姫宮夕日

dlsite
中央値75
標準偏差11
データ数56
総データ数73
総ユーザー数39
期間2006-12-31 ~ 2013-07-01

発売ゲームの中央値と標準偏差の変遷

X軸はゲームNo.です。発売ゲーム一覧のNo.に対応しています。
データ数が5以上データを抜き出してグラフを生成します。

得点分布

状況度数グラフ
1000
90~994
80~8918
70~7923
60~696
50~594
40~491
30~390
20~290
10~190
0~90

コメント

70ふたりぐらしの事情 ~芽衣の日常編~ (姫宮夕日(同人))
ふたりぐらししたい…したくない?
総プレイ時間 : 2h
55ろりま! ~ちっちゃなママとのえっちな生活~ (姫宮夕日(同人))
ロリ実母ゲーだって!?こいつはありがてえ!と思って買ったはいいのだがそこにあったのは、恵まれた題材からのぞんざいなクオリティのゲームであった。なんかもう全体的に雑。
70ふたりぐらし (姫宮夕日(同人))
「傷付け合うのが人間」という言葉があるが、「傷を舐め合うのも人間」である。そして、僕は後者のような共存関係というものが好きすぎるので、こういった作品で高まりを抑えられなくなるのである
総プレイ時間 : 2h
40ふたりぐらし (姫宮夕日(同人))
評価ほど面白さが感じられなかった。値段の割には良いかもしれないが・・・。
55ふたりぐらしの事情 ~芽衣の日常編~ (姫宮夕日(同人))
前作同様に芽衣が可愛いかったのはいいのだけど、前作での主人公の変態ぶりは鳴りを潜め、新キャラの恋愛模様は本当にどうでも良く、ライターが変わるとここまで酷くなるのかと驚かされた。芽衣と桂一郎がいちゃついてるだけで良かったんじゃないだろうか。
70ふたりぐらし (姫宮夕日(同人))
少々大人びた性格で包容力のある幼女といちゃいちゃし、そして自らのダメな部分も受け止めてもらえるという、まさしく男の夢の様な作品。幼女に母性を求める人々には是非オススメである。どうしてか分からないがプレイしていて涙が出てきた
85ふたりぐらしの事情 ~芽衣の日常編~ (姫宮夕日(同人))
前作でトラウマを克服し、正式に養子となって新たな学校へと通うことになった芽衣とのイチャイチャ二人暮らし。 更にヨメ度が上がった芽衣の魅力は留まる事を知らず、膝枕でなでなでしてくれるその姿はまさに天使。○学生って最高だな。
95ふたりぐらしの事情 ~芽衣の日常編~ (姫宮夕日(同人))
続編を期待していただけにこれは非常に嬉しい! → 長文感想(2411)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 7h
65抱きしめてゴ主人サマッ! (姫宮夕日(同人))
「ふたりぐらし」「ふたりぐらしの事情」がストライクだったのでこちらもプレイ。30分程度の短編ですが、雰囲気やコノハのキャラクターにその片鱗を感じ取れたので個人的にはそれなりに楽しめました。ただ、話は本当にストーリー紹介に書いてあることのみで祖国の父も手紙を送ったきり特に音沙汰無し、コノハもメイドになるだけですからふたりぐらしのような話の展開を期待すると肩透かしを食らうかも。CGは差分含め32枚、回想は5枠、立ち絵やCGがあるキャラクターはコノハのみ。システムについては私の「ふたりぐらしの事情」のレビューを参照してください。(ふたりぐらし本編と同じです)以上になります。
95ふたりぐらしの事情 ~芽衣の日常編~ (姫宮夕日(同人))
ふたりぐらしの本編を補完するFDとして次第点以上。ろりぃなゲームを探している人に本編共々おすすめ出来る作品。 → 長文感想(1505)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 3h
70ふたりぐらし (姫宮夕日(同人))
小○生の姪っ娘と26歳の社会人男子の同棲ラブストーリー。倫理観や社会的常識をすっ飛ばしてエッチしちゃうあたり「ロリゲー」と評するのが妥当であろうが、その反面二人が抱える心の傷を丁寧に描いていたりと、ストーリーを読ませる一面も持っている。そこに何処か歪な印象も抱いたのだが、彼らの「ふたりぐらし」は見ていて心地良く、微笑ましくなる。幼い娘とエッチしたいという男性の欲求を満たし、更には自身が抱える弱さも受け止めてくれる芽衣はまさに理想的で、天使のような存在。あとはランドセ……赤いカバンがモザイク表示で出てきた時は思わず笑ってしまった。同人のロリゲーって殆ど手を出していないけど他の作品もこんな感じなんだろうか。
85ふたりぐらしの事情 ~芽衣の日常編~ (姫宮夕日(同人))
前から注目していた同人期待作。延期が相次いでいたので、制作状況が心配だったがようやく発売された。このヒロインはやっぱイイ! → 長文感想(1010)
総プレイ時間 : 3h
60ろりま! ~ちっちゃなママとのえっちな生活~ (姫宮夕日(同人))
ヒロインの実母が可愛いらしい。続編まだ~?
70けもっこ ~犬・猫・狐~ (姫宮夕日(同人))
これはこれで、それほど酷いゲームではない。だが、ふたりぐらしのような良作にはもう巡り会えないのだろうか? → 長文感想(480)
総プレイ時間 : 1h
75抱きしめてゴ主人サマッ! (姫宮夕日(同人))
OHPとパッケージに書いてある「ストーリー」は形だけのもので、実質は、ロリーな獣人のヒロインとひたすらいちゃいちゃエッチするゲームです。キャラデザも声もかわいらしくて、きちんといちゃいちゃした感じが出ていたので、値段分は十分楽しめました。こういうゲームの場合、エロだけではなくて、日常のアタマをなでたりするいちゃいちゃシーンにもCGが欲しかったりするのですが、値段を考えるとそこまで手が回らないのも仕方ないのかなと思います。
総プレイ時間 : 1h / 面白くなってきた時間 : 1h
72ふたりぐらし (姫宮夕日(同人))
ロリゲーの皮を被ったちょっといい話の皮を被った抜きゲー。……あれ? → 長文感想(480)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 4h / 面白くなってきた時間 : 1h
75ふたりぐらし (姫宮夕日(同人))
単なるロリゲーに非ず。心に傷を持つ者同士の不器用な物語。プレイ後にほんの少しだけ心が温かくなる、そんな優しいお話でした。 → 長文感想(852)(ネタバレ注意)
80ふたりぐらし (姫宮夕日(同人))
……モザイクかけてても明らかにラン○セルだった…… → 長文感想(802)(ネタバレ注意)

ログイン






検索

各種情報変更