ぷちけろ(プチケロQ)

amazon
中央値70
標準偏差12
データ数334
総データ数465
総ユーザー数326
期間2007-08-31 ~ 2014-01-31

発売ゲーム一覧

No. イメージ ゲーム名 発売日 中央値 標準偏差 データ数 プレイ
時間
中央値
2 amazon コトバの消えた日 ~心まで裸にする純愛調教~ 2014-01-31 70 11 106 8
1 amazon テレビの消えた日 2007-08-31 70 13 236 10

発売ゲームの中央値と標準偏差の変遷

X軸はゲームNo.です。発売ゲーム一覧のNo.に対応しています。
データ数が5以上データを抜き出してグラフを生成します。

得点分布

状況度数グラフ
1002
90~996
80~8946
70~79153
60~6975
50~5941
40~4911
30~396
20~291
10~190
0~91

コメント

81コトバの消えた日 ~心まで裸にする純愛調教~ (ぷちけろ(プチケロQ))
あれ?おかしいな、普通に良作だぞ?? → 長文感想(1887)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 12h / 面白くなってきた時間 : 8h
65テレビの消えた日 (ぷちけろ(プチケロQ))
中途半端な作品 → 長文感想(796)
総プレイ時間 : 9h / 面白くなってきた時間 : 8h
65コトバの消えた日 ~心まで裸にする純愛調教~ (ぷちけろ(プチケロQ))
メインのキャラが純愛しかないのは歯ぎしりするほど悔しいが、もう一人のキャラはミルクティーロングティーシコリティー
76テレビの消えた日 (ぷちけろ(プチケロQ))
調教物。思ってた以上の出来。七海ルートのみ推奨。主人公は×。
総プレイ時間 : 6h
56テレビの消えた日 (ぷちけろ(プチケロQ))
選択肢を選ぶ→選択肢の内容でヒロインを調教していく→プレイしていく度に何かに洗脳されていく感じがする→プレイし終えて「気持ち悪い」以外の感情が芽生えてこない → 長文感想(824)
総プレイ時間 : 8h
58テレビの消えた日 (ぷちけろ(プチケロQ))
話の真相はケロらしいけど、やっぱりメインは調教なので、シナリオに期待してはいけない。それにしてもこのゲーム、ヒロインPOV入力したらネタバレになるからダメやん!
71テレビの消えた日 (ぷちけろ(プチケロQ))
共通部分、本当に笑えた。菜穂最高です。
総プレイ時間 : 15h
70テレビの消えた日 (ぷちけろ(プチケロQ))
絵が結構好み。まだまだ読者にダメージを与えうるシナリオだったと思う。手加減など不要なのよさ。
69コトバの消えた日 ~心まで裸にする純愛調教~ (ぷちけろ(プチケロQ))
心まで裸にするというお題目はさておき、なかなか全裸シチュなどがふんだんに盛り込まれており、全裸えっちスキーの私はその点で言えばそこそこ相性が良かったのは事実。だが、それ以上のものは無かったというか、別に調教っぽくはないし、ひたすら露出えっちを楽しむような作品で、一応シナリオの根幹に関わるような取ってつけたような理由付けもあることにはあるが、ふ~んと流してしまえばそこまでの内容。
総プレイ時間 : 8h
67コトバの消えた日 ~心まで裸にする純愛調教~ (ぷちけろ(プチケロQ))
期待通りの変態節でした。ミドルプライスでも面白くまとめてくれるのは、流石のケロ/枕といったところ。
58テレビの消えた日 (ぷちけろ(プチケロQ))
あまり期待してはいなかったが、それでも期待外れだった → 長文感想(55)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 10h
59コトバの消えた日 ~心まで裸にする純愛調教~ (ぷちけろ(プチケロQ))
唐突に経緯不明な状況になるのは一種の面白さかも?ストーリーはさておき、キチガイにはお勧め。
総プレイ時間 : 6h
60コトバの消えた日 ~心まで裸にする純愛調教~ (ぷちけろ(プチケロQ))
公式でネタばらしされている通り本作には能力バトルが存在し、特に葵ルートの後半はほとんどそれが占めているものの、戦闘や能力使用時のテキストの分かりづらさに加え結末も予定調和の範囲内に収まってしまったきらいがあり、前作「テレビの消えた日」の衝撃には劣るかな、というのが自分の感想だった。また「純愛調教」を謳っているが実態は露出メインであり、調教に期待すると肩透かしかも。ついでに陵辱要素も全く有りません、でもHシーンで能力をうまく活用した点は良かったかな。あと梓ルートはあくまでもおまけのような位置づけです。
総プレイ時間 : 3h
80コトバの消えた日 ~心まで裸にする純愛調教~ (ぷちけろ(プチケロQ))
純愛調教と言うことでハードなシーンは無いがエロくてよかった。 → 長文感想(177)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 7h
82コトバの消えた日 ~心まで裸にする純愛調教~ (ぷちけろ(プチケロQ))
読後のせつなさやコンセプトはテレ消えの方が印象に残りましたが、内容は断トツでこちらの方が面白かったと思います。主人公の欲望のままにトチ狂っていくヒロインのダイナミックな変貌ぶりが凄まじく、梓はちょっと忙しく感じましたけれど、葵の徐々に染まっていく様はとても好みでした。純愛だからこそのラブイチャさも相まった、和姦が徹底された中での露出プレイの数々も、見応えありました。

レビューサイト一覧

  1. 80点 テレビの消えた日 : Gamer’s Square (__)
  1. 77点 テレビの消えた日 : IL MONDO (__)
  1. 70点 テレビの消えた日 : ONE-SIDE theORY (__)
  1. 70点 テレビの消えた日 : macabre (__)
  1. 70点 テレビの消えた日 : 紫桜のぺーじ (__)
  1. 50点 テレビの消えた日 : 青い葉っぱと白い月 (__)
  1. 38点 テレビの消えた日 : 小さな小屋 (__)
  1. --点 テレビの消えた日 : Kowalski. (__) 「良」
  1. --点 テレビの消えた日 : kokurinのまじかる部屋 (__)

ログイン






検索

各種情報変更