GAIA

GAIA(解散)
中央値22
標準偏差22
データ数245
総データ数322
総ユーザー数146
期間2000-07-28 ~ 2006-07-27

発売ゲーム一覧

No. イメージ ゲーム名 発売日 中央値 標準偏差 データ数 プレイ
時間
中央値
35 調教学園 DVDPG 2006-07-27 10 1 1
34 堕落の儀式 DVDPG 2006-06-01 15 1 1
33 性の地下クラブ DVDPG 2006-04-27 20 1 1
32 amazon 夢魔の誘惑 DVDPG 2006-03-30 10 1 1
31 夜の天使 DVDPG 2006-03-02 15 1 1
30 暗蜜病棟 2006-02-02 45 35 2 1
29 侵入者(インベーダー)+三姉妹物語 DVDPG 2005-10-27 20 1 1
28 密室の看護使+隷属の美人OL DVDPG 2005-09-30 20 1 1
27 Hが満載! 美少女CGアニメ集1 2005-08-05 21 1
26 蜜の筐・狐の音 DVDPG 2005-07-30 0
25 夏の委員長+キャリアガールの誘惑 DVDPG 2005-07-02 70 1
24 amazon 童話症候群① 2005-03-19 46 36 2 1
23 dmm ているらんぷ 2004-11-26 10 28 7 1
22 amazon ありす+3 2004-10-01 35 1
21 amazon 悪戯(プレジャー) 2004-09-03 30 15 8 1
20 amazon 奴隷 -オベイ- 2004-07-30 18 32 18 2
19 魅惑 萌えろ!耳っ娘 2004-06-25 36 15 7 1
18 amazon ありす+2 2004-05-21 13 12 8
17 amazon ありす+ 2004-02-27 20 23 21 1
16 amazon 犯放 2003-12-19 45 17 5 1
15 amazon お兄ちゃんやめて2 2003-09-19 10 14 14 1
14 amazon 紅が咲いた 2003-07-04 25 30 4
13 amazon マッチ売りの美少女 2003-03-28 10 16 49 1
12 amazon 鏡花水月 2003-02-14 47 17 4 10
11 amazon Plastic Boys ~水色のキモチ~ 2002-08-23 40 28 2 1
10 お兄ちゃんやめて 2002-04-26 17 14 30 1
9 amazon 天使に抱かれて 小説「天使に抱きしめられて」より 2002-03-01 40 15 3
8 amazon 失恋! リストランテ 2001-12-14 38 12 15 1
7 amazon ラブゼミ ~恋の特別指導室~ 2001-10-12 50 15 7 1
6 匣の中の悦楽2 2001-07-27 40 18 10 1
5 フォークロア ~本当はエッチなメルヘンの世界~ 2001-05-18 60 19 11 2
4 amazon 緋色の病棟 ~陵辱の至る病~ 2001-03-16 30 13 5 1
3 Cosmic Girls 2000-12-22 38 15 6 2
2 amazon 碧のバラード 2000-10-20 20 13 11 2
1 amazon 匣の中の悦楽 2000-07-28 40 15 17 1

発売ゲームの中央値と標準偏差の変遷

X軸はゲームNo.です。発売ゲーム一覧のNo.に対応しています。
データ数が5以上データを抜き出してグラフを生成します。

得点分布

状況度数グラフ
1002
90~990
80~891
70~7911
60~6918
50~5924
40~4929
30~3944
20~2943
10~1956
0~948

