colors

colors(解散)
中央値70
標準偏差22
データ数770
総データ数1038
総ユーザー数452
期間2001-06-22 ~ 2009-02-28

発売ゲーム一覧

発売ゲームの中央値と標準偏差の変遷

X軸はゲームNo.です。発売ゲーム一覧のNo.に対応しています。
データ数が5以上データを抜き出してグラフを生成します。

得点分布

状況度数グラフ
10014
90~9952
80~89178
70~79257
60~69160
50~5959
40~4923
30~3926
20~2912
10~1921
0~933

最近のデータ入力状況

コメント

70サンダークラップス! (colors)
アメコミから着想を得て日本人が(*日本人だけが)エロゲーにしました、というような作品。僕は一切アメコミ読んだことないのに、先入観でこんなこと書くのだけど、だいたい日本の少年マンガとおんなじ。続々と新たな敵が現れて、ソイツを倒しました⇒ヒャッハー俺はアイツより強いぜ⇒くっそー倒した⇒うっわー省略⇒ラスボス乙。。。といったカンジ。何か超能力みたいな特殊能力を駆使するバトル展開もおんなじ。そしてまあ正義の心は重大で何にも勝る勢い。まあたぶん、大本をたどるとそういうことになんじゃねえのか? God bless America たぶん。テキトーに先入観で言ってるけど。エロゲという勧善懲悪は偉大だなあ。とは思った(エロバレ → 長文感想(987)(ネタバレ注意)
67魔法少女アイplus (colors)
なんだろう。クラシックなゴシック・ホラーのテンプレが内在しているのはわかるんだけど、なるほどそこで触手がこうきて魔法少女がこうきてそうなってこうなるのか~って叙述性を考えてると、なんだか口の中がうんこ臭くなるおもいにかられたりもしますが、単純にホラー、すりらーサスペンスとしてもやはり触手は気持ち悪かった。ただ同時にエログロとしてどうなの? っていうとそういったサスペンス要素との両立はむつかしいんじゃない? といぶかしみつつもやはり触手はえろいのだ。えろ重比重。ただ本音をいうと、ボクとしてはもっとサスペンスを効かせてほしかった。はらはらどきどきが足りなかったのよ。(エロバレ → 長文感想(788)(ネタバレ注意)
65サンダークラップス! (colors)
選択肢が多くて進めるのが結構めんどくさかった。キャラや世界観は好きだが古い作品なので少しボリュームがもの足りなかったです
60魔法少女アイplus (colors)
堕ちる過程が短めだが、だるい共通を払拭できるぐらいには触手が映える。システムに違いがなければ、バックログはFn+↑。
総プレイ時間 : 16h
78魔法少女アイ2 plus (colors)
エロさが進化し、キャラやシナリオといった全ての面で前作を上回る続編。特に絵師の技術面の向上は磨きが掛かっており、それが多彩な(触手)攻めを用いたHシーンの実用性の高さに繋がっている。抜きゲーとして名作と云われ、根強いコアな人気を博した所以を理解すると共に、今でも現役として通用しそうな感触を覚えた作品。おそらくエロゲーにおける魔法少女モノとして、本作シリーズ(参は除く)の知名度と評価は最高峰と云えるだろう。
総プレイ時間 : 15h / 面白くなってきた時間 : 1h
68魔法少女アイplus (colors)
元祖魔法少女もの(18禁)として有名な作品。絵が独特な上、年代もあって稚拙に見えるが、凌辱・触手要素が多分に含まれている分、実用性は個々の感性次第。ただ世代を超えた強力なインパクトのある作品なので、数年前にプレイした今でも強く印象に残っています。「魔法少女アイ2」の方が名作として評価が高いですが、その前準備で本作をプレイする意味は十分にあると思います。
総プレイ時間 : 10h
15魔法少女アイ参 アペンドディスク (colors)
「アペンド」ではない。これは「パッチ」だ。 → 長文感想(95)
15魔法少女アイ参 (colors)
アペンド抜きでの評価。ボリュームの薄さが最大の難点。体験版をフルプライスで発売するようなもの。 → 長文感想(404)
総プレイ時間 : 5h
75魔法少女アイplus (colors)
戦うヒロイン凌辱物の基本はすでに出来ていた。絵もシステムも古いけど今でも普通に面白い → 長文感想(189)(ネタバレ注意)
30魔法少女アイ参 (colors)
噂にたがわぬ。魔法少女アイは2部作なんだ……三作目なんて幻だったんだ。 → 長文感想(594)(ネタバレ注意)
73魔法少女アイ2 plus (colors)
某幼馴染が登場せず、主人公も大人になればちょっとは落ち着いた物語になるかなとは思ったけどリンがなかなかに。紫と美景はもっと報われてもいいと思う。エロは1に比べレベルアップしたほか、前作より幅を増やしたエッチパターンで文句はなし。これの後があれじゃああの事態もやむなしだわ。
71魔法少女アイplus (colors)
セット版を購入しプレイ。触手魔法少女の定番作品としての触手シーンはまさに堂々たるものだったと思います。しかし、これは言うのが野暮かもしれませんがバックログがなかったのは正直痛かったです。
65魔法少女アイplus (colors)
魔法少女の名作 昨年に魔法少女アイボックスを買いプレイ これはwin7で、できました。 → 長文感想(214)(ネタバレ注意)
15魔法少女アイ参 (colors)
前作が好きだからプレイしたけど… → 長文感想(126)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 3h
80サンダークラップス! (colors)
黒木氏の絵がエロすぎる。変身ヒロインのレズふたなりなどシチュも好み
60魔法少女アイ2 (colors)
シナリオが案外面白い。触手属性ありなら高得点かも
10魔法少女アイ参 (colors)
1000円で買えるネタとしては悪くないw
65魔法少女アイ (colors)
初の触手ものでしたが属性は全くつかず。シナリオは案外面白い

