TAIL WIND

TAIL WIND(解散)
amazon
中央値75
標準偏差16
データ数452
総データ数625
総ユーザー数475
期間2007-09-28 ~ 2009-05-29

発売ゲーム一覧

No. イメージ ゲーム名 発売日 中央値 標準偏差 データ数 プレイ
時間
中央値
4 amazon Trample on “Schatten!!” ~かげふみのうた~ 2009-05-29 78 14 338 20
3 amazon MARIONETTE ZERO 2008-08-29 55 16 23
2 amazon Maria ~天使のキスと悪魔の花嫁~ 2008-01-25 65 16 31
1 amazon 剣乙女ノア 2007-09-28 70 14 73

広告

発売ゲームの中央値と標準偏差の変遷

X軸はゲームNo.です。発売ゲーム一覧のNo.に対応しています。
データ数が5以上データを抜き出してグラフを生成します。

得点分布

状況度数グラフ
1004
90~9940
80~89130
70~79156
60~6966
50~5932
40~4921
30~398
20~297
10~191
0~90

コメント

78Trample on “Schatten!!” ~かげふみのうた~ (TAIL WIND)
これぞ燃えゲー → 長文感想(579)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 15h / 面白くなってきた時間 : 5h
62Maria ~天使のキスと悪魔の花嫁~ (TAIL WIND)
「剣乙女ノア」をやっていないと世界観から置き去りにされます。そういう意味で物語を楽しむために前作プレイを推奨。そして肝心の本編に関しては、エロとシナリオ両面に力を注いだ内容になっているが、それがそのまま高評価に繋がる訳ではありません。どちらかというと中身は微妙どころか、様々な要素を継ぎ込んだために悪化の一途を辿っている感があるのは残念。端的に言うと記憶に残りにくい凡作。ただ前作よりテンポと演出面の改善が図られているのは評価します。
総プレイ時間 : 10h
75剣乙女ノア (TAIL WIND)
Carriereが解散し、そのスタッフが立ち上げたTAIL WINDも姿を消してから数年の月日が経ちましたが、私は今でもこの作品が好きです。PCゲーム業界の新しい追風となる事を目的に設立したブランドで、本作がその記念すべき処女作。シナリオとイチャラブを重視した選択肢無しのノベルゲーであり、可愛い女の子達に慕われるのは、男冥利に尽きるというもの。それが美少女幼馴染兼勇者と巨乳王女兼聖女であるなら尚更です。絵や話に興味があるなら、プレイしてみるのも有りかも知れません。
総プレイ時間 : 35h
81Trample on “Schatten!!” ~かげふみのうた~ (TAIL WIND)
「考えるな、感じろ!」と言った感じのゲーム。シナリオに細かい粗やツッコミどころは確かにあるが、全体を通して熱中できた。特に、第三部の展開には圧巻された。演出のいい戦闘、勢いのある戦闘が好きな方にはオススメしたい作品。
総プレイ時間 : 23h / 面白くなってきた時間 : 1h
72Trample on “Schatten!!” ~かげふみのうた~ (TAIL WIND)
変身バトルものならば、敵側も丁寧に設定して描かないと駄目。全く燃えませんでした。ただ生ぬるいお話をダラダラと見せられる作品でした。 → 長文感想(639)(ネタバレ注意)
59Trample on “Schatten!!” ~かげふみのうた~ (TAIL WIND)
演出やBGMはよかった。だが欠点が多い。まずキャラのノリが鬱陶しいし、自信を打ち砕かれてから立ち直るまでが早すぎる。本当に悩んでたの?という疑問がよぎり感情移入できなかった。次にシナリオ。自然と熱くなれる話ではなく、熱くなることを強要させられているように感じた。登場人物のひとりよがりなノリに「これが熱さだ!!」と言われてもついていけるはずがなく、勢い任せのストーリー展開は正直気色悪い。あと意味もなくキャラ死なせすぎね。まるで消耗品のような扱いはいかがなものか。
総プレイ時間 : 15h
69Trample on “Schatten!!” ~かげふみのうた~ (TAIL WIND)
気持ちのいい効果音にバシッと決まるエコー。演出がたまらんね。主人公の個性が強いのもいい。 → 長文感想(1114)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 11h / 面白くなってきた時間 : 4h
78Trample on “Schatten!!” ~かげふみのうた~ (TAIL WIND)
熱血変身バトル見たい感じだったが熱すぎて途中で燃え尽きた。悪くはなかったんだ…
75Trample on “Schatten!!” ~かげふみのうた~ (TAIL WIND)
この作品を楽しみ、かつ、燃えゲーや特撮への理解が足らない者の感想となりますが、ヒーローものというよりまさしくヒーローショー。セリフを叫ぶことで敵を倒す運び、"悪役"の弱さ、人物心理の手のひら返し、人命や人格の軽さと重さ。システムやHシーンの入れ方まで含めて、何を描くかというよりは、いかに観せるかをとても意識している。またそれは倒叙ミステリめいた読感でもあり、まず感情の発露(バトル)がなされ、背景事情や心理描写は後からついていく。そうやって確信犯的にストーリーをかっ飛ばしておいてから、名優キザイアがその存在感でねじ伏せるようにして物語をホンモノにしてしまうのが往生際よい。こういったくだくだしい感想文を「笑え、凡念っ!!!!」蹴っとばす快気がある。
50Trample on “Schatten!!” ~かげふみのうた~ (TAIL WIND)
主人公の脳筋っぷりには心底げんなりさせられる
60Trample on “Schatten!!” ~かげふみのうた~ (TAIL WIND)
全力で空回りしている厨二設定。シナリオ・設定面では問題はないが、テキスト面では勢いを出そうとするあまり読みにくい文章となってしまっている。ただ、後味は悪くはない。
85Trample on “Schatten!!” ~かげふみのうた~ (TAIL WIND)
燃えゲー。アニメのパロディネタなども豊富なのでそっち系のテキストが好みの人には楽しくプレイ出来るかな?シナリオの整合性というか伏線回収なども丁寧で世界観も作り込まれていると思うので好印象。特筆すべきなのは「しおり」のあるシステムということ。「セーブ」も存在するがセーブの必要がないと感じるほどにしおりの使い勝手が良い。これイイネ!(合わない人にはトコトン合わないと思われるのでそういう人は回避推奨) → 長文感想(478)(ネタバレ注意)
43Maria ~天使のキスと悪魔の花嫁~ (TAIL WIND)
(GiveUp) 色々悪評があって避けていたが、中古品を安く手に入ったので突撃。地雷クラスとまでは言わないが、「時間の無駄だった」と思ってしまうクソゲーなのは間違いない。 → 長文感想(900)(ネタバレ注意)