最近のデータ入力状況

コメント

20緋色の病棟 ~陵辱の至る病~ (GAIA)
癌と勘違いした主人公が自暴自棄になって乱暴する超空間作品。エンディングはセフレ化、人格崩壊など多少バリエーションがあるものの似通った内容が多いし、それまでの過程も各ヒロイン同じと特筆すべき点もなく、特段ネタにもならないだろう。「匣の中の悦楽2」のほうがまだマシ。
総プレイ時間 : 1h
5マッチ売りの美少女 (GAIA)
超空間ゲーの中ではマトモな部類に入るだろう。だがネタにできる要素が少ない分、逆につまらないともいえる。
40失恋! リストランテ (GAIA)
5股中の主人公が本命彼女を決めるため「カップルで行くと必ず別れる」という噂のリストランテに行くお話。逆「注文の多い料理店」と言うべきだろうか、彼女がレストランのシェフに調理される(=Hにいじられる)という内容で、同メーカーの「お兄ちゃん受信中」をどことなく連想させる作りになっている。絵はかわいいが、ヒロインが違っても似たような展開が続くこともあり面白味はあまり感じられなかった。
20奴隷 -オベイ- (GAIA)
(GiveUp) 頻りに ゲーム強制終了を含め 作画も不安定、 名前も相違、 出来も初心者のツクルゲー並み 全く 素敵な ゲームである。
0マッチ売りの美少女 (GAIA)
これで、当時は5800円だったのか、、、。買ってたらふつーにキレるな。 → 長文感想(176)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 1h / 面白くなってきた時間 : 1h
45マッチ売りの美少女 (GAIA)
プレイ時間20分、「マッチ売りの少女」モチーフのストーリー。BGMとCGのクオリティが予想以上に高いのと全て一枚絵だけで構成されていたのは、この時代のゲームではなかなか無いもので驚いた。ただ、いかんせん短すぎる為ストーリーについてはネタにしづらいのが現実。そして何故精液が青いんですかね...
70フォークロア ~本当はエッチなメルヘンの世界~ (GAIA)
超空間が贈るエロゲ版世界名作劇場。一国の幼い王子が「夢の国」を求め世界を旅するというもので、全十章構成。それぞれの章で主人公たちが経験を積んだり、またパーティーが増えたりする。物語としては王道路線で、最初に出会った稀少種の少女「アル」と結ばれたのち自分の国へ帰ることになる。強者揃いの超空間では良作にカテゴライズされる作品だと思うし、個人的にはブランド抜きにしても割とお気に入り。 → 長文感想(556)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 2h
40悪戯(プレジャー) (GAIA)
超空間末期の素材使い回し作品の1つ。インクジェット紙のパッケージ、パッケージ(幅広のDVDトールケース)の中に何故か入っているCDケース、起動するたびに現れる別ブランド「HYPERSPACE」の文字、唐突に流れる本作と全く関係のないキャラクターのHシーンをつなぎ合わせたオープニングムービー、2004年の作品とは思えない劣悪なUI(POV参照)とクソゲーとしての掴みは上々だが、あろうことかヒロインの一人である「萌衣」が可愛かったのだ。萌衣ルートの主人公は「胸チラ写真を勝手に雑誌に上げて謹慎送りにする」など不手際も目立つが、友達から援交を唆されるシーンをすっぱ抜いているのでチャラかな。Hシーンのテキストはそこそこだったし、エンディングの「高校を卒業してもなお屋上に忍び込んでコスプレHする」という帰結も面白かったので、シナリオ面では案外楽しめた一作だった。
--ありす+ (GAIA)
超空間が贈るOVA作品。三部作のうちの最初のタイトルで、正味13分ほどの尺でヒロインと男主人公の出会いを描く。アニメーションとしてはジャギーが目立つことと、止め絵を多用して差分をアニメーションさせる手法を多用している点が痛い。動きをカモフラージュするためか小道具や人間の一部にスポットを当てて拡大するシーンが目立った。とはいえ悪くないカットもあるし、ストーリーも超空間にしてはまともな部類。終ノ空のOVA版よりは数倍マシ。なおPCソフト版はアニメ本編のDVDのほかにCD-ROMが1枚同梱されており、画像データなどが収められている。
40匣の中の悦楽2 (GAIA)