レビューサイト一覧

  1. 100点 魔法少女アイplus : Crescent Night (__)
  1. 100点 魔法少女アイplus : もみのはのページ (__)
  1. 90点 サンダークラップス! : Crescent Night (__)
  1. 90点 特命教師 瞳 : Crescent Night (__)
  1. 90点 魔法少女アイ2 : Crescent Night (__)
  1. 80点 狂い咲きヴァージンロード : Crescent Night (__)
  1. 76点 魔法少女アイ2 : IL MONDO (__)
  1. 75点 魔法少女アイ2 plus : もみのはのページ (__)
  1. 70点 魔法少女アイ : Crescent Night (__)
  1. 70点 魔法少女アイ2 plus : おきらくGameWeb (__)
  1. 60点 魔法少女アイ2 : パソコンゲームの感想のみのページ (__)
  1. 60点 魔法少女アイplus : パソコンゲームの感想のみのページ (__)
  1. 50点 魔法少女アイ : 懐居堂 (__)
  1. 50点 魔法少女アイplus : 社会復帰支援場 (__)
  1. 40点 特命教師 瞳 : パソコンゲームの感想のみのページ (__)
  1. 20点 魔法少女アイ参 : お尻さまネット (__)
  1. 20点 魔法少女アイ参 アペンドディスク : お尻さまネット (__)
  1. --点 狂い咲きヴァージンロード : Media Clip (__)
  1. --点 サンダークラップス! : うしとらの館 (__)
  1. --点 特命教師 瞳 : エロゲー倉庫 (__)
  1. --点 特命教師 瞳 : 魔王の子供達NX (__)
  1. --点 魔法少女アイ : エロゲー倉庫 (__) 投稿レビューに記載
  1. --点 魔法少女アイ参 : Media Clip (__)
  1. --点 魔法少女アイ2 plus : 異次元妄想観測台 ウラニボルク (__)
  1. --点 魔法少女アイ2 : Je・F・Se・M (__)
  1. --点 魔法少女アイ2 : エロゲー倉庫 (__)
  1. --点 魔法少女アイ2 : 刻の大陸 (__)
  1. --点 魔法少女アイplus : せめて今宵は (__)
  1. --点 魔法少女アイplus : トラベルミン (__)

検索

各種情報変更