レビューサイト一覧

  1. 93点 Trample on “Schatten!!” ~かげふみのうた~ : NovelGameWalker (__)
  1. 80点 Trample on “Schatten!!” ~かげふみのうた~ : てきとうなもの (__)
  1. 80点 Trample on “Schatten!!” ~かげふみのうた~ : 悠久の刻 (__)
  1. 75点 剣乙女ノア : ティターンズの作戦会議室 (__)
  1. 75点 Trample on “Schatten!!” ~かげふみのうた~ : 厳選ゲームレビュー (__)
  1. 75点 Trample on “Schatten!!” ~かげふみのうた~ : 酷評級エロゲレビュー (__)
  1. 72点 Trample on “Schatten!!” ~かげふみのうた~ : 莫煩悩 (__)
  1. 70点 剣乙女ノア : 厳選ゲームレビュー (__)
  1. 65点 剣乙女ノア : Weathercock (__)
  1. 65点 Trample on “Schatten!!” ~かげふみのうた~ : 昨日より明日へ (__)
  1. --点 剣乙女ノア : Kのゲーム本箱 (__)
  1. --点 剣乙女ノア : 電脳娘は夢見がち (__)
  1. --点 Trample on “Schatten!!” ~かげふみのうた~ : Media Clip (__)
  1. --点 Trample on “Schatten!!” ~かげふみのうた~ : 夕凪のシンキングタイム (__)

ログイン






検索

各種情報変更