タクシードライバーを営む主人公とその友人が共謀して客をハイエースする陵辱ゲー。いわゆる超空間の作品だが、金太郎飴のごときヒロイン6人とも全く一緒のシナリオと、かつてのアダルトアニメ調のグラフィックに慣れさえすれば作品そのものは悪くない。問題はUIで、サウンドを最小(=OFF)にしない限り音声キャンセルできない仕様などがプレイの妨げになってしまっている。シーン回想モードもないが、同社のDVD-PG版を買えということだろうか。
総プレイ時間 : 1h
70匣の中の悦楽2 (GAIA)
途中から従順になってしまうのがちょっと残念
60Plastic Boys ~水色のキモチ~ (GAIA)
超空間の作品初プレイ。噂どおりのゲームでした。全てがひどい。 → 長文感想(21)(ネタバレ注意)
20ありす+ (GAIA)
流石は伝説の超空間。期待に違わぬクソである。 → 長文感想(208)(ネタバレ注意)
22お兄ちゃんやめて (GAIA)
乾いた笑いと共に両手を合わせて南無~ → 長文感想(184)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 2h / 面白くなってきた時間 : 1h
10お兄ちゃんやめて2 (GAIA)
「やきにくくりぷうぴ」の登場。それは、超空間界隈だけでなく、エロゲー界全体にも深刻な爪痕が残される結果となった。その約半年後、復興を誓うエロゲー業界は「月は東に日は西に」「SNOW」「CROSS†CHANNEL」といった大豊作を生み出す2003年9月26日を契機に、完全復活を遂げる……予定であった。しかしその1週間前、ぺんぺん草も生やさない無慈悲な追い打ち攻撃が、ある超空間ゲーによって、エロゲー業界に仕掛けられようとしていた。後世の語り手たちは、「やきにくくりぷうぴの後、超空間は奴隷-オベイ-まで大人しかった」という。発売から10年以上経った今、本当にそうだったのかと首をかしげざるを得ない、かの迷作たちに負けず劣らずの本作を、改めて徹底的に解剖する。 → 長文感想(2461)(ネタバレ注意)
30マッチ売りの美少女 (GAIA)
プレイ時間15分。率直に言えば、期待してたほど酷くは無かったもののその反面ネタに出来る要素が少なく凡百の地雷の中の一つとのように感じた。作品の詳しい情報は他を当たってもらうとして、ストーリーは新たな設定が湯水のように出てくる点や整合性を考えるとすぐに綻び始める点を横によければとりあえず完成はしているし、グラフィック面ではメインヒロインの女の子の絵に限って言えば可愛い、タイトル画面なしで本編中からCG鑑賞画面に入る作品はGlaceの「Timepiece Ensemble」が存在している。明らかにおかしい要素として挙げられるのは値段と釣り合っていない短さ以外には作中に挿入されるロボットの過去の戦争の記憶のイラストが誇張抜きで子供の落書きレベルであることと精液が何故か青い点くらいであろうか。しかし決して面白い作品では無いと思うので購入はお金を半ば溝に捨てる覚悟でどうぞ。
5お兄ちゃんやめて2 (GAIA)
薄い本(24p程度)と同程度の長さで日本語がおぼつかないシナリオと大崩壊しているCG。これはひどい。5点の加点は更なる低品質ゲーに備えてである。
18マッチ売りの美少女 (GAIA)
評判ほどひどいゲームでもないような気がします。ただ、短い

レビューサイト一覧

  1. 47点 匣の中の悦楽 : IL MONDO (__)
  1. 40点 匣の中の悦楽 : ゲームあれこれα (__)
  1. 20点 匣の中の悦楽 : X-GAME STATION (__)
  1. 10点 奴隷 -オベイ- : お尻さまネット (__)
  1. 10点 魅惑 萌えろ!耳っ娘 : (__)
  1. 10点 ているらんぷ : (__)
  1. 10点 悪戯(プレジャー) : お尻さまネット (__)
  1. 0点 お兄ちゃんやめて2 : (__)
  1. 0点 紅が咲いた : 首刈人の隠れ里 (__)
  1. --点 ありす+2 : (__)
  1. --点 お兄ちゃんやめて : エロゲー倉庫 (__)
  1. --点 奴隷 -オベイ- : だーくぱれす (__)
  1. --点 ているらんぷ : だーくぱれす (__)
  1. --点 匣の中の悦楽 : 夕凪のシンキングタイム (__)
  1. --点 匣の中の悦楽2 : 夕凪のシンキングタイム (__)

検索

各種情報変更