Christmas Tina ‐泡沫冬景‐

Christmas Tina ‐泡沫冬景‐(非18禁) (Nekoday) (2030-01-01)
公式ジャンル泡沫青春群像AVG
ブランドNekoday
発売日2030-01-01
18禁等非18禁/非抜きゲー/未定義
対応OS
属性
  • 基本情報を変更する画面
  • 属性の追加/削除
  • 対応OSはひろいんがOHPを確認した結果です

キャラクターの情報

※Nekoday様
 こちらにキャラクターの紹介を掲載させて頂きたく思います。
 紹介にあたりまして、キャラクターの画像/紹介文の使用をご許可頂きたく思いますので、もしよろしければegamescape @ gmail.comまでご連絡ください。

発売前POVの情報

 → POV入力

関連ゲーム情報

 → 他のゲームを括りつけ

得点/購入予定の統計

ユーザーの入力情報

発売前得点購入予定
中央値平均値データ数標準偏差必ず購入多分購入様子見
0111
得点入力

得点分布(購入予定者のみ)

得点度数グラフ
100  
90~99  
80~89  
70~79  
60~69  
50~59  
40~49  
30~39  
20~29  
10~19  
0~9  

得点分布(様子見含む)

得点度数グラフ
100  
90~99  
80~89  
70~79  
60~69  
50~59  
40~49  
30~39  
20~29  
10~19  
0~9  

販売店

各種コメント

体験版をやってコメント

コメントはありません。

コメント入力

発売前コメント

0_必ず購入
--Christmas Tina ‐泡沫冬景‐(非18禁) (Nekoday) (2030-01-01)
中国向け体験版が出たので、それに関して記そうと思う。なので、シナリオに関しては全編中国語だったが、公式サイトを見てればなんとなく理解できた。さて、まずなによりも驚いたのは演出。実写的なCGを使用しつつ立ち絵という概念が無いこの様式は、片岡氏の『narcissu』の発展型でもあり、また、minoriの『eden*』に近いものを感じた。しかし、明確なテキストボックスの存在しない画面構成の中で、高品質のCGが次々と変化していく演出は、もはや既存のノベルゲームの枠を超えているといっても過言ではない。音楽に関しても素晴らしい以外の感想はなく、特に日本語と中国語によってに歌われるOPはこれまでプレイしてきたゲームの中でも五本の指に入るレベルのクオリティであった。兎にも角にも、この感想のために掲示板にわざわざ登録するほどの興奮を私は覚えたということなのだが、一つだけ確かなことは、このゲームをやらずしてノベルゲーマーを名乗ることは出来ないということだ。シナリオ的「リアル」を描くことに関して右に出る者はいない片岡氏と、それを支持する中国の一流クリエイター達によるこのゲームは、確実にノベルゲーム史に名を残すことになるだろう。
コメント入力

購入予定/様子見ユーザー

0_必ず購入ユーザー

--avg 0score 1total

Bisco1964

多分購入ユーザー

--avg 0score 1total

snotphilia

様子見ユーザー

--avg 0score 1total

bigface6351

twitter

ブランド公式twitter

ログイン






検索

パッケージ画像等