Felicia

amazon
中央値61
標準偏差11
データ数46
総データ数75
総ユーザー数53
期間2012-09-28 ~ 2014-06-27

発売ゲーム一覧

No. イメージ ゲーム名 発売日 中央値 標準偏差 データ数 プレイ
時間
中央値
2 amazon 鏡の国のお姫様が学園生活と恋を始めました 2014-06-27 60 14 10
1 amazon 優しい魔法の唱え方 2012-09-28 63 11 36

発売ゲームの中央値と標準偏差の変遷

X軸はゲームNo.です。発売ゲーム一覧のNo.に対応しています。
データ数が5以上データを抜き出してグラフを生成します。

得点分布

状況度数グラフ
1000
90~991
80~891
70~799
60~6920
50~599
40~495
30~391
20~290
10~190
0~90

最近のデータ入力状況

コメント

--優しい魔法の唱え方 (Felicia)
あやめ√のみプレイ。 このルートだけなら90点つける → 長文感想(430)
55鏡の国のお姫様が学園生活と恋を始めました (Felicia)
文字が文字用背景と異常な明るさで重なってて目が痛い。目を潰す気か。どうしようもないので透過にしたが最悪。自動送りにしたら音声ある所以外が、どう設定しても表示が一瞬で読めない。実際に直接プレイしてテストしてないだろ…。話としては、その状況なら鏡すぐ壊すだろ、訳分からん。そこで現実感無くなってるから駄目なんだよ。どうせネタがなくなったら後からまた来させるように残してんだろ、と思ったら案の定。それで当然面白くなるわけでもない。しまいにすぐに次々来て当たり前のように皆行き来してるし…何なんだ、フザケんなよ…。延々とギャグなのか何なのか分からない中途半端な駄文が続く…恐ろしい苦行…。サラ以外、ヒロイン要らんだろ。特にクソアリスは要らん。中途半端なヒロインや中途半端な脇役を増やすからどんどん面白くなくなる。オープニングの歌だけは凄く良い、が動画共有サイトでも聞けるからプレイする意味はない…。 → 長文感想(46)
50鏡の国のお姫様が学園生活と恋を始めました (Felicia)
共通は前作並に楽しいが、個別がどれも失敗している。ボイス聞かずに読み進めても8時間以上かかる共通を越えた個別がクソだったという体験をしたくなければ本作をやめて、前作の優しい魔法の唱え方という素晴らしい作品をやろう。 → 長文感想(794)(ネタバレ注意)
44鏡の国のお姫様が学園生活と恋を始めました (Felicia)
(GiveUp) パケを見て裏を見て声優さんも良さそうだったので購入。システム面が超貧弱。クリック時のボイス継続が無い上に、オートを最速にしてもおせぇと思ったら、設定逆だし。あと一番の不満点として話が長い。超長い。自分みたいに金払った以上ボイス聞かなきゃ損って思ってしまう人は回避推奨です。5時間やっても8時間やっても恋どころか学園生活すら始まらないのですが。。。と思っていたのは、実は序の口であると当時の自分に教えてあげたい。一人目の個別の途中で40時間を超え心が折れてギブアップ。これ以上無理。。。以下はプレイメモそのまま → 長文感想(749)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 40h / 面白くなってきた時間 : 40h
65鏡の国のお姫様が学園生活と恋を始めました (Felicia)
良くも悪くも同人ゲーでした。良い所は商業ゲーの話にキャラを合わせたテンプレキャラではなくキャラが生き生きしていた。悪い点はかなりありますが塗りも背景もまず商業レベルではなく特にシステム面のお粗末さがひどい(クイックセーブがない等)。あとはシナリオ自体は悪くないのですがライターがゲーム脚本慣れしてないなと。これが挿絵だけの小説の文章を持ってきてる感じになってます(妙に説明台詞が多いなど)。もうちょっと頑張ればもっと良くなる惜しい作品でした。
60優しい魔法の唱え方 (Felicia)
日常系としても話のスケールが矮小すぎてかなり眠くなる。テーマは結構好きだったんだけど、ライターの技量不足で活かせず。そして誤字、確かに酷いね。声優さんはよく頑張ったなぁ。 → 長文感想(495)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 12h
66優しい魔法の唱え方 (Felicia)
共通~舞白√がテンポ悪くて退屈だったけど、シナリオは盛り上がりが足りないが悪くなかったかな。 → 長文感想(172)(ネタバレ注意)
80優しい魔法の唱え方 (Felicia)
あやめ先輩に出会えただけで自分にとっては良作です。
64優しい魔法の唱え方 (Felicia)
シナリオがつまらない上に無駄にだらだら長い → 長文感想(437)
総プレイ時間 : 12h / 面白くなってきた時間 : 2h
75優しい魔法の唱え方 (Felicia)
得点は甘め。舞白の話はそこそこ丁寧に、依吹、あやめの話はやや少なめ。佳奈香はおまけのおまけ。先生は攻略不可でそもそも要らん子すぎる。低予算臭プンプンでミドルプライスでもどうかというクオリティだが、BGMも良く、素朴で落ち着いた雰囲気を楽しみたい人ならばプレイしてもいいのかな。主人公はクセが強い。シナリオはぶつ切り、魔法や科学というよりは夢に向かって悩み続ける少年少女の物語。ただ予想以上に哲学めいててちぃとばかし難解。テキストも冗長なのがネックだが、下ネタで笑わすことなく、嫌味な感じなくうんちくを織り交ぜてて、文章力も感じられる。しかしグダグダ感半端ない。初回版サントラ付。画像はフルスクリーンで粗くなるうえ、これハイカラー?いろいろと懐かしい感じのゲームだ。対象年齢高めってことですかね。 → 長文感想(4099)(ネタバレ注意)
70優しい魔法の唱え方 (Felicia)
物語的にはイマイチな感じ~ → 長文感想(794)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 30h / 面白くなってきた時間 : 2h
65優しい魔法の唱え方 (Felicia)
(GiveUp) 佐本二厘好きの人がボイス集代わりに買うならまあ・・・ → 長文感想(300)(ネタバレ注意)
65優しい魔法の唱え方 (Felicia)
短さはあるものの、各ルートで言いたいことややりたいことはわかるのでそれなりに『おっ』とくる場面はあります。ただ、メーカーさんが推してきた佐本二厘さんを起用した舞白ちゃんですが、シナリオも優遇とは言えず……。 → 長文感想(1910)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 10h

検索

各種情報変更