過去にレイプをされた経験を持つ3人の女性主人公がセカンドレイプ(性的二次被害)を受ける、というテーマであり、R18指定のノンフィクション映画のような味わいがあった。制作側がそこまで考えて作っていたかは定かではないが、女性視点と救いの無さには不思議にひかれるものがあった。 → 長文感想(1524)(ネタバレ注意)

ログイン






検索

各種情報